「当日消印有効」を簡単に解説!何時までに投函する?必着との違いは?

「当日消印有効」を簡単に解説!何時までに投函する?必着との違いは?

「締め切りは当日の消印まで有効です」テレビのプレゼント企画等でよく聞くセリフですが、この「当日消印有効」が具体的にどのようなことなのか、あなたは理解していますか?この記事では「消印」がどういうものなのか、また「必着」とはどう違うのかについても説明していきます。

記事の目次

  1. 1.当日消印の意味
  2. 2.当日消印の注意点
  3. 3.当日消印有効と必着の違い
  4. 4.当日消印有効日の間に合わせ方
  5. 5.当日消印有効日が土日の場合
  6. 6.集荷時間に間に合わなかった場合
  7. 7.「必着」に間に合わない時はどうする?他のサービスの活用方法
  8. 8.当日消印有効は消印を押した日が有効!

当日消印の意味

Photo byTayebMEZAHDIA

当日消印とは、差し出された郵便物に投函された当日の郵便局のスタンプが押されたものを意味します。よく「当日の消印有効」と記載された懸賞広告等を目にしますが、これは「投函当日の消印があれば有効です」ということを指します。ではこの「消印」とは具体的にどのような意味を持ち、どのような役割を果たしているのでしょうか?

消印とは集荷・収集をした証

Photo byKaz

消印とははがきや切手、収入印紙、証紙などが「使用済みである」と証明するための印鑑のことです。ポストに投函されたり、郵便局に持ちこまれた郵便物は配達の為の処理が行われ、消印が押されます。手元に郵便物が届けられた際に表面をよく見てみると「××年×月×日××郵便局取集」と言うような印が押されています。

この消印をもって、持ち込まれた郵便物に対してその郵便局が確かに受領したということと、また受領した日時についても証明しますという意味にもなります。

一度消印が押されたはがきや切手は「使用済み」の印となり、この印と共に切手の効力は無くなり、再度の使用は無効の意味となります。これははがきや切手の不正使用を防止し、切手をはがして再利用されることを防ぐ役割があります。消印はそのための証明と言えます。

当日消印の注意点

Photo bySchmidsi

ポストに差し出された、もしくは郵便局の窓口に差し出された郵便物には消印が押されて配達手配がなされます。前項で述べた通り、消印の日付は「この日に確かに集荷・収集しましたよ」という証明となります。ですが、郵便物を当日消印の扱いにするにあたっては気を付けるべき注意点があります。以下でその注意点について解説します。

ポストに投函した日=消印日ではない

Photo byStefanHoffmann

差し出した郵便物にいつ消印が押されるのか?ということですが、これはポストに投函した日と必ずしもイコールではありません。ポストに投函した郵便物が「その日のうちに」回収されて、郵便局に運ばれ、配達手続きがなされた上で消印が押される必要があります。

つまり、ポストに記載されている郵便物の回収時間が大切なポイントとなります。確実に当日消印にしてもらうには、ポストに投函する前に当日の最終回収時間前であることを確認しましょう。当日の最終回収時間を既に過ぎてしまっていると、郵便物の回収も翌日となり、結果消印が押されるのも翌日となってしまうからです。

従ってポストからの投函を考えている場合には、ポストの回収時間に合わせて「何時までに」投函しなければいけないかを意識するということも重要な注意点となります。

当日消印有効と必着の違い

Photo bySophieja23

ここまでは「当日消印」について説明してきました。実際に受験や就職試験の応募書類の提出や、懸賞の応募といった、受付期間が定められている郵便物を差し出す際には「当日消印有効」なのか、「必着」であるかが非常に重要なポイントとなってきます。では「当日消印有効」と「必着」の違いについて、具体的な事例を交えながら解説していきます。

当日消印有効とは

Photo bycoffeebeanworks

当日消印有効は、定められた期間内に郵便物が届かなくても、押されている消印が期日内の日付であれば、その郵便物の受取りが有効となる制度です。例えば受験の際の願書に「応募の締切日は11月30日、当日消印有効です。」と記載があれば、11月30日までの消印が押されていれば、11月30日までに届かなくとも有効となり、出願を受け付けてくれます。

居住地が願書の送付先から遠い人、例えば離島在住の人は、この日までに必ず着くように送って下さいと言われても、他の人より不利になってしまいます。この当日消印有効の意味する所は、居住地によって不公平とならない締切日を設定している事と言えます。

必着とは

Photo bygeralt

当日消印有効が消印の日付が期限内であれば受け取ってもらえるのに対し、当日必着は、消印の日付が期日内であっても、期日までに郵便物が送付先に届かないと無効となってしまうことを意味します。受験の願書の例で言うと、期日内に願書が応募先に届かないと無効となり、応募そのものを受け付けてもらえなくなることを意味します。

当日消印有効なら、郵便物の到着が期限を過ぎても「郵便物の受領日が期限内であれば」有効ですが、当日必着だと郵便物が宛先に届かないと無効となってしまいます。配達中のアクシデントで遅延するリスクを考慮すると、当日必着はよりシビアな条件だと言えます。

当日必着の場合には、後述しますが郵便局の窓口の営業時間や、ポストの回収時間などを確認した上で「何時までに投函する」といったことをより意識する必要がありますので、期日に余裕をもって対応することが求められます。

当日消印有効日の間に合わせ方

Photo bygeralt

関連するまとめ

人気の記事