iDeCoは公務員におすすめ!手続きや掛け金の上限・節税・年末調整は?

iDeCoは公務員におすすめ!手続きや掛け金の上限・節税・年末調整は?

iDeCoは老後対策の一環として行われているうちの1つです。特にiDeCoは公務員におすすめされている政策です。その所以を手続きや掛け金の上限、節税、年末調整といった色々な角度から説明をしていきます。今回は公務員のiDeCoに焦点を置いて徹底解説していきます。

記事の目次

  1. 1.iDeCoとは
  2. 2.iDeCoは公務員でも加入できる
  3. 3.公務員にとってiDeCoのメリットは?
  4. 4.公務員にとってiDeCoのデメリットは?
  5. 5.iDeCoに加入した公務員の節税例
  6. 6.公務員のiDeCo確定申告や年末調整のやり方・手続き
  7. 7.iDeCoの加入におすすめな人とおすすめでない人
  8. 8.iDeCoは公務員におすすめ!今すぐ手続きを始めよう

iDeCoとは

Photo by free pictures of money

iDeCoという言葉では現代社会においてあまり効く言葉ではありません。しかしiDeCoはこれからの、特に公務員が注目すべきシステムなのです。景気が悪いと言われている現在において、自分たちの年金が将来あるかどうかさえも分からないと言われています。

そのうえは日本は世界有数の長寿国です。年々寿命が延びていく中で年金といった老後の資金はかなり重要になってきます。なぜかといえば、老後を働くことができないことはもちろん、月にかかるお金もそれなりにかかってしまうからです。

夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦の場合、月に必要なお金は約27万円程です。60歳以上の単身だったとしても16万円ほどは必要になってしまいます。

iDeCoはそのような老後のお金を最大限に貯めていくためのおすすめの節税対策方法なのです。それでは、まずiDeCoとは何なのかについて説明していきます。

iDeCoは自分のための自分で行う年金

Photo by 401(K) 2013

iDeCoとは自分の年金を作っていく個人型確定拠出年金のことを言います。ここでは、個人が自分で一定の掛け金を運用していき、老後の年金を貯めていくということを行います。

原則60歳以降に受け取ることとなっていますが、どんな金融商品を運用するか、どのようにして年金を受け取るかについては自分自身で決めることができます。保険会社などに頼むよりも自分の望み通りのプランを立てていくことができるのでおすすめです。

iDeCo(イデコ)とは?デメリットなど注意点や始め方を詳しく解説! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
iDeCo(イデコ)とは何でしょうか。公的年金のデメリットを補い、自分で老後の生活資金を積み立てしておくことは大切です。iDeCo(イデコ)の加入を検討する人は、そのメリット・デメリットが気になるでしょう。そこで今回は、iDeCo(イデコ)について紹介します。

iDeCoは公務員でも加入できる

Photo by Gabriel White

iDeCoは、今回の主人公である公務員でも加入ができるようになりました。以前までは公務員はiDeCoを利用することができなかったのです。公務員は国によって定められた仕事なのでストライキができないなど、どこか融通性に欠けるイメージを受けがちですが、なぜiDeCoが公務員に適用されるようになったのでしょうか。

2017年1月から確定拠出年金法の改正により実施

大きな理由の1つとして、退職金のカットが原因だとされています。公務員は景気が悪いことを理由に政府は多くの人員削減だけでなく、退職金を大幅にカットされています。実際、退職金に関しては2012年以降から15%以上も下がっています。

政府が公務員にiDeCoの利用を承諾した理由は、退職金をカットして政府のお金として運用する代わりに、自分自身で老後の年金を計画、節税に備えるようにということが確定拠出年金法の改正と裏で関わっているからと言われています。

だからこそ、公務員は自分の老後の資金を集めるには自分でiDeCoを利用するのがおすすめだということです。そのため、公務員が一番行うべきおすすめのシステムなのです。

公務員にとってiDeCoのメリットは?

Photo byFree-Photos

それでは公務員がiDeCoを利用することのメリットは何でしょうか。普通に企業で働いているサラリーマンと公務員とでは税金制度が異なっており、公務員が自身で年金制度に詳しくなっていないと自分が老後の年金に対してどのような対策を投じたらいいのかが見えてきません。ここでは、iDeCoを使うことによる、公務員のメリットに関して説明していきます。

iDeCoメリット①掛け金が全額所得控除になる

Photo byFree-Photos

公務員が運用に回した掛け金は全額所得控除されます。公務員が月に運用できる1万2千円を毎月拠出した場合、住民税と合わせて税金が20%とすると年額14万4千円になります。

この額は全部所得控除となり、その後から税金は戻ってくるため、年間2万8800円の節税効果が生まれます。小さな額と思うかもしれませんが、退職まで毎月行うだけで大きな額に変わります。35歳から60歳の25年とすれば総額72万円節税できます。

税率も所得に応じて変わってきますが、老後に集まる金額を考えると掛け金が全額所得控除になるのは大きなメリットなため、公務員に対しては大変おすすめなのです。

iDeCoメリット②運用益が非課税で再投資される

Photo by free pictures of money

次へ

関連するまとめ

人気の記事