マナー違反にならないための葬式・葬儀の時の男性・女性の髪型まとめ!

マナー違反にならないための葬式・葬儀の時の男性・女性の髪型まとめ!

葬式や葬儀などのお悔みの時は、特にマナーに気を遣ってしまうものです。持ち物や服装はもちろんのこと、実は髪型にもマナー違反となってしまうものがあるのです。お葬式やご葬儀でマナー違反となる髪型とはどのようなものなのでしょうか?

記事の目次

  1. 1.葬式・葬儀の髪型はどうしたらいいの?
  2. 2.葬式・葬儀での男性の髪型マナー
  3. 3.葬式・葬儀での女性の髪型マナー
  4. 4.葬式・葬儀での子供の髪型マナー
  5. 5.葬式・葬儀で染めている髪はどうしたらいい?
  6. 6.髪型に注意して葬式・葬儀に参列しよう

葬式・葬儀の髪型はどうしたらいいの?

Photo byTanteTati

あらかじめ開催される日が決まっている結婚式と違って、お葬式・ご葬儀というのは突然決まるものです。ほとんどの場合、準備をしていないことが多いためとても焦ります。ブラックフォーマルや靴、バッグ、小物などの用意やお香典の準備など、やるべき事がたくさんあります。

そんな中、髪型のことまで気が回らない方も多いのではないでしょうか?派手なヘアアクセサリーをつけないのは当たりまえですが、その他にもお葬式やご葬儀に参列する際の髪型にはいくつかのマナーがあるのです。

今回はお葬式やご葬儀に参列する際にマナー違反にならない髪型を男女別にご紹介していきます。併せて普段明るい色に髪を染めている方が、お葬式やご葬儀に参列する際の対処法もご紹介していきましょう。基本は焦らず、正確にです。

葬式・葬儀での男性の髪型マナー

Photo by kennejima

まずはじめに、お葬式・ご葬儀に参列する際の男性の髪型マナーをご紹介していきましょう。男性の場合、髪が短い方がほとんどなので、髪型のことを気にしてお葬式・ご葬儀に参列する方は少ないのではないでしょうか。ですが、短い髪の男性にもそれなりの髪型などのマナーがあります。

ロングヘアの場合

Photo bycarolynabooth

はじめにご紹介するのは、男性では少数派と思われるロングヘアの場合の髪型マナーです。美容師さんやクリエイティブなお仕事をされている男性には、ロングへアの髪型の方もいらっしゃることでしょう。ロングヘアの髪型の方がお葬式・ご葬儀に参列する時に注意したいことがあります。

それは「髪が顔にかからないようにする」ということです。お葬式・ご葬儀の時は何度もお辞儀をします。お辞儀で頭を下げた時に髪の毛が顔にかかってしまうのは、お葬式・ご葬儀の際にはマナー違反となってしまいます。ですので前髪も長くしている場合には後ろにまとめましょう。

もちろん、後ろの髪の毛も一つに束ねる髪型が正しいマナーとなります。束ねる際には無香料の整髪料を使うようにしましょう。例え爽やかな香りでもお葬式・ご葬儀の時に、香りが付いている整髪料を使うのはマナー違反です。また髪を束ねる時に使用するヘアゴムは黒がベストです。

パーマヘアの場合

Photo by duck75

次にご紹介するのはパーマヘアの男性のお葬式・ご葬儀の時の髪型マナーです。髪が流れる程度の緩やかなパーマの髪型の場合には何も問題はありません。無香料の整髪料を使って、やりすぎにならないようにスタイリングしてお葬式・ご葬儀に参列しましょう。

問題はきつめのパーマをかけている髪型の男性の場合です。パーマヘアはどうしても華やかな印象となってしまいます。ですので、なるべくストレートな髪型に近づけるようにワックスなどを使ってスタイリングをしたり、無理な場合には髪を一つにまとめて、お葬式・ご葬儀に参列しましょう。

清潔感のある髪型

Photo bycarolynabooth

これはお葬式・ご葬儀に限った事ではありませんが大切なのは「清潔感のある髪型」です。故人様を送り出すという大事なセレモニーであるお葬式・ご葬儀に参列する際に、不潔な感じの髪型ではマナー違反である、という以前の問題です。故人様に対しても大変失礼なことになります。

清潔感のある髪型にするポイントは、きちんと洗髪すること以外に丁寧なブラッシング、顔に髪がかからないようにする、ロングヘアの場合にはきちんと整髪料を使用して、後ろで一つに束ねる、などとなります。慌ただしいとは思いますが、マナー違反とならないよう髪型にも気を配りましょう。

髪の毛が顔にかからないようにする

Photo byPexels

これはとても大切な事なので何度も申し上げてしまっていますが、お葬式・ご葬儀する際、顔に髪がかかっている髪型は絶対にしてはいけないマナー違反です。派手なアクセサリーを付けているのと同じくらいのマナー違反と考えても問題はないでしょう。

お葬式・ご葬儀に参列する際には、普通に顔を上げている時はもちろん、読経やご焼香などの際に深く頭を下げたり、お辞儀した時にも髪が顔にかからないように、しっかりと髪をまとめておかなければいけません。くれぐれも注意しましょう。

ワックスやジェルはつけ過ぎに注意

フリー写真素材ぱくたそ

お葬式・ご葬儀に参列する際の髪型として、ボサボサした髪はいただけませんが、だからといってスタイリングのし過ぎは避けましょう。特にワックスやジェルなど整髪料のつけ過ぎは、髪にテカテカとした光沢を与えてしまうことになります。

お葬式・ご葬儀に参列する際の髪型は、きちんとまとまっていればOKなので、ジェルやワックスなどの整髪料はつけ過ぎないようにしましょう。必要以上に整髪料をつけてしまうと「おしゃれ」と見なされてしまい、お葬式・ご葬儀に参列する際の髪型としてはマナー違反となります。

葬式・葬儀での女性の髪型マナー

Photo byPezibear

次は女性のお葬式・ご葬儀での髪型マナーをご紹介していきましょう。女性の場合は男性よりもロングヘアの髪型の方も多いですし、パーマをかけたり髪を染めたりしている方が多いです。ですので、お葬式・ご葬儀に参列する際の髪型に気を付けなければならない場合が、男性よりもたくさんあります。

ロングヘア・ミディアムヘアの場合

フリー写真素材ぱくたそ

まずは女性で一番多い髪型である「ロングヘア」または「ミディアムヘア」の場合の髪型マナーをご紹介いたします。ロングヘアの髪型の場合は男性と同じように黒いヘアゴムを使用して、後ろで一つに束ねます。この時に注意したいポイントが2つあります。

「ブラシを使って、きちんと束ねること」と「うなじあたりの低い位置で束ねる」ということです。高い位置で髪を束ねてしまうと「お祝い事」のような髪型となってしまいますので、マナー違反となります。また髪を2つに分けて束ねた髪型は、幼い感じの髪型になってしまうので避けましょう。

更に何度もお辞儀をする必要のあるお葬式・ご葬儀ですので、頭を下げる度に束ねた髪が顔にかからないように、注意する必要があります。束ねた髪が長い場合にはお団子にまとめるなどして、頭を下げても顔にかからない髪型になるようにしましょう。

Photo bynicolagiordano

特にパーマをかけたロングヘアの場合には、一つに束ねるだけでは不十分です。束ねた髪がそれほど長くなくてもパーマをかけている場合には、お団子にしたり、シ二ヨンを使用するなどして華やかな印象を極力抑えるように心がけましょう。

次に「ミディアムヘア」の女性の髪型マナーについてご紹介いたします。ミディアムヘアの場合には、髪を一つに束ねる必要はありません。ですがやはりお辞儀した時などに髪が顔にかからないように、サイドの髪を耳にかけてピンで留めてしまいましょう。

ミディアムヘアでパーマをかけている場合、無理矢理に一つに束ねてしまうと毛先が広がってしまいますので、可能であればお団子にしてしまいましょう。お団子にするだけの長さが無い場合にはシ二ヨンを使用して、パーマをかけた髪が広がらないようにしましょう。

ショートヘア・ボブヘアの場合

次へ

関連するまとめ

人気の記事