私立高校の学費の平均は?補助の受け方・無償化や払えない場合の対処法を紹介!

私立高校の学費の平均は?補助の受け方・無償化や払えない場合の対処法を紹介!

私立高校の学費の平均は年間100万円と言われています。今後、私立高校の学費の無償化も検討されているようですが、高額なので、払えない場合もあるかもしれません。そこでこの記事では、私立高校の学費を軽減するための補助の受け方や払えない場合の対処法を紹介しています。

記事の目次

  1. 1.私立高校の学費を知っておこう!
  2. 2.私立高校の学費の平均とは?
  3. 3.私立高校の学費の補助の受け方とは?
  4. 4.今後私立高校の学費の無償化も?
  5. 5.私立高校の学費が払えない場合の対処法とは?
  6. 6.母子家庭で生活に苦しく払えないという人も多い
  7. 7.学費を考慮しても、どうしても私立高校に進学したい場合は?
  8. 8.私立高校の学費を払えない場合は奨学給付金も視野に入れよう!

私立高校の学費を知っておこう!

Photo bynattanan23

公立高校が第一志望で私立高校が併願校の場合、公立高校よりも学費が高いことなどはなんとなく想像はつくかもしれません。しかし、実際に私立高校に進学することになった場合いくらくらいかかるのか、また授業料以外に必要なお金や国の支援金の制度など、入学して慌てないように正しく理解しておきましょう。

近年は私立高校でも授業料の無償化が提案されてきました。そしていよいよ、来年2020年から私立高校の学費も無償化が行われることが決まりました。そのことについてもご紹介していきます。

また、万が一、母子家庭になるや事業で失敗したなど家計の事情で私立高校の学費が払えない場合の対処法、補助の受け方についても説明していますので参考にしてください。

私立高校の学費について詳しくご紹介!

Photo by is_kyoto_jp

私立高校の学費にはどのようなものが含まれるのでしょうか?私立高校の学費には、授業料の他にも修学旅行・遠足費、学校納付金、図書・学用品費、教科外活動費、通学関係費などがかかります。

学校によっては寄付金や同窓会費などもあります。また体験・地域活動費、芸術文化費、スポーツレクリエーション費、クラブ活動費なども実費の負担がかかることもあります。

また、入学案内などには記載されていない「寄付金」の存在も忘れてはなりません。ほとんどの私立高校でこの寄付金の納付がある場合があり、授業料以外に大きな出費になることもあります。

私立高校の学費の平均とは?

Photo by marumeganechan

さて、私立高校の平均学費はいくらくらいかご存知ですか?私立高校に入学する前にも、受験料や入学金の存在を忘れてはなりません。私立高校専願の場合も併願の場合も必ずかかるのは「受験料」で平均で2万2417円です。また公立高校が第一志望だとしても押さえのために入学金を納入しなければなりません。

東京都生活文化局の調査によると、この入学金の平均が25万26円です。また、入学金以外にも制服や定期券の購入などが掛かります。ここからは、さらに入学後の高校1年生から高校3年生までに、どのくらいの学費がかかるのかみていきましょう。

私立高校の平均学費は「104万円」

私立高校で1年間で平均してかかる学費の平均は授業料、修学旅行費、学校納付金、図書資料費、教科外活動費、通学関係費の学校教育費で75万5101円、家庭教師・塾代、体験・芸術活動費などの学校外活動費で28万5067円の合計約104万と言われています。具体的にどの学年でどのくらいの学費が必要なのでしょうか。

入学年度は学費が掛かる!

Photo by Cooperweb

入学年度は、入学金や学納金、制服の購入などが必要なので学費が他の学年に比べて多くかかります。これに加えて、子供によっては「自転車」「バスや電車の定期代」が必要になります。

さらに、入学後すぐに「PTA会費」や「授業料」等の支払い、部活に入るなら「部活用具」の購入が必要です。そこまで考えておくと、入学~入学後1ヵ月以内に「20~30万」くらいは必要ということになります。

私立高校の3年間の平均学費を見てみよう!

Photo bymozlase__

私立高校3年間でかかるトータルの学費は、およそ300万にものぼるとも言われています。文部科学省「子供の学習費調査2016年度」のデータをもとに、どの学年でどのくらいのお金が必要なのかをもう少し詳しく見ていこうと思います。2014年の調査に比べて少し金額が上がっているのは、2014年から修学支援金に所得制限が設けられたためです。

また、寄付金は受験案内には書いてありませんがだいたいの私学では寄付金の支払いが当然のような雰囲気の学校もあります。だいたい1口5~10万円で最低2口など条件の厳しい学校もあるようです。学校説明会で初めて耳にして驚くことも少なくありません。

高校1年では平均「127万円」

Photo bystevepb

高校1年生の学費の平均は、授業料、修学旅行費、学校納付金、図書資料費、教科外活動費、通学関係費学校外活動費の学校教育費103万円と家庭教師・塾代、体験・芸術活動費などの学校外活動費24万円の合計127万円となっています。このほかにも、制服代や入学準備などにもお金がかかることが予想されます。

高校2年では平均「97万円」

Photo bygeralt

次へ

関連するまとめ

人気の記事