「お疲れ様」と「ご苦労様」はどう違う?違いや目上への正しい使い方を解説!

「お疲れ様」と「ご苦労様」はどう違う?違いや目上への正しい使い方を解説!

「お疲れ様」と「ご苦労様」という言葉。「お疲れ様」と「ご苦労様」にはどんな違いがあるのでしょうか。意味も違う言葉なのでしょうか。「お疲れ様」と「ご苦労様」という言葉のビジネスシーンでの適切な使い方、特に間違えることができない目上の人への使い方などを説明します。

記事の目次

  1. 1.「お疲れ様」と「ご苦労様」の意味の違い
  2. 2.「お疲れ様」の使い方
  3. 3.「ご苦労様」の使い方
  4. 4.「ご苦労様」と「お疲れ様」のビジネス例文
  5. 5.お疲れ様とご苦労様の違いを知って正しく使おう!

「お疲れ様」と「ご苦労様」の意味の違い

Photo byFree-Photos

「お疲れ様」と「ご苦労様」という言葉。とてもよく似ている言葉ですが、意味や使われ方がまったく違います。また、間違った使い方をすると非常に失礼な言葉にもなりかねません。「お疲れ様」と「ご苦労様」という言葉。この二つの言葉にはどのような意味の違いがあり、使い方の違いがあるのでしょうか。詳しく紹介します。

お疲れ様の意味

Photo by089photoshootings

「お疲れ様」という言葉。ビジネスシーンではよく聞かれる言葉です。挨拶がわりに「お疲れ様です」など同僚や上司に使う場面も多いもの。しかし実は注意が必要な言葉でもあります。

「お疲れ様」には意味があり、ひとつは一緒に作業や労働した人をねぎらうという意味がありますが、もうひとつ自分に対する作業や労働をねぎらうという意味もあるのです。そのため、年配の今の50代や60代、あるいは40代の人でも「お疲れ様です」という言葉を気持ちよく思えない人もいます。

ですから、職場の人間同士のやり取りをよく観察して、どんな挨拶のやりとりをしているかを見聞きしてミスのないようにすることが大切です。ただ一般的にはよく使われている言葉です。

ご苦労様の意味

Photo byrawpixel

では「ご苦労様」はどんな意味を持つのでしょうか。「ご苦労様」は明らかに立場が上の人間が使う言葉になります。意味は自分にたいして直接、あるいは間接的に利益をもたらしてくれた労(作業や労働)に対してのねぎらいの言葉になるためです。あくまでも関係性は上下であり、「ご苦労様」という人が上に立ち、下の人間の労をねぎらう言葉なのです。

ですから、ついつい上司に「遠い出張、ご苦労様でした」などと言ってはならないのです。自分が出張をして上司に「ご苦労様」と言われたり、目上の人から「ご苦労様」とメールをもらう場面はいいのですが、部下である自分が上司や目上の者に使うことはないのです。

「お疲れ様」の使い方

Photo byFree-Photos

「お疲れ様」という言葉。ビジネスシーンでは部下から上司に使う言葉と言われています。しかし注意しないと気持ちよく思わない上司もいます。その理由は「お疲れ様」という言葉の使われ方から分かります。「お疲れ様」にはどの様な使われ方をするのでしょうか。なぜ上司など目上の人に使うときは注意しなくてはならないのでしょうか。

①他人から受けた労働・作業を労う

Photo byGingerQuip

「お疲れ様」という言葉には他人からうけた労働や作業をねぎらう、という意味があります。そうなるとニュアンス的には立場が上の者が立場が下の者に使う、という意味をもっていることになります。そのため目上の人が気分を害することがあるのです。

「お疲れ様」を使う時は「です」を使うことで丁寧さが増し、ビジネスシーンでは「お疲れ様です」という使い方になっているのです。ですから同僚など対等な立場の人に「お疲れ様です」と声をかけることがありますが、「お疲れ様」と声をかける相手は本当に気が知れた同僚などだけなのです。ビジネスシーンでは少し注意が必要な言葉です。

②共同で労働・作業をしたものが互いを労う

Photo byrawpixel

「お疲れ様」の言葉の意味はもうひとつあります。それは「協同で作業、労働した者が互いをねぎらう」という意味です。一緒に何かに取り組んだ仲間に「お疲れ様!」と声をかけあいねぎらいあう、という使い方をされます。

しかし、実際には本当に気のおけない同期の仲間などであれば使う言葉です。通常は「お疲れ様です」と「です」を付け加えることが一般的でビジネスシーンで失敗がありません。「お疲れ様!」がよいか「お疲れ様です!」がよいかの選択は職場での関係性を考えた上で選ぶことになります。

③相手によっては気分を害される言葉なので注意

Photo bymartakoton

「お疲れ様」という言葉、先に説明したようにニュアンス的には立場が上の者が下の者に使う、または一緒に仕事に取り組んできた仲間に対して互いが労をねぎらう時に使うという意味がありました。ですから上司や目上の人には「お疲れ様です」という言葉では気分を害する人がいます。

心配な上司や目上の人には「お疲れ様です」と伝えるよりも場に応じた言葉で「ありがとうございました」など感謝の言葉を伝えることを選択した方が無難な時があります。

心配なとき、自信のない時は職場での先輩や他の人たちのやり取りを観察して「お疲れ様です」を使っているか否かをチェックしてから「お疲れ様です」と目上の人、上司に使うと安心です。

④目上の人には「お疲れ様」は絶対言わない

Photo by13smok

次へ

関連するまとめ

人気の記事