税金の種類を一覧でわかりやすく解説!仕組みや税率などを知って節税対策!

税金の種類を一覧でわかりやすく解説!仕組みや税率などを知って節税対策!

私達は暮らしの中で、様々な種類の税金を支払っています。ですが、払ってはいるけれども税金の種類や仕組み、税率を全て把握している方は、少ないかもしれません。そこで今回は、私達が日々支払っている税金の種類や仕組み、税率を分かりやすくご紹介致します。

記事の目次

  1. 1.身近にある税金の種類とは
  2. 2.税金を大きく分けた4つの種類と仕組み
  3. 3.国に納める税金の種類一覧
  4. 4.都道府県に納める税金の種類一覧
  5. 5.税金の所得税と税率
  6. 6.サラリーマンができる節税対策
  7. 7.税金は最も身近な種類をよく覚えておこう!

身近にある税金の種類とは

Photo byBru-nO

私達は、日々の暮らしの中で様々な税金を支払っています。その中でも1番身近に感じる税金は、食べ物や衣類を購入する時にかかる「消費税」という種類の税金ではないでしょうか。

次に社会人になって働くようになると支払う事になる「所得税」や「住民税」なども身近にある税金の種類の一つです。

また、仕事の疲れを癒やす嗜好品の一つ、お酒にも「酒税」が課せられています。この様に私達が何気なく暮らしている日々の中では、様々な種類の税金が発生しているのです。

意外と知らない税金もある?

Photo bygeralt

そんな私達の暮らしの中では、様々な税金が発生しているのですが、意外と知られていない身近な税金がまだまだ沢山あるのです。

知らなかった日々支払っている税金を理解し、把握することによって節税対策を行うことができたり、良いタイミングで物品を購入することができたりするのです。生涯付き合う税金だからこそ、上手に付き合う為にも税金の種類をしっかり理解しておくことが大切です。

税金を大きく分けた4つの種類と仕組み

Photo bymohamed_hassan

税金は、大きく分けて「国税」、「地方税」、「直接税」、「間接税」と4つの種類に分けることができます。

一覧の中で大きく分けた4種類の税金の仕組みを知ることにより、税金についてより分かりやすくなるのです。

①国税

Photo byOpenClipart-Vectors

大きく分けた4つの税金の種類の中の1つ目は、「国税」です。国税とは、国に収めるお金の事を指します。国税は、私達国民が国一律の税率、ルールで税金が徴収されるようになっているのです。

私達が日々の暮らしの中で、もっとも身近に感じている「消費税」、「所得税」などは全て国税にあたります。

②地方税

Photo bymailtotobi

大きく分けた4つの税金の種類の中の2つ目は、「地方税」です。地方税とは、都道府県や市町村などの地方公共団体に収める税金の事を指します。

身近な税金の「住民税」は地方税にあたります。この地方税は国税とは違い住民税などは、都道府県、市町村によって税率に差があります。

③直接税

Photo bymohamed_hassan

大きく分けた4つの税金の種類の中の3つ目は、「直接税」です。直接税とは、税金を収める義務がある人と実際に負担する人が一致している事を指します。

代表的な所得税が直接税にあたります。個人の経済能力によって負担する税金の額が変わるのが特徴です。

④間接税

Photo byAlexas_Fotos

大きく分けた4つの税金の種類の中の4つ目は、「間接税」です。間接税とは、税金を負担する人と納める人が異なることを指します。

代表的な消費税、酒税、たばこ税は間接税にあたります。間接税は、個人の経済能力に関係なく平等に徴収されるのが特徴です。

国に納める税金の種類一覧

次へ

関連するまとめ

人気の記事