オイル交換の所要時間や料金は?走行距離などの時期やメリットも解説!

オイル交換の所要時間や料金は?走行距離などの時期やメリットも解説!

車のエンジンの寿命を長くすることと、燃費を良くするには、エンジンオイルの交換が大事です。オイルを交換する走行距離・時期・時間の目安とはどのくらいなのでしょうか。また、オイルの交換の費用はいくら?時間は?などオイル交換について解説します。

記事の目次

  1. 1.オイル交換のメリットとは?
  2. 2.オイル交換の所要時間
  3. 3.オイル交換にかかる料金
  4. 4.オイル交換の目安となる走行距離・時期
  5. 5.エンジンオイルの種類
  6. 6.オイル交換の頻度が少ない車
  7. 7.オイル交換のサインは表示される?
  8. 8.オイル交換の所要時間は数十分!料金は2000円から!

オイル交換のメリットとは?

Photo bySkica911

皆さんは、車のエンジンのオイル交換は、どんな時期に、また、どのくらいの走行距離・時期・時間を目安として交換していますか。実は、エンジンのオイルの交換には、エンジンを長持ちさせること以外にも、燃費の向上などさまざまなメリットがあります。そのため、オイルの交換の走行距離・時期・時間などの目安をしっかり理解しておく必要があります。

エンジンのオイルを交換するメリットや、オイルの交換にかかる時間・費用、また、オイルの交換をする目安となる走行距離・時期・時間などを解説していきますが、その前に、エンジンのオイルには、どんな役割があるのかを説明します。

オイルの役割

Photo by Sean MacEntee

エンジン内部は、シリンダー・ピストン・点火プラグなど金属の部品で構成されています。エンジンのオイルには、エンジン内部にある金属の部品の冷却・潤滑・清浄・気密保持・防錆防食の役割があります。車が走っている状態の時には、点火プラグの燃焼によりエンジン内部は高熱になります。その熱をオイルが吸収して外に逃がす冷却の役割があります。

また、シリンダー・ピストンなど金属の部品が錆びないようにする防錆防食やシリンダー・ピストンの隙間から爆発ガスを逃がさない気密保持の役割があります。

もし、エンジンのオイルが無い状態なら、シリンダー・ピストンの摩擦抵抗が上がり、動きがスムーズに出来ないことになります。シリンダー・ピストン動きを良くするための潤滑とエンジンのパワーを落とさない気密保持、エンジン内部にできるスラッジやカーボンを清浄する役割がオイルにはあります。

メリット①車が老化しにくくなる

Photo by Scott.Symonds

エンジンのオイルの役割がわかったところで、オイルの交換のメリットについて説明します。エンジンのオイルは、年数や使用頻度により、粘度が落ちるなど、本来オイルが持っている冷却・潤滑・気密保持・清浄・防錆防食といった効果が薄れてきます。

オイルの交換により、冷却・潤滑・気密保持・清浄・防錆防食の薄れた効果を回復することができます。オイルの効果が薄れた状態で使い続けると、吸気・圧縮・燃焼・排気といった動きがスムーズにできなくなります。

そのことは、エンジンに負担がかかることになり、結果的にエンジンの老化を招き、敷いては、車が老化していくことになります。オイルの交換には、車が老化しにくくなるメリットがあるのです。また、総合的にみれば燃費の向上にも役に立っています。

メリット②燃費の悪化・加速の低下を防ぐ

Photo by Marcin Wichary

オイルの交換は、冷却・潤滑・気密保持・清浄・防錆防食の薄れた効果を回復することができます。そのことは、吸気・圧縮・燃焼・排気といった動きにロスがなく、スムーズな動きができていることになり、結果として加速の低下を防ぐことができます。

また、動きにロスがなく、スムーズな動きができていることは、効率的にエンジンが動いている状態です。効率的にエンジンが動くことは、多くのガソリンを消費することなく、エンジンを動かせるため燃費がよくなり、燃費にかかる費用を抑えることができます。

オイル交換の所要時間

オイルの交換は、ディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドなどでやって貰えます。オイルの交換は、交換する軽自動車・SUV・ミニバン・ワゴン ・セダン・コンパクト・ステーションワゴンなどの車種とエンジンが搭載されている位置、オイルの使用量、オイルの交換と同時にオイルエレメントの交換するなどの作業の内容により時間に違いがあります。

しかし、オイルの交換にかかる時間は、待っている時間を除けば、早ければ15分ほどの時間で交換が終わります。遅くても約20分の時間で交換することが可能です。

約30分の時間が必要

Photo by stevepaustin

オイルの交換にかかる時間は、一般的には約20分の時間で交換することができます。しかし、エンジンが座席の下にあるなど、作業がしずらく、時間がかかる車種や、オイルの交換する量やオイルの交換と同時にオイルエレメントを交換する場合は、約30分の時間が必要な時もあります。

予約が必要な店舗と時間帯がある

Photo byFalkenpost

ガソリンスタンドでのオイルの交換は、予約などしないで、ガソリンを入れる機会を利用して交換して貰える店がほとんどです。しかし、ディーラーやイエローハット・オートバックスなどのカー用品店の場合は、予約が必要な店舗と時間帯がありますので注意が必要です。

イエローハットでオイルの交換を考えている人は、電話1本で簡単に予約できます。また、24時間ネットでも予約することが可能ですので活用しましょう。オートバックスでのオイルの交換の予約は、インターネット・電話で可能です。それに加えて、オートバックス会員になると、オイルの交換にかかる工賃が何回でも無料といった特典があります。

専門店や混雑する時間帯は予約が必要

次へ

関連するまとめ

人気の記事