「係」「御中」の違いは?メールや封筒の宛名の書き方を詳しく紹介!

「係」「御中」の違いは?メールや封筒の宛名の書き方を詳しく紹介!

ビジネス関連の相手に書類やメールを送る時に、「様」を使うか「係」を使うか「御中」を使うかで迷うという人もいます。ビジネス関連の相手などに対して書類やメールを送る時に「係」「御中」をどう使い分けるか、封筒などの宛名の書き方についてご紹介しましょう。

記事の目次

  1. 1.係・御中の違いとは
  2. 2.係の意味と使い方
  3. 3.御中の意味と使い方
  4. 4.御中の読み方
  5. 5.係・御中・様の違い
  6. 6.係・御中のメールでの使い方
  7. 7.係・御中は宛名の規模によって使い分ける

係・御中の違いとは

Photo byFree-Photos

会社や学校に履歴書や願書などの書類を送る時に、宛名に「様」をつければ良いのか「係」をつければ良いのか「御中」をつければ良いのかがわからず、悩んでしまうという人も少なくないでしょう。中学校や高校などではこのようなことを習わなかったため、大人になっても使い分けが出来ないという人もいます。

「様」をつけるのではないとわかっても、「係」なのか「御中」なのかわからないという人もいますので、まず「係」と「御中」の違いについてご紹介しましょう。

係は部署の一つに対して使う

Photo byStartupStockPhotos

それではまず「係」はどのような場合に使うのかについてご紹介します。「係」を宛名に使うのは、宛名が部署の一つである場合です。部署名や一つの集まりが宛名である場合に「係」を使いますが、一つの集まりと言っても会社全体に対して「係」は使いません。「係」を宛名につける場合は、会社の中の部署の一つに対して使います。

「係」は部署名や一つの集まりに対して使うので、宛名が会社の中の個人である場合には使いません。

御中は会社名・団体名・部署名に対して使う

Photo byFree-Photos

「係」は部署の一つに対して使いますが、「御中」は少し違います。「係」はその会社の中の一つの部署がわかっていてその部署に対して贈る時に使いますが、「御中」は会社がわかっていてもその中のどの部署に送るのかが分からない場合に使います。言い換えれば、その会社のどの人に読んでもらっても構わないという場合に「御中」を使うと言えます。

宛名が個人名ではなく、細かい部署までわからない場合には「御中」を使えば問題ありませんが、部署がわかっている時に「係」と「御中」を併用することもできます。「A社B係」に「御中」をつけるといった書き方がよく使われます。

係の意味と使い方

Photo byFree-Photos

「係」と「御中」の違いをご説明しましたが、次は具体的に「係」の意味と使い方についてご紹介します。先に「係」は部署の一つが宛名である場合に使うとご紹介しましたが、「部署の一つ」と言われても漠然としていて良くわからないという人もいるでしょう。「係」はどのような場合に使うのか、その意味や書き方などをご紹介しましょう。

係は専門的に担当する部署・担当者などの意味

Photo byFirmBee

「係」は、専門的に担当する部署や担当者などを意味していますが、担当者と言っても個人ではありません。担当する人の個人名までわかったら「様」をつけなければなりません。具体例を挙げると、履歴書を会社に送る場合には「採用担当」という部署に送りますが、「採用担当」の担当者名がない場合担当者は一人ではない可能性があります。

部署名がわかっても担当者名が明らかにされていないといった時には「係」を使います。大学などにも「願書受付係」という「係」がありますし、雑誌のプレゼントなどに応募する時には「プレゼント係」というものがあり、いずれも専門的に担当する部署になります。

「係」は会社や学校などにおいて何かを専門的に担当する部署や、複数の担当者を意味しているということを覚えておきましょう。

係の書き方

Photo byFotownetrza

「係」の意味についてご紹介しましたので、次は「係」の書き方についてご紹介します。封筒やハガキなどに「係」を書く場合にはいくつかの注意点があります。自分自身が手書きで封筒に「係」を書く場合にも注意点がありますが、結婚式の招待状などについてくる返信用ハガキにも注意すべき点があります。

「係」の書き方を知らないと社会人としての一般常識を疑われる場合もあります。それでは「係」の書き方についてご紹介しましょう。

就職活動の応募書類

Photo byFotownetrza

「係」の書き方の一つ目は、就職活動の応募書類を送る場合の書き方です。学校を卒業して就職したい会社が決まったら履歴書などの応募書類を会社に送りますが、その際には「採用担当係」という部署に送付するように指示されている場合が多いです。このような場合には封筒に「採用担当係」と書いて「御中」をつけると良いでしょう。

採用担当の個人名がわかっている場合は「係」ではなく、個人名に「様」をつけます。この場合は「採用御担当A様」という書き方になりますので、気をつけましょう。

招待状の返信ハガキ

Photo byPezibear

次へ

関連するまとめ

人気の記事