忌引きメールの書き方・返信方法まとめ!会社に送る時の例文や注意点も紹介!

忌引きメールの書き方・返信方法まとめ!会社に送る時の例文や注意点も紹介!

若いうちはあまりなじみがない人も多いのが「忌引き」のメールで、「忌引き」のメールの書き方などが良くわからないという人も結構多いようです。「忌引き」のメールの書き方や返信方法や件名の他、会社に送る時の注意点などを例文をまじえてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.忌引きとは
  2. 2.忌引きの会社や学校への伝え方
  3. 3.忌引きメールに記載すること
  4. 4.忌引きをメールで伝える際の書き方【例文】
  5. 5.忌引きをメールで伝える際の注意点
  6. 6.忌引きメールの返信方法の例文
  7. 7.忌引きになる親族の範囲と休める日数
  8. 8.忌引きの報告はメールだけでなく電話でも伝えよう!

忌引きとは

Photo bydarksouls1

小学校ぐらいからすでに「忌引き」というものが存在していますが、実際に小学生の頃に使ったことがあるという人は少なく、どういうことなのかはわからないという人の方が多かったでしょう。しかし大人になるとこの「忌引き」を使うことが増えてきます。「忌引き」とは一体どんなことなのかという所からご紹介しましょう。

親者が亡くなった際に喪に服すこと

Photo by3345408

「忌引き」というのは、親兄弟や親戚などが亡くなった際に喪に服すことを言います。そして学校や職場などではこういった場合には優先的に休暇を取ることができます。学生の頃なら、親戚などが亡くなった時には親から学校に「忌引き」のお知らせをするなどして休みを取ります。「忌引き」は親族が亡くなった時のための大切な休暇だと言えます。

忌引きの会社や学校への伝え方

Photo bycarolynabooth

「忌引き」とは親兄弟や親戚などが亡くなった時に喪に服すことで、「忌引き」の場合には会社や学校に知らせて休暇を取ることが出来るとご紹介しましたが、実際「忌引き」だと会社や学校へ伝えるにはどうすれば良いのかわからない人もいるでしょう。「忌引き」の会社や学校への伝え方についてもご紹介します。

口頭で伝える

Photo bycocoparisienne

「忌引き」の会社や学校への伝え方の一つ目は、口頭で伝えるという方法です。職場の上司に電話をしたり、学校の担任の先生に電話をしたりして口頭で伝えるのが大切です。友達にことづけを頼んだりしてはいけません。必ず本人が、伝えるべき相手に対して伝えなければなりません。

メールで伝える

Photo byribkhan

「忌引き」の会社や学校への伝え方の二つ目は、メールで伝えるという伝え方です。昨今では学校の担任の先生と生徒の保護者がメールで連絡を取ることも多いので、メールで伝えるのもOKです。また職場の上司に対してメールで連絡を取って「忌引き」だと伝えても良いです。

忌引きメールに記載すること

Photo byCouleur

「忌引き」とは何なのか、「忌引き」の時の会社や学校への伝え方をご紹介しましたが、「忌引き」をメールで伝える時には必ず記載しなければならないことがいくつかあります。ただ単に「親戚が亡くなったので」と伝えるだけではいけません。「忌引き」メールに記載することとは何なのか、いくつかご紹介しましょう。

忌引きの期間

Photo bydarksouls1

「忌引き」メールに記載することの一つ目は、「忌引き」の期間です。「忌引き」の期間というのは一般的にどのぐらいなのかは大体決まっていますが、亡くなった相手の身の回りの整理などをしなければならない場合には、一般的な期間では済まないこともあります。なので、いつからいつまで「忌引き」休暇をもらうのかを必ず記載しましょう。

葬儀の日程

Photo byRobert-Owen-Wahl

「忌引き」メールに記載することの二つ目は、葬儀の日程についてです。「忌引き」で休暇をもらう場合には、何月何日にお葬式をするといったことをちゃんと伝えておかなければなりませんので、「忌引き」メールには葬儀の日程についてもきちんと記載しておきましょう。

葬儀場と住所

Photo bymalsawm

「忌引き」メールに記載することの三つ目は、葬儀場と住所です。「忌引き」で休暇をもらう場合には、葬儀の日程だけでなく葬儀場の連絡先や住所も記載しなければなりません。お葬式だけでなく前夜のお通夜から行くという場合には、お通夜を行う家の住所もしっかりと記載しておきましょう。

喪主

Photo byaitoff

「忌引き」メールに記載することの四つ目は、喪主の名前です。「忌引き」で休暇をもらった場合には喪主の名前もちゃんと知らせておかなければなりません。「なぜそんなことまで言わなければならないのか」と思う人もいるでしょう。ですがこれは「忌引き」で休暇をもらう上での大切なマナーでありルールですので、きちんと守りましょう。

関連するまとめ

人気の記事