ボブ×ハイライトのおしゃれアレンジ集!入れ方も豊富で可愛さがUP!

ボブ×ハイライトのおしゃれアレンジ集!入れ方も豊富で可愛さがUP!

定番ボブをおしゃれにするハイライトは、髪に立体感やツヤ感を出して、センスアップが出来ます。ハイライトの種類は多く、大人かっこいい入れ方から、キュートで可愛いハイライトまで、自分に合ったスタイルが選べます。ボブ×ハイライトのおしゃれなアレンジをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ハイライトの魅力&おしゃれなボブ×ハイライトを紹介!
  2. 2.ハイライトとは?
  3. 3.ハイライトの入れ方
  4. 4.ベースカラー別のハイライトの印象
  5. 5.ボブ×ハイライトのおしゃれスタイル集
  6. 6.ハイライトを入れたボブのヘアアレンジ
  7. 7.定番ボブにハイライトを入れて大人の可愛さをUPしよう!

ハイライトの魅力&おしゃれなボブ×ハイライトを紹介!

Photo bydarksouls1

ボブのスタイリングでハイライトを入れると、驚く効果が得られます。黒髪ボブからヘアカラーをしているボブに、マッチするハイライトをご紹介します。ハイライトカラーは、ペッタリしたボブのイメージを、立体的にしておしゃれな抜け感を出します。

ハイライトの魅力を最大限出せる様に、ハイライトの入れ方や、ボブのレングスに合ったスタイリングを、紹介していきます。同じボブでもレングスの長さや前髪の作り方で、違うスタイリングになります。自分に合ったアレンジを見つけて、ハイライトが入ったボブを楽しんでみましょう。

ハイライトとは?

Photo bylangll

ハイライトとは、髪のベースの色に、ブリーチ剤やヘアカラーで、部分的に明るい色を作って、髪全体に立体感を出す事です。暗めのヘアカラーや黒髪にハイライトを入れると、奥行きと抜け感が出て、軽やかな印象になります。

基本的にハイライトカラーは、線状に細かくブリーチして、明るいヘアカラーをのせていきます。しかしその部分の色落ちが進むので、ブリーチなしでハイライトを入れることも出来ます。ブリーチをしたハイライトは、透明感や立体感が出やすいので、ハッキリしたハイライトになります。

ローライトとの違い

Photo byBergadder

ハイライトとローライトの違いは、ハイライトは明るい色を入れますが、ローライトは逆で、ベースの色より暗めの色を入れて、立体感とトーンダウンを作る方法です。髪を明るくさせすぎず、立体的に見せたい人におすすめのやり方です。

ハイライトとローライトのそれぞれの見せ方をMIXして、両方を入れた3Dヘアは、さらに立体感を出したヘアスタイルになります。フェイスラインの周りにこの効果を使い、小顔に見せるカラーリングが人気になっています。

ハイライトとローライトの違いとは?おしゃれな入れ方や人気の色を紹介!のイメージ
ハイライトとローライトの違いとは?おしゃれな入れ方や人気の色を紹介!
ハイライトとローライトというヘアカラーを知っていますか?今のヘアカラーにちょっと飽きてきた、変化を加えたいけど派手な色にするのはちょっと気が引ける。という方にぜひ試してもらいたいのがハイライトとローライトです。入れ方や、種類などご紹介します。

ハイライトの入れ方

Photo byterribileclaudio

ハイライトは入れ方の違いで印象が変わります。ハイライトは細めに入れるか太めに入れるかでイメージが変わり、毛先にかけてハイライトを入れる本数を増やすと、グラデーションハイライトの様になって、仕上がりが綺麗になります。

ハイライトの明度の差は、ブリーチをしてからヘアカラーをするか、ブリーチなしでハイライトを入れるかでも違います。ここからは、ハイライトの入れ方の種類をご紹介します。どんなタイプのハイライトで、どういった効果が出るのかを見ていきましょう。

ハイライトグラデーション

ボブのハイライトグラデーションは、髪の根元から毛先に向かって、明るさや色味が少しづつ変化していくカラーリングです。ハイライトとグラデーションを同時に組み合わせる事で、より立体感が生まれ、外国人風ヘアカラーが作れます。

グラデーションカラーは、デザイン性が高く、おしゃれなスタイリングになります。明るい部分はブリーチしてからヘアカラーを入れますが、暗いトーンのグラデーションは、ブリーチなしで作れるカラーもあります。ショートボブにも毛先の変化で、立体的なおしゃれが楽しめます。

シークレットハイライト

シークレットハイライトとは、極細に取った毛束にハイライトを入れ、髪が奇抜にならずに、立体感のあるヘアカラーを入れることです。ボブのシークレットハイライトは、ナチュラルな上品さが、好感度アップになります。

あまり目立つハイライトを入れるのが、NGなオフィスや学校でも、シークレットハイライトなら、さりげなくおしゃれを楽しめる、おすすめのヘアカラーです。ハイライト初心者の方も、安心してシークレットハイライトを入れてみましょう。

インナーハイライト

インナーハイライトは、髪の表面にハイライトを入れるのではなく、内側にヘアカラーを入れることです。インナーハイライトは、色を入れて楽しむことが出き、ボブのアレンジに最適です。特にショートボブの短い髪は、変化を出すレパートリーが少ないので、インナーハイライトは良く映えます。

インナーハイライトを入れる場所の多くは、耳上や耳横、襟足部分になります。耳に髪をかけるとチラッと見えるカラーは、可愛らしいと人気があり、イメージもおしゃれで、洗練されたスタイルになります。イメージチェンジをしたい方に、おすすめのインナーハイライトです。

バレイヤージュ

バレイヤージュとは、フランス語でホウキで掃いた・掃くと言う意味で、髪の表面に掃き跡をつけるように、ナチュラルなハイライトを、ハケで入れるやり方です。バレイヤージュのデザインは、暗い部分にも明るさの陰影がある、グラデーションカラーです。

バレイヤージュのおすすめポイントは、持ちが良く、毛先のトーンが最も明るく、根元の方にいくにつれてだんだん暗くなるので、頻繁にリタッチしなくても、綺麗なスタイルが持続します。上下に明るさと暗さを入れるので、今までのグラデーションカラーより、立体感あるおしゃれな仕上がりです。

ハイライトカラーの上手な入れ方は?人気色や初心者でも簡単にできる方法まとめ!のイメージ
ハイライトカラーの上手な入れ方は?人気色や初心者でも簡単にできる方法まとめ!
ハイライトカラーは髪へのダメージが少なく、髪に立体感を持たせたい時にうってつけのカラーの入れ方です。この記事では、ハイライトカラーの入れ方のポイントや、人気のカラー、初心者にもおすすめのハイライトカラーの入れ方をご紹介します。
ショート・ボブに似合うインナーカラーまとめ!ブリーチなしで楽しめるカラーも!のイメージ
ショート・ボブに似合うインナーカラーまとめ!ブリーチなしで楽しめるカラーも!
インナーカラーは、さりげなく見えるのが可愛い髪の内側に入れるカラーです。マンネリしがちなショートボブの印象もガラッと変わるインナーカラーをこの記事では紹介していきます。ブリーチなしで楽しめるショートボブにぴったりのカラーを是非参考にしてください。

ベースカラー別のハイライトの印象

Photo by pedrosimoes7

ハイライトを入れる時には、ベースのカラーが何色なのかで、入れるハイライトカラーが異なります。ベースのカラーが明るい場合、さらに明るいハイライトは、ブリーチしてから入れることになります。

色のトーンは同系色のハイライトを入れるのか、全く別のカラーリングをするのか、バリエーションは数多くあります。ブリーチをしてからハイライトカラーを入れる場合は、元の髪色を考慮しなければなりません。

元が黒髪の場合は、黒髪がブリーチされて、そこからハイライトカラーを入れることになります。希望のハイライトカラーの入れ方は、美容師とよく相談してから色選びをしましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事