勝手ながらの意味・敬語表現の使い方!ビジネスで役に立つ類語や例文は?

勝手ながらの意味・敬語表現の使い方!ビジネスで役に立つ類語や例文は?

ビジネスシーンでよく使われる「勝手ながら」という言葉。この「勝手ながら」という言葉の意味や使い方を正しく理解できているでしょうか。ビジネスで役に立つ「勝手ながら」の言葉の意味や使い方を、例文も交えてわかりやすく解説していきます。

記事の目次

  1. 1.「勝手ながら」の意味
  2. 2.「勝手ながら」はクッション言葉
  3. 3.「勝手ながら」の類語
  4. 4.「勝手ながら」の敬語表現の使い方
  5. 5.「勝手ながら」のビジネスで使える例文
  6. 6.ビジネスで「勝手ながら」を使う際の注意点
  7. 7.「勝手ながら」の英語表現
  8. 8.「勝手ながら」は相談や承認無く決定・実行すること

「勝手ながら」の意味

Photo by Bill Selak

「勝手ながら」という言葉は、相談や承認の無いまま決定、実行する事を表す言葉です。また、何かを依頼や相談する時に、自分の都合を優先したことに対するお詫びの言葉としても、「勝手ながら」という言葉は頻繁に使われます。

よく耳にする「勝手ながら」は、ビジネスシーンで特に重要とされる、「クッション言葉」です。使い方をよく理解できると、丁寧な文章を作れるようになります。

相談や承認無く決定・実行すること

Photo by prakash_ut

相談や承認の無いまま決定、実行する事を表す「勝手ながら」という言葉。この「勝手ながら」という言葉は、先ほども述べたように、よく使われている「クッション言葉」です。

そもそも「クッション言葉」とは、相手に何かを依頼したり、断ったり、異論を唱える時に、その言葉の前に添える言葉のことです。相手とのやりとりの中で、コミュニケーションをスムーズにするために使われる言葉が「クッション言葉」です。

「勝手ながら」はクッション言葉

先ほども述べましたが、「クッション言葉」とは、相手に何かを依頼したり、断ったり、異論を唱える時に、その言葉の前に添える言葉のことで、無意識に使用している方も多い言葉です。例えば人に何かを尋ねたりする時に、「すみません」という言葉を使ったり、実は頻繁に使用されている言葉が「クッション言葉」です。

クッション言葉の使い方

ビジネスシーンにおいて、クッション言葉は不可欠なものです。へりくだって使う敬語と、依頼などを失礼のない印象にする時など、無意識に敬語と共に使用されています。クッション言葉を使用すると、直接言いにくい場合や、失礼にあたる言葉を失礼にならず良い印象で伝えることができる、大変便利な言葉です。

よく使うクッション言葉

「勝手ながら」という言葉は、クッション言葉の中でもビジネスでよく使う代表的なクッション言葉ですが、他にもたくさんのクッション言葉があります。

特にビジネスシーンで敬語と共によく使用されるクッション言葉は、「恐れ入りますが」「申し訳ございませんが」「差し支えなければ」「申し上げにくいのですが」「お手数をおかけしますが」「失礼ですが」などです。他にもたくさん種類があり、類語の欄で紹介するものもありますが、上記が特にビジネスシーンにおいて頻繁に使用される言葉です。

尋ねる時に使うクッション言葉

例文として「差し支えなければ」は、「差し支えなければ、お話を聞かせていただけませんか」。「失礼ですが」は、「失礼ですが、お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。」。「よろしければ」は、「もしよろしければ、内容を確認させていただいてもよろしいですか。」などと使うことができます。

依頼する時に使うクッション言葉

例文として、「恐縮ですが」は、「恐縮ですが、ご連絡いただけますでしょうか」。「お手数をおかけしますが」は、「お手数をおかけしますが、ご確認いただけますか」。「恐れ入りますが」は、「恐れ入りますが、もう一度お聞きしてもよろしいでしょうか」などと使うことができます。

断る時に使うクッション言葉

例文として「せっかくですが」は、「せっかくですが、今回は辞退させていただきます」。「申し訳ございませんが」は、「申し訳ございませんが、お取り扱いしておりません」。「あいにくですが」は、「あいにくですが、その日は会社を出ております」などと使うことができます。

ちなみにこの「あいにくですが」は、こちらの都合の場合には使うことができない言葉ですので、使用する際には注意が必要です。

異論を唱える時に使うクッション言葉

関連するまとめ

人気の記事