節度の意味と使い方まとめ!節度がある人の特徴や節度のある服装もチェック!

節度の意味と使い方まとめ!節度がある人の特徴や節度のある服装もチェック!

「節度がある」などと日常会話で耳にすることがありますが、「節度」とはどんな意味なのでしょうか。使い方や例文をまとめました。「節度」の類義語もご紹介します。また、節度がある人の特徴や節度がある服装も合わせてチェックしていきましょう。

記事の目次

  1. 1.「節度」の意味
  2. 2.「節度」の類義語
  3. 3.「節度」の使い方
  4. 4.「節度」の例文
  5. 5.節度がある人の特徴
  6. 6.節度ある服装の例
  7. 7.節度をわきまえるための注意点
  8. 8.「節度」は行き過ぎない適当な程度

「節度」の意味

Photo bymohamed_hassan

「節度がある」「節度をわきまえる」など、日常で「節度」という言葉を耳にすることがありますが、「節度」の意味を説明できる人はどのくらいいるのでしょうか。普段使っている言葉ですが、その意味を説明しなさいと言われたら難しいものです。では、「節度」の意味をみていきましょう。

行き過ぎない適当な程度

Photo bymohamed_hassan

「節度」とは、言動や行動、振る舞いなどが度を超さないで、適度であることです。「節度」の標準的な意味になります。その場に合った言葉遣いや行動、振る舞い方ができるているということです。私たちがこの社会で生活する上で、「節度」とはとても大切なことなのです。

「節度」の類義語

Photo byClker-Free-Vector-Images

「節度」という言葉の意味がわかったら、類義語もチェックしていきましょう。「節度」の類義語として5つご紹介します。意味が非常に似ており、場合によっては「節度」と同じようなニュアンスで使うこともできます。自分が言いたいことに応じて、「節度」と5つの類義語を使い分けてみましょう。

①中道

Photo bymrstanno11

「節度」の類義語の一つ目は、中道という言葉です。中道は「ちゅうどう」と読み、2つ意味を持ちます。ひとつは、物事の進行ななかほど、達成する途中という意味です。例文として、「志むなしく中道で倒れる」といった使い方をします。

もうひとつは、一方にかたよらないで穏やかであるという意味です。例文として、「中道を歩む」といった使い方をします。こちらは「節度」と同じようなニュアンスになります。

②頃合い

Photo byFree-Photos

「節度」の類義語の、頃合いは2つの意味を持ちます。ひとつは、ちょうど良い時期、適当な機会という意味です。例文として「頃合いを見計らう」といった使い方をします。こちらの意味はよく使われ、なじみの深い意味になります。

もうひとつは、ちょうど良い程度という意味で、「節度」が持つ意味と同じようなニュアンスになります。例文として、「頃合いの服が見つかった」などという使い方をします。

③中庸

Photo by3D_Maennchen

「節度」の類義語の中庸は日常であまり使わないので、馴染みのない言葉という人もいるでしょう。中庸は「ちゅうよう」と読み、かたよることなく常に変わらないこと、調和がとれていることという意味があります。例文として、「中庸を得た意見」という使い方をします。「節度」の類義語である、「中道」に近い意味になります。

④抑制

Photo by3D_Maennchen

抑制は、抑えとどめるという意味を持ちます。言い換えれば、行き過ぎないように抑えるということで、「節度」が持つ、「行き過ぎない程度」という意味と似たようなニュアンスになります。例文として「インフレを抑制する」、「食欲を抑制する」という使い方をします。

⑤規制

Photo byar130405

規制とは、規則によって物事を制限することという意味を持ちます。「節度」とは関係ない言葉のようですが「節度」の類義語になります。規制の意味を言い換えれば、行き過ぎないようにするということです。「節度」が持つ、行きすぎない程度と同じようなニュアンスになります。例文として、「集団行動を規制する」といった使い方をします。

「節度」の使い方

Photo byWorld-fly

「節度」の意味や類義語がわかったところで、次は「節度」の使い方についてご紹介します。「節度」という言葉は、決まった言葉と結び付けて使用することが多いです。「節度」の使い方について詳しく解説していきますので、正しく使い方を理解して「節度」という言葉を使っていきましょう。

決まった言葉と結び付けて使用

次へ

関連するまとめ

人気の記事