ベースアップとは?定期昇給との違いや増加の基準も徹底解説!

ベースアップとは?定期昇給との違いや増加の基準も徹底解説!

サラリーマンにとってベースアップは、仕事へのやりがいの一つといえます。ここではベースアップの正しい意味や、ベースアップに関しての正しい情報を提供します。ベースアップを導入しているところに勤めている人によりわかりやすく、説明します。

記事の目次

  1. 1.ベースアップとは?
  2. 2.ベースアップと定期昇給の違い
  3. 3.ベースアップの増加基準
  4. 4.そもそも基本給を決定する方法は?
  5. 5.賃金アップの状況
  6. 6.より良い従業員人生を送りベースアップを目指そう
  7. 7.企業が考える定期昇給とベースアップ
  8. 8.ベースアップは利益への影響に左右される

ベースアップとは?

お金
Photo bynattanan23

サラリーマンにとって、ベースアップという言葉は割と知っているようでもありますが、定期昇給とどう違うのか分かっていない人は多いです。

ベースアップはベアと、言う事もあります。定期昇給とどう違いがあるのかという点や、どういったものかという事かや基準を、具体例も含めて紹介していきます。

後でまとめますが、ベースアップとは、個人だけの昇給ではなく従業人全員の基本給を上げて貰う基準に違いありません。

給与の平均水準を引き上げる事

お金
Photo bykschneider2991

基本給を上げてもらうのには、ベースアップと定期昇給があります。給与の平均賃金をアップするには、これのいずれかを企業側におこなってもらう必要があります。平均して基本給を上げてもらうというこの基準に違いありません。

ベースアップとは、ベースの基本給を増加するもので、定期昇給とは、定期昇給の無いところもありますが、平均しても、給与の額が上がるということは同じですが、計算上、実務上の違いがあります。

毎年給与が上がるのが、定期昇給です。年功序列になりがちですが、平均して、全員に対して一律に給与がアップする計算するものが、ベースアップです。

ベースアップの具体例

お金
Photo byMichaelWuensch

具体例を書きますと、40歳の基本給が40万円の場合、1年毎に1万円なり、5千円なりが上がる計算になる額が定期昇給というもので、全員が2千円~3千円なり給与の賃金が上がるのがベースアップです。基本給は基準が、年功・職務・職能などで構成されています。

日本経済団体連合会が発表した、ベースアップ実地調査結果では、企業業績が62%、世間の相場47%という結果が出た時もあり、物価変動に考慮する企業は少ないといわれることもあります。

ベースアップはとかく大手企業だけのものと考えがちですが、中小企業においてもベースアップは行うところはあります。どれだけ上がったかというと、2.05という年もありました。参考にして下さい。

ベースアップは定期昇給制度と似ている

お金
Photo byTBIT

ベースアップは、定期昇給と似ているように感じますが、定期昇給は昭和初期に各日本企業が採用した制度ですが、バブル崩壊後、採用しない企業も増えています。各社員の個人の評価の基準が、部署の業績に重点をおく企業が増えました。

ベースアップは、簡単にいえば、従業人全員の賃金を上げるものです。一般的には、労働組合と、企業側との交渉によって決まるのが一般的です。労働組合がないところは団体に委託します。

そのベースアップと定期昇給との違いや基準を順をおって詳しく紹介していくので、その違いをよく読んで下さい。

ベースアップは、高度成長期からバブル崩壊にかけて物価上昇に対する事の調整をするという役割を果たして来ましたが、役割としてはその制度は薄れつつあります。

ベースアップと定期昇給の違い

お金
Photo byangelolucas

ベースアップと、定期昇給の違いをまとめます。定期昇給を採用している会社は、年齢や勤続年数が1年違うごとに、基本給がアップする事と、基本給が勤続年数と、年齢で給与の基本給が、右肩上がりになる計算になるの対し、ベースアップは給与の賃金カーブに関係なく、社員全員の、平均給与がアップすることです。

簡単に言えばベースアップは、基本給の底上げで、賃金カーブとは関係が無く、定期昇給は年齢や、勤続年数によった給与の時間経過に関係するものです。

そして定期昇給は、ベースアップと違い、定年があり終わりがありますから、企業にとってはベースアップほど負担増にはなりません。

定期昇給は時間経過に左右される

お金
Photo bygeralt

定期昇給を又まとめますと、定期昇給は、勤続年数と入社からの年齢で、右肩上がりで、平均給与が上がっていく事をいいます。昭和初期に多くの企業が採用した、基本給の上がる仕組みで、採用していない企業もあります。個人的や、部署の成績などに注目をする企業も増えています。ベースアップとは基本基準が違うのです。

定期昇給は。定年がありますので採用しても、終わりがありますので、ベースアップよりは、企業の負担増にはなりません。

次へ

関連するまとめ

人気の記事