分社化をする理由とは?メリットとデメリットを分かりやすく解説!

分社化をする理由とは?メリットとデメリットを分かりやすく解説!

企業が分社化をすることにメリットとデメリットがあります。会社として分社化を進めていく理由はさまざまな節税でもあります。大企業を分社化することもありますが、中小企業の分社化も珍しくありません。企業の分社化は節税対策に効果的です。

記事の目次

  1. 1.分社化とは
  2. 2.分社化をする理由
  3. 3.分社化のメリット
  4. 4.分社化のデメリット
  5. 5.分社化する方法
  6. 6.分社化した際の社員へのメリット
  7. 7.分社化は節税対策に効果的!

分社化とは

Photo by KFDL

分社化を初めて単語として聞いた人もいるでしょう。分社化に今働いている企業はならないという保証はありません。分社化になっても何も変わらないとも限りません。

企業が税金対策のために分社化することが珍しい時代ではなくなりました。企業で働く上で知らなかったで済まないためにどのようなメリットやデメリットがあるのか、覚えておきましょう。働いている企業が分社化したとして社員にどんな影響があるのかを知りましょう。

分社化は、事業または地域などの単位を会社本体から部門などを切り分け、独立した子会社として新しく会社を設立することを言います。分社化の目的としてコスト削減や事業分野の拡大または強化があります。または、競合する部門間に対する予算の配分や賃金体系などの社内調整の手間を減らし経営の迅速化を計る目的もあります。

独立子会社として新たな会社を設立

Photo by hiroooooki

企業が分社化を行い、独立子会社として新たな会社を設立をすることで、経営判断の迅速化と徹底した効率化を追求する目的があります。大企業も中小企業も、分社化することで経営効率を上げようとしている企業は後を絶ちません。分社化にはメリットもデメリットもあります。分社化の理由は、節税対策に効果的なことです。分社化の方法はさまざまです。

分社化をする理由

Photo by sayo-ts

例えば分社化した新しい会社を改善する方法として、社員を新しく社長に就任させれば経験を積ませることもできます。業務効率が上がり、会社の利益にもつながるでしょう。

軽減税率を活用する方法として、新しい会社の所得の金額が800万円以下であれば、法人税率が低くなることも利用できます。また、2年間は免税され、交際費も非課税にできます。会社の所得が多くなったときの選択肢として分社化することで節税対策になります。

会社が分社化をする理由として、「事業承継」「新設分割や吸収分割」「税金対策」などが挙げられます。このように分社化することによって社内整理や会社再生もできます。他には、会社が大きくなったときのリスク分散の方法のために分社化することもできます。会社を分社化すれば資産管理もよりしやすくなります。

事業承継

Photo by Sekikos

分社化する理由のひとつに事業承継があります。後継者が会社ごと承継するのが一般的です。そのとき、継承しやすい状態を作ります。継承前の会社に借金がある場合、高い株を持っていて後継者が購入できない時などに分社化することで解決できる可能性もあります。分社化はひとつの選択肢です。デメリットもあり、機能させるには仕組みを知りましょう。

分社化する理由に事業継承があります。会社の業績が芳しくなく、借入金があるときに継承しやすい状態を作るために分社化を選ぶ企業も珍しくありません。継承することは、社員か、社長の身内か、他の経営者かを分社に招き、本社へは業績で決めることもあります。

また分社化する理由の事業継承では、事業内容や権利の一部を承継することができます。分社化の特徴を生かし経営問題を解決していきましょう。

新設分割や吸収分割

Photo by bizmac

分社化するときに多い理由があります。業務内容を整理するための方法に新設分割や吸収分割があります。1企業だけでは処理しきれない時に新設分割をして効率よく業務を行っていきます。また、会社を再生させたい時の方法として、吸収分割も選択肢としてあります。経営問題を分社化をうまく活用することで解決していくことができます。

節税対策

Photo by Tina.Ivano

ひとえに節税対策といえども、珍しいことをするわけではありません。法的に決まった条件で節税対策ができます。所得状況に決まった法律があり、利用して節税対策していきます。

分社化することで節税対策になります。節税の方法は、消費税、法人税などの税金を納付する義務があるかどうかです。所得金額により、税金の金額が変わります。納税は国民、企業の義務です。避けては通れません。しかし、税金を軽減する方法はあります。

会社が分社化すると様々な方法で節税対策が可能になります。例をあげると分社した会社へ事業の一部を振り分けた際に課税売上が1,000万円未満の時、消費税の支払いが不要になり年間で80万円の節税が可能になります。法人税も所得に応じて変わり、2年間非課税になることもあります。会社の所得と経営状態に応じて分社化する方法があります。

税金の種類を一覧でわかりやすく解説!仕組みや税率などを知って節税対策! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
私達は暮らしの中で、様々な種類の税金を支払っています。ですが、払ってはいるけれども税金の種類や仕組み、税率を全て把握している方は、少ないかもしれません。そこで今回は、私達が日々支払っている税金の種類や仕組み、税率を分かりやすくご紹介致します。

分社化のメリット

Photo by 持続可能な地域交通を考える会 (SLTc)

分社化するメリットは、「経営スピードがあがる、さまざまな節税対策、後継者問題の解決策となる」などのメリットが挙げられます。分社化することで売り上げの良い事業だけを残し整理することもできます。この方法のメリットとして、倒産リスクを軽減し社内整理がしやすくなります。分社化すれば事業内容や目的がよりわかりやすくなります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事