「送付いたします」と「お送りします」の違いは?正しい敬語の使い方や例文も解説

「送付いたします」と「お送りします」の違いは?正しい敬語の使い方や例文も解説

仕事上メールでファイルを送る、請求書を郵送するなど、何かを送付する場面は多くあります。相手に送る事を伝える時、「送付いたします」「お送りします」等、どれを使うべきか迷ったことはありませんか?「送付いたします」「お送りします」の意味、違いと使い分けを紹介します。

記事の目次

  1. 1.「送付いたします」とは
  2. 2.「送付いたします」と「お送りします」の違い
  3. 3.「お送りします」と「送付いたします」の使い分け
  4. 4.「送付いたします」と「お送りします」は正しい敬語か
  5. 5.「送付いたします」の誤用例
  6. 6.「送付いたします」と「お送りします」を正しく使おう!

「送付いたします」とは

Photo byTeroVesalainen

送るという意味の言葉は、毎日の生活でよく使います。特に「送付いたします」という言い方は仕事上よく使う言い回しです。

少しの違いで、ビジネスセンスやコミュニケーションのレベルは変わります。このようなシンプルで頻繁に使う言葉こそ大切にしたいです。「送付いたします」にはどのような意味が込められているのでしょうか?

単に送るという意味だけではなく、ニュアンスとして「送付いたします」にはどのような意味が含まれるのでしょうか?「送付いたします」の正しい意味と使い方をご紹介します。

意味:送付いたします

Photo byrawpixel

「送付いたします」という言葉を分解すると、「送付」+「いたす」という言葉から成り立っています。「送付」は送るという意味の名詞です。「いたします」は「いたす」の丁寧な形となります。

「送付」という言葉はもともと漢語からきた言葉です。漢詩などで使われる漢語は古くから公式の場面で使用され、現在もやや堅い場面で使われます。例えば、商務の事務専門語や法律用語では、漢語から来た言葉を使うことが多いです。

「送付」という名詞を詳しく見てみましょう。「送」という漢字は物を送るという意味、「付」という漢字は人に手でものをつけるという意味です。「付」はにんべんと手で触るという意味の「寸」という漢字から出来ています。

Photo byTeroVesalainen

「送付いたします」の「いたします」は「する」の謙譲語です。謙譲語は、自分の位置を低くいう事で、相手への尊敬の気持ちを表す言葉です。

目上の人や年上の人に、自分がへりくだって敬意を表す敬語として使います。「送付いたします」は送るという行為に自分を下に置くことで相手への敬いの気持ちと意味をプラスした表現となります。

「送付いたします」と「お送りします」の違い

Photo bykreatikar

「お送りします」も「送付いたします」と同様、送るという意味です。「送付いたします」と比較して、「お送りします」にはどのような意味合いが込められているのでしょうか?ここでは、「送付いたします」との違いを紹介します。

「お送りします」は丁寧語

Photo byGDJ

「お送りします」は送るということを意味しますが、敬語の種類としては、「丁寧語」となります。送るという意味の言葉を丁寧に表した言い方です。

これは、謙譲のへりくだった意味を持つ「送付いたします」よりも相手に対しての尊敬の表現は弱くなります。

社内の同僚や、特に親しくしている外部の方に使うのは問題ない丁寧な言葉です。一方、目上の人や顧客に対しては、単なる丁寧語ではなく、謙譲をあらわす「送付いたします」という言葉を使うのがビジネス上適切です。

「お送りします」と「送付いたします」の使い分け

Photo byIO-Images

「お送りします」と「送付いたします」は同じ送るという意味を持つ言葉です。しかし、そのニュアンスや敬語の度合いが違いがあることを紹介しました。それでは、実際にメールなどで使う場合は、どのような例があるかを見てみましょう。

ここでは、メールなどの文書、電話などの口頭での伝え方、荷物を送る場合、人を送る場合の「送る」という意味の「送付いたします」の例文を紹介します。

何種類か言い換えを覚えておけば、同じ意味の言葉を繰り返すことなく読みやすい文面になるのもポイントです。違いをしっかり理解して、いつも適切な言葉選びをしてみましょう。

電話・メールの使い方の例文

Photo bynastya_gepp

「弊社の商品カタログを送ります」という意味の言葉はよくメールなどで使います。これを丁寧に言いたい場合には、「弊社の商品カタログをお送りします」を使います。いたって普通の送るを意味する文章となります。

手紙などの書面や、字を読むメールの場合、熟語や漢字が程度に混在している方が素早く意味をとることが出来ます。「弊社の商品カタログを送付いたします」という文章は、ぱっと見ただけで送ることを意味することがわかりやすいです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事