「ご検討の程宜しくお願い致します」の意味と正しい使い方!例文や英語表現も!

「ご検討の程宜しくお願い致します」の意味と正しい使い方!例文や英語表現も!

ビジネスシーンでは「ご検討の程宜しくお願い致します」という言葉をよく使いますが、一体どのような意味があり、どんなタイミングで使う言葉なのでしょうか。このページでは「ご検討の程宜しくお願い致します」の正しい意味と使い方をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.「ご検討の程宜しくお願い致します」の意味
  2. 2.「ご検討の程宜しくお願い致します」の類義語
  3. 3.「ご検討の程宜しくお願い致します」の使い方
  4. 4.「ご検討の程宜しくお願い致します」の例文
  5. 5.「ご検討の程宜しくお願い致します」の間違い例文
  6. 6.「ご検討の程宜しくお願い致します」に対する返事
  7. 7.「ご検討の程宜しくお願い致します」の英語表現
  8. 8.気づかいのある前置きをおくとより丁寧になる
  9. 9.「ご検討の程宜しくお願い致します」を目上の人に使おう

「ご検討の程宜しくお願い致します」の意味

Photo byTeroVesalainen

「ご検討の程宜しくお願い致します」という言葉は普段の生活では使われることはほとんどありませんが、ビジネスではよく使われる言葉です。似たような意味合いの言葉には「ご検討いたただければ幸いです」「ご検討いただきますよう」等があります。

しかし「ご検討の程宜しくお願い致します」という言葉の正しい使い方をご存じでしょうか。ビジネスの場面では正しい言葉使いを求められます。間違った使い方をしては先方に誤解や不快感を与える失礼な表現となってしまいます。この記事では「ご検討の程よろしくお願い致します」の正しい意味や類義語、ビジネスにおいての使い方をご紹介します。

「ご検討の程宜しくお願い致します」の意味合いをしっかりと理解して、ビジネスシーンに活かすようにしましょう。

良く調べて考えてもらうようにお願いする

Photo byClker-Free-Vector-Images

「ご検討の程宜しくお願い致します」という言葉には相手に伝えた事柄について良く調べて考えてもらうようにお願いするという意味が込められています。「ご検討」は検討という言葉の丁寧語です。検討には「よく調べて考えること」「物事をよく調べてその良し悪しを考える」をという意味があります。

「検討する」と「考える」では少し意味合いが変わり、「検討する」のほうがより深く考えて吟味する意味になります。

Photo byRepublica

「~の程」という言葉には、「~してくれるよう」「~してもらうよう」という意味があります。相手にお願いしたいことを柔らかい表現で伝えたい時に使われることが多く、初対面の人や商談相手、上司等の目上の人に使います。似た表現で「~して下さい」という言葉があります。

こちらは「~の程」よりも相手に強制させる意味が少し強いのでビジネスシーンでは相手に不快感を与える可能性があります。頼み事をし辛い相手に極力失礼のないよう頼み事をする時は「~の程」と表現するのがベストです。

Photo by089photoshootings

「宜しくお願い致します。」は「お願いする」の謙譲語です。この言葉において「宜しく」のフレーズには意味が無く、「お願い致します」というフレーズに伝えたい気持ちのほとんどが詰まっています。「お願い」は「願い」の謙譲語表現で、「致します」には自ら率先して相手のために何かするという意味があります。

「ご検討の程宜しくお願い致します」の類義語

Photo bygeralt

「ご検討の程宜しくお願い致します」は「ご検討」「~の程」「宜しくお願い致します」の3つを組み合わせた言葉です。類義の言葉を使えば「ご検討の程宜しくお願い致します」以外の表現でも問題なく使うことが出来ます。

「ご検討の程宜しくお願い致します」には同じ意味合いを持つフレーズがいくつかあります。「ご検討」という言葉は似たようなニュアンスを持つ表現が多数あり、正しい意味を持つのであれば違うフレーズで代用しても大丈夫です。ここでは「ご検討の程宜しくお願い致します」の類義語をご紹介します。

①ご一考

Photo bygeralt

「ご一考」は「良く調べて考えてみること」を意味している「ご検討」の類義語です。「ご一考」という言葉を使う時は「ご一考の程宜しくお願い致します」となります。読み方は「ごいっこう」と読みます。「ご一考」という言葉は相手に良く調べて考えてもらいたいことを頼む時に使用します。

「ご一考いただければ幸いです」という言い回し方は丁寧で謙虚なニュアンスを持った言葉で、ビジネスシーンでよく使われる言葉です。

②お考え

Photo by Japanexperterna.se

「お考え」も「ご検討」と同義に言葉です。しかし「ご検討」よりも丁寧さという観点では少し劣ります。敬語という意味ではどちらも同じですが、ビジネスシーンや目上の人に使うのではなく親しい相手に使うのがおすすめです。使い方としては「お考えの程宜しくお願い致します。」となります。

似たニュアンスを持つ類義語に「ご意向」「思し召し」「みこころ」等がありますが、これらは相手にお願いや頼み事をする時には使えません。

③ご考慮

Photo byrawpixel

「ご考慮」も「ご検討」の類義語です。意味としては「考えとめぐらすこと、よく考えあらわすこと」になります。単に考えるという意味ではなく、物事を様々な要素を含んで考え合わせるという意味があるので「ご検討」と少しニュアンスが違います。「ご検討」と同じく相手によく考えてもらうことを丁寧な言い回しでお願いする時の言葉です。

「ご検討の程宜しくお願い致します」の使い方

次へ

関連するまとめ

人気の記事