フランス語で「さようなら」の意味を持つ挨拶の言葉まとめ!正しい使い方も!

フランス語で「さようなら」の意味を持つ挨拶の言葉まとめ!正しい使い方も!

もし、あなたが海外旅行でフランスに行きたいと思った時に、フランス語の挨拶ができると、もっと旅行が楽しめるでしょう。今回は、そんなフランス語の「さようなら」の意味を持つ挨拶の言葉を紹介していきます。また、正しい「さようなら」の使い方も一緒に紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.フランス語でさようならを伝えたい!
  2. 2.フランス語の「さようなら」の使い方
  3. 3.フランス語の「さようなら」の挨拶
  4. 4.フランス語の「さようなら」に近い挨拶
  5. 5.フランス語で「さようなら」の挨拶をしよう!

フランス語でさようならを伝えたい!

Photo byCalua

皆さんは日本語以外にも喋れる言語はありますか?もし、日本語しか喋れない方や他の言語に興味があるという方は、フランス語の挨拶を覚えてみてもいいかもしれないです。

今回は、フランス語の中でも「さようなら」という意味を持つ挨拶の言葉やフランス語の正しい使い方について紹介していきます。挨拶は、人とのコミュニケーションをとる上で欠かせない方法なので、ぜひ覚えていきましょう。

「さようなら」は大事なコミュニケーション

Photo bypixel2013

人とのコミュニケーションをとる上で、挨拶というのは欠かせない言葉です。その中で「さようなら」も大事なコミュニケーションの一つと言えます。そして、それはフランス語も同じです。

例えば、フランスを旅行中に素敵な出会いがあったとします。せっかくいい出会いがあったとしても、フランス語で別れの挨拶ができていなければ、相手の印象は悪くなってしまいます。

このように「さようなら」という言葉一つとってもそれを忘れてはいけないのです。それぐらい「さようなら」という挨拶は大事なコミュニケーションなのです。

フランス語の挨拶の基本を学ぼう!旅行で使えるフレーズの表現や発音も!のイメージ
フランス語の挨拶の基本を学ぼう!旅行で使えるフレーズの表現や発音も!
フランス旅行に行った際に、かっこよくフランス語で挨拶したいと思っていませんか?文法や単語は何となく知っているけれど、なかなかフランス語が話せない人は、しっかりとフレーズを覚えておくことをおすすめします。そこでこの記事では、フランス語の挨拶の基本をご紹介します。

フランス語の「さようなら」の使い方

Photo byFree-Photos

まずは、フランス語の「さようなら」の使い方をみていきましょう。日本語では「さようなら」は、別れの挨拶の時に使われるのが一般的です。

そのため、次の日でも会うような時には「また明日」という別の言葉を使うようにしています。しかし、フランス語では、別れの挨拶でも使う「さようなら」もあれば、それとは別に「また明日」という意味の「さようなら」もあります。

このようにフランス語では、使う言葉によって「さようなら」の意味合いが変わってきます。ここでは、どのような「さようなら」の意味を持つフランス語があるのかを説明していきます。

別れの挨拶を使う

Photo bySCY

日本でもそうですが、フランス語でも別れの挨拶の時に「さようなら」を使います。しかし、少し日本とは違うのは、フランス語の場合は、お店やレストランを出るような時にでも「さようなら」のような挨拶をします。

このように、フランス語ではシチュエーションによって「さようなら」を使い分ける習慣があるようです。そのため、フランス語で「さようなら」を使う場合には、一つだけではなくて複数の「さようなら」を覚えておきましょう。

また明日という意味の言葉を使う

Photo byStockSnap

日本語でも友達との帰り道に別れる際に「また明日」という言葉を使います。これは、また明日も会うような人に使われる挨拶になります。そして、フランス語にも、日本語と同じように「また明日」と同じような意味を持つ挨拶があります。

そのため、これは別れの挨拶の時と同じように、たくさんのシチュエーションによって使い分けられています。「さようなら」と同様に「また明日」という意味を持つ使い方もいくつか覚える必要があるでしょう。

フランス語の「さようなら」の挨拶

Photo by planeta

ここからは、実際にフランス語の挨拶をいくつか紹介していきます。フランス語では、先ほども説明をさせていただきましたが、シチュエーションによって様々な「さようなら」の意味を持つ挨拶の使い方があります。

ここで紹介させていただくのは、そこまで難しくなくてすぐに覚えられるようなフランス語の挨拶です。全てを覚えようとすると大変ですので、まずはこの中から一つだけでも覚えられるようにしましょう。

Au revoir!

Photo byPexels

まず、最初に紹介させていただくフランス語の「さようなら」の挨拶は「Au revoir(オウーヴォアール)」という言葉です。これは、フランス語の「さようなら」の挨拶の中では、一番オーソドックスな表現になります。

そのため、もし、フランスに海外旅行に行った際には、様々な場所でこの「Au revoir」という言葉が聞こえてくるはずです。それぐらい、フランス語の中ではよく使われている挨拶になります。

また、この言葉はそこまで丁寧な表現ではありませんが、気軽に挨拶をするような言葉でもないため、最初にフランス語の「さようなら」を覚えるには、ちょうどいい言葉だと言えます。

À bientôt!

Photo by Bernard Spragg

次に紹介させていただくフランス語の「さようなら」の挨拶は「À bientôt(ア、ビアント)」という言葉です。これは、別れの挨拶というシチュエーションで使うよりは「また明日」という意味に近い表現になります。

この「À bientôt」という言葉は、すぐに会うことはないですが、また近いうちに会いたいと思っている人に対して使える、フランス語の挨拶になります。

また、さらに親しみを込めた挨拶として「À tres bientôt(ア、トレ、ビアント)」という言い方もあります。これは、絶対にまた会いたいと思ってる人に使える挨拶なので、こちらも参考にしてみましょう。

À tout à l'heure!

Photo bylecreusois

3つ目に紹介させていただくフランス語の「さようなら」の挨拶は「À tout à l'heure(ア、トゥタラー)」という言葉です。

この言葉の使い方は、必ずまた会うことがわかっている人だけに使える挨拶になります。例えば、学校で少しの間会うことがない友達に対して使われる場合や、帰宅後にもう一度友人と会うような時に挨拶として使われています。

Salut!

Photo byBhaktiCreative

次へ

関連するまとめ

人気の記事