皮肉屋な人の性格の特徴や心理とは?上手くかわす対処法や改善策を解説!

皮肉屋な人の性格の特徴や心理とは?上手くかわす対処法や改善策を解説!

あなたの周囲に皮肉屋はいませんか?皮肉屋と一緒にいるといい気分にならない場合が多いです。皮肉屋にはどんな特徴があり、どんな性格をしているのでしょう?皮肉を言う時の心理、皮肉を言われた時の対処法、さらに類義語「嫌味」との違いをまとめました。

記事の目次

  1. 1.「皮肉屋」の意味
  2. 2.「皮肉屋」の類義語
  3. 3.皮肉屋は頭が良い?
  4. 4.皮肉屋の特徴【性格】
  5. 5.皮肉屋の特徴【心理】
  6. 6.皮肉屋な性格を改善する方法
  7. 7.皮肉屋の人の対処法
  8. 8.皮肉屋とは距離をおいて上手くつき合おう

「皮肉屋」の意味

あなたの周囲に「皮肉屋」と呼ばれる人はいませんか?この場合、決していい意味では使われていないでしょう。「皮肉屋」という言葉は褒める意味で使われることはあまりありません。ではそもそも「皮肉屋」とはどういう意味なのでしょう?類義語に「嫌味」がありますが、皮肉屋は単に嫌味を言うだけの人なのでしょうか?

相手の弱点など意地悪くそれとなく言う

皮肉屋は会話の最中に、意地悪な物言いをする人という意味です。たいていの場合、冷たい笑みを浮かべ、人を馬鹿にしたような顔をして会話します。皮肉屋が言う言葉の意味が真実であっても、それを言われた側はグサグサと心に刺さるので、いい気持ちはしません。

皮肉屋は、相手の弱いところ、気にしているところを意地悪な言葉で、さりげなく突いてきます。皮肉屋の「皮肉」という言葉は「皮肉骨髄」という仏教用語が語源であるとされています。

骨や髄は、ものごとの本質や要点を理解したことを指す言葉です。いっぽうで皮と肉はものごとの表面であり、表面上は理解しても、本質からずれているととらえられます。

Photo byrawpixel

このことから皮肉屋の「皮肉」という言葉は、「『おまえは本質を理解していない』と批評する言葉」として使われています。皮肉屋は一見、的を得た批判をしているように見えます。しかしその批判は皮や肉といった表面的で「本質を理解していない」といった非難する意味ととらえられます。

そのため、皮肉屋は嫌われ者というほどではなくても、周囲の人に煙たがられます。ただ問題なのは、皮肉屋は自分が煙たがられている意味を知らずにいます。誰も積極的に注意をしなければ、皮肉屋の行動は改善されることはありません。

「皮肉屋」の類義語

「皮肉屋」の意味の類義語はさまざまあります。皮肉という言葉は、なんとなく使われていますが、意外と意味をよくわからずに使ってしまっている場合があります。

あなたの使い方によって、本来の皮肉屋の意味とは違ったシチュエーションで使ってしまっている場合があります。皮肉屋の本来の意味はどんなものなのでしょう?皮肉屋の「皮肉」という言葉の類義語を調べてみると、本来の意味がわかってきます。

皮肉屋の英語表現

Photo byCatkin

「皮肉屋」の皮肉という言葉の類義語を見る前に、皮肉の英語表現を見ていきましょう。「satire」は風刺や皮肉を意味します。「irony」はユーモアも含む比較的穏やかな皮肉を意味します。「sarcasm」は皮肉や「当てこすり」を意味します。

「cynicism」は冷笑や皮肉癖などを意味します。これらの英語表現の中には外来語として日本語となり、皮肉の類義語になっている言葉があります。アイロニーやシニシズムなどの外来語を、皮肉の類義語として使う人もいるでしょう。

嫌味

皮肉屋はよく嫌味を言うという印象はありませんか?「皮肉屋」の皮肉の類義語によく挙げられる言葉が「嫌味」でしょう。嫌味は「いやむ」という動詞が時代を経て、「いやみ」に変化していった言葉です。しかし、嫌味イコール皮肉なのでしょうか?皮肉と嫌味には微妙なニュアンスの違いが感じられます。

「皮肉屋」と類義語「嫌味」の語源

皮肉と嫌味がイコールかどうかを考察するため、それぞれの言葉の類義語を見ていきましょう。皮肉の類義語として「風刺」「当てこすり」「アイロニー」「当てつけ」などがあります。

いっぽう嫌味の類義語を見ていくと「意地悪」「罵詈雑言」「毒舌」「誹謗」「風刺」「中傷」「当てこすり」「当てつけ」「アイロニー」が挙げられます。

2つの言葉の類義語で「風刺」「アイロニー」「当てこすり」などが共通にありました。そもそも「皮肉」の類義語が「嫌味」なのですから、同じ類義語が出てくるのは当たり前かもしれません。

ただ「風刺」にしても「アイロニー」にしても、悪意よりは「遠回しに真実を伝える」といった意味になりつつあります。

皮肉屋は嫌味なのか?

次へ

関連するまとめ

人気の記事