バイトの内定の断り方は?採用辞退をする時の電話の仕方やマナーを詳しく紹介!

バイトの内定の断り方は?採用辞退をする時の電話の仕方やマナーを詳しく紹介!

初めてアルバイトの面接を受けるにあたっておさえておきたいのが内定の断り方です。辞退する理由やバイト先によって内定の断り方が変わってきますので、パターン別に覚えておく必要があります。対面や電話、メールなど、内定の断り方のマナーを状況別に見ていきましょう。

記事の目次

  1. 1.バイトの内定の断り方・電話やメールのマナーを紹介!
  2. 2.バイトの内定の断り方【電話】
  3. 3.バイトの内定の断り方【メール】
  4. 4.バイトの内定の断り方【辞退の理由】
  5. 5.バイトの面接の断り方
  6. 6.失礼のない丁寧な断り方でバイトの内定を辞退しよう!

バイトの内定の断り方・電話やメールのマナーを紹介!

フリー写真素材ぱくたそ

体調が急に悪くなった。家の事情が変わった。他のバイトが決まった。バイトの内定が決まった後に内定を辞退しなくてはならないシチュエーションが出てくることがあります。

そのような時、きちんとした断り方のマナーをおさえておかなければ社会人として恥ずかしいですし、バイト先にも失礼になってしまいます。

対面で伝える、電話をかける、メールやLINEで連絡する。内定の断り方にもさまざまなパターンがあります。いざという時に慌てずにすむように、バイト先の内定辞退の基本的なマナーについて詳しく見ていきましょう。

バイトの内定の断り方【電話】

フリー写真素材ぱくたそ

アルバイトの内定辞退の連絡は電話で入れるのが基本マナーです。バイトだからといって電話でたった一言、「辞めます」といえばすむわけではなく、断り方によっては失礼になってしまいます、

電話によってアルバイトの内定を断る場合、どのように電話をかけるのがマナーなのでしょうか。学生のうちからおさえておきたい、バイトの内定辞退の基本的なマナーについて状況別に解説します。

辞退する場合は電話での連絡が基本

フリー写真素材ぱくたそ

バイトの内定辞退は電話で行うのが基本マナーです。最近ではメールやLINEで簡単にすませる人も増えていますが、日本ではまだまだなじみが薄く、バイト先にも失礼になってしまいます。

もちろん、電話での断り方にもマナーがあり、ただ一方的に「辞退します」と伝えるのではなく、きちんとした礼儀作法を守り、例文に則って電話をかけることで常識があると評価されます。

「どうせバイトの内定を辞退するのだから、あとのことは関係ない」と適当な断り方ですませるのは、社会人として間違いです。

ここで御紹介する電話での断り方を参考にして、社会人として恥ずかしくない最低限の基本マナーをきちんと身につけましょう。

電話をするタイミング

フリー写真素材ぱくたそ

バイトの内定を辞退する場合は、電話をかけるタイミングにも注意が必要です。先方にはもちろん本来の業務がありますので、忙しい時間帯に電話をかけると業務の妨げになってしまいます。

バイト先の業種にもよりますが、基本的には業務がひと通り落ち着いた午前中の遅い時間帯や午後の早い時間帯に電話をかけるのがタイミングとしては最適で、相手にも失礼になりません。

反対に、就業直後の早朝や退勤直前は先方も業務に追われているタイミングですので、バイトの内定を辞退する場合でも電話はさけたほうが良いでしょう。

辞退の電話のかけ方

フリー写真素材ぱくたそ

社会人になると、さまざまな場面で電話をかけるのが当たり前になりますが、初めてバイトの内定を辞退する場合は断り方がよくわからず、戸惑ってしまうかもしれません。

いざという時に断り方がわからず失礼になってしまう、ということにならないように、バイトの内定辞退の電話のかけ方のマナーについておさえておきましょう。

担当者への伝え方

フリー写真素材ぱくたそ

アルバイトであっても、内定を辞退する場合は面接の担当者に電話で連絡するのがマナーです。ほとんどのバイトでは採用担当者が面接を担当しており、バイトの募集要項に電話番号が書いてある場合も少なくありません。

バイトの採用担当者と直接電話がつながった場合、まずは基本的な挨拶をまじえつつ氏名と面接の日時を伝え、「申し訳ございませんがバイトの内定のほうを辞退させていただきたく思います」などと続けます。

バイトの辞退を伝える前に理由についてひと言添えるのもマナーであり、電話の最後に「わざわざ時間を取ってくださり、ありがとうございました」などと付け加えると丁寧さが伝わります。

担当者が不在の場合

フリー写真素材ぱくたそ

バイト先に電話をかけても面接の担当者が不在だった場合、すぐに伝言を頼むのはマナー違反です。このようなケースではあらためて折り返すのが礼儀であり、電話口の相手にもその旨をきちんと伝えます。

もちろん、最初に面接の日時と氏名を伝えたうえで話をするのがマナーです。折り返す場合にはどのタイミングで電話をかければ良いのか先方に確認するのも社会人としての作法ですので、断り方と合わせてきちんとおさえておきましょう。

また、電話がつながったのがバイトの採用面接とはまったく関係のないスタッフだった場合、話がうまく通じない可能性がありますので、余裕があれば別の採用担当者に代わってもらったほうが良いでしょう。

再度かけても不在の場合

フリー写真素材ぱくたそ

バイト先に折り返し電話をかけ、面接担当者が不在だった場合には、電話口の人に伝言を託すのがマナーです。その際にもあらためて氏名と面接日時を伝え、「先日、そちらでアルバイトの面接を受けた者です」などと切り出すのが一般的です。

バイトの内定辞退の場合、伝言であっても面接日時をきちんと伝える必要があり、日時を間違えると伝言がうまく伝わらない可能性があります。

ただ、折り返しの電話で「担当者は本日の20時に戻ります」などと言われた場合には御礼を言っていったん電話を切り、指定された時間にあらためて電話をかけるのがマナーです。

バイトの内定の断り方【メール】

フリー写真素材ぱくたそ

従来は、アルバイトの場合でも内定辞退の場合は面接担当者に直接電話をかけるのがマナーとされていましたが、最近ではメールやLINEで内定辞退の連絡を入れるケースも増えつつあります。

メールやLINEでバイトの内定を辞退する場合、断り方としてはどのパターンが正しいのでしょうか。メールの例文と合わせて基本的なマナーについて見ていきましょう。

メールで辞退の連絡をする場合とは

Photo byniekverlaan

バイトの内定辞退の連絡は電話で行うのがマナーです。ただ、応募や採用面接の段階でバイト先のメールアドレスしか伝えられていなかったり、メールでの連絡を指定された場合にはメールで内定辞退の旨を伝えても失礼にはあたりません。

また、バイト先に何度電話をかけてもつながらなかった場合、メールアドレスがわかっていればメールで連絡してもOKです。

むしろ、最近ではメールやLINEでの連絡を指定しているバイト先も多くなり、メールのほうが後々までメッセージが残る、というメリットがあります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事