奨学金の「学生生活の状況」の書き方は?コツや注意点・例文など解説

奨学金の「学生生活の状況」の書き方は?コツや注意点・例文など解説

この記事では奨学金を受けるための「学生生活の状況」の書き方のコツを紹介します。奨学金を受けるための文章を書くのは簡単ではありません。その学校に入学したいという気持ちと、偽りのない学生生活の状況と自分のを書くことがとても大切です。

記事の目次

  1. 1.奨学金の学生生活の状況の書き方を解説
  2. 2.奨学金の継続願「学生生活の状況」例文
  3. 3.奨学金の学生生活の状況を書くコツ
  4. 4.奨学金の「学生生活の状況」注意点
  5. 5.楽しかった思い出の中に奨学金の学生生活の状況のアピールポイントがある!
  6. 6.奨学金の「学生生活の状況」は今後に繋がる様に書こう!

奨学金の学生生活の状況の書き方を解説

Photo byFree-Photos

日本の大学生の2人に1人が奨学金を受けながら大学に通っています。大学に入学してからも、毎年、年度末に奨学金の更新を行わなければなりません。部活、ボランティア、勉強の状況等、学生生活の状況は、項目別に200文字で書きます。この記事では、奨学金の学生生活の状況を書くコツだけではなく、端的な書き方についてもご紹介します。

学生生活の状況に困っている人必見!

Photo byTeroVesalainen

奨学金の学生生活の状況を書くとなっても、漠然としすぎていますが、書くコツは、学生生活の中で達成できた活動、やりがいや目標を持ってやっていたこと、どのように奨学金が必要か、嘘偽りなくしっかり主張すべきとこを抜粋して端的に書くことです。この記事で紹介する奨学金の学生生活の状況のコツを読めば難しくはありません。

奨学金の継続願「学生生活の状況」例文

Photo bylil_foot_

奨学金の学生生活の状況を例文で順を追って説明していきたいと思います。奨学金を受けるということで、畏まった文章にしたくなりますが、一番大切なのは奨学金を受けてどのような勉強をしたいのかを、学生生活の状況を振り返り、主張したいことを端的に伝えることが大事です。ボランティア、部活や課外活動、勉強、全ての例文を紹介していきます。

①ボランティア活動で残した実績

Photo bykabaldesch0

ボランティアをしている学生は、「学生生活の状況」に自身の活動を書いて下さい。ボランティア活動をしていることは奨学金を受ける上で好印象になります。その活動が直接学生生活に関係なくとも、ボランティア活動の内容を具体的に書き、その活動によって得たことと、どう生かされているかも必ずまとめましょう。

例文にすると「ボランティア団体に所属し、街のゴミ拾いのボランティア活動をしていました。その活動で仲間と協力する大切さと、街を綺麗にすることで人々に喜んでもらえる街づくりができることを学びました」のようにボランティアで得たことも書きましょう。

ボランティア活動以外でも、実家の家業を手伝ったことがあれば、そちらを具体的に書くことで奨学金を受けるのに好印象を与えられます。

②部活やサークル活動の課外活動

Photo byRemazteredStudio

部活動、サークル活動等の課外活動に参加していれば、その内容を具体的に書きましょう。課外活動をしていることも奨学金を受けるのに好印象になりますし、大会などで活躍した実績があれば、その内容をまとめて書くべきです。その他、生徒会の活動や委員会に参加していれば、こちらも奨学金の学生生活の状況として記入すべき事項になります。

例文では「私はテニス部に所属し、放課後は毎日練習に勤しんでいました。勉強と両立する事は大変でしたが、継続する事の大切さとチームワークを学びました。仲間と協力することで技術が向上し、引退試合では好成績をの残し、継続が力となったと、自負しています」

学生生活で頑張っていたということを書く項目なので、学生生活の状況に記載できるような活動したいことを見つけ奨学金を受けるためにアピールをすることが効果的な書き方です。

③勉強について

Photo byWokandapix

給付奨学金継続願には、学生生活の状況以外に学修の状況という項目を書かなければなりません。こちらは授業に出席して、真面目に勉強していたことがわかれば、奨学金の学生生活の状況に記述は必要ありません。ただ、欠席日数等が少なかったり、上記に該当しない場合は200文字以内でその理由を説明しなければなりません。

つまり、真面目に学修に取り組んでいれば、特に奨学金の学生生活の状況に書く必要はないです。理由の書き方の例文はこれといったものはありませんが、朝起きるのが辛かった、学校に行きたくなかった等、奨学金を受けるのにマイナスなものはよくありません。

読み手が納得する理由を、周りの人(第三者の目線)に聞いてしっかりしたものを書きましょう。マイナス部分がある場合はプラスに変える前向きな文章を加えて書いてください。

奨学金の学生生活の状況を書くコツ

Photo by27707

奨学金の学生生活の状況を書くコツは、自分が熱心に頑張っていたこと、それによって得たこと、今後に生かしたいことをまとめて書きます。自分の実績を書くことも大事ですが、それによって自分がどう成長したのか第三者に伝わるように書くのが奨学金を受ける為に大切です。アピールしたいことは日頃から箇条書きにしてメモしておくこともおすすめです。

所属している事より何をしているのか

Photo byharishs

自分が頑張っている活動を書くことが基本ですが、ただ所属して頑張っていたことを書くのではなく、そこで仲間とどういう関係であったか等具体的な例が必要です。上記例文のように部活動のことを書くときは、大会で好成績を残すためにどのような練習をしたか、チームワークの大切さ、勉学との両立方法を書くと良いでしょう。

関連するまとめ

人気の記事