「脱帽」の意味まとめ!使い方・例文や感服・敬服との違いもチェック!

「脱帽」の意味まとめ!使い方・例文や感服・敬服との違いもチェック!

「脱帽」という言葉を耳にすることや目にすることがありますが、「脱帽」とはどういう意味なのでしょうか。「脱帽」の意味や使い方や例文や「感服」や「敬服」との違い、「脱帽」は目上の人に対して使っても良いかなど、「脱帽」についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.日本語には似た意味の言葉がたくさんある!
  2. 2.「脱帽」の意味
  3. 3.「感服・脱帽・敬服」の意味の違い
  4. 4.目上の人に「脱帽」を使うのはマナー違反?
  5. 5.「脱帽」を目上の人へ使う場合
  6. 6.「脱帽」とは相手に対して敬意を示すことを意味する

日本語には似た意味の言葉がたくさんある!

Photo by089photoshootings

日本語は昔からとても複雑で繊細で、現代を生きる日本人であっても日本語を完璧に使いこなせている人は少ないと言われています。日本語には似た意味の言葉がたくさんあり、そういった点でも日本語を使いこなすのは難しいと言えます。インタビューなどで時折耳にする「脱帽」という言葉にも、似た意味の言葉がいくつもあります。

野球の中継の開設者などが「彼の踏ん張りには脱帽しますね」などと言うのを耳にすることがありますが、実際に自分自身が「脱帽」などという言葉を日常生活の中で良く使うという人は少ないでしょう。

また「脱帽」だけでなく「脱帽」と似た意味を持つ言葉のことも良く知らない人が多いです。「脱帽」と似た意味を持つ言葉にはどのような言葉があるのかご紹介しましょう。

「脱帽」「感服」「敬服」「感心」は使い分けが難しい

Photo byFree-Photos

「脱帽」と似た意味を持つ言葉には他に「感服」「敬服」「感心」などがありますが、実はこれらは使い分けが難しい言葉です。「脱帽」「感服」「敬服」「感心」は似た意味を持っていますが、実はそのニュアンスが微妙に違っていますので、目上の相手に対して使うものと、目上の相手に対して使ってはいけないものとがあります。

これらの言葉は、ちゃんとした意味を理解せずにうっかり使ってしまうと、大変失礼に当たる場合もあります。「脱帽」や「感服」や「敬服」などの意味をしっかり理解し、相手によって使い分けることが大切です。

「脱帽」「感服」「敬服」などの言葉の意味を理解することは、ビジネスなどにも役立ちますので、是非「脱帽」「感服」「敬服」などを使い分けられるようになりましょう。

「脱帽」の意味

Photo byStartupStockPhotos

それではまず、「脱帽」という言葉の意味についてご紹介します。先に「脱帽」「感服」「敬服」といった、似た意味を持つ言葉を挙げましたが、これらの言葉は似た意味を持っていても微妙に違います。「脱帽」は「感服」や「敬服」とはかなり違ったイメージの言葉です。

「脱帽」も「感服」も「敬服」も同じような意味だと勘違いして、あれもこれも適当に使うという人もいますが、それは大きな間違いです。「脱帽」と「感服」と「敬服」はそれぞれ意味が違うので、ごっちゃにしてはいけません。

「脱帽」と「感服」と「敬服」は表面的な意味は似ていても、深い意味で言うと似ていないということです。それではまず、「脱帽」の意味についてご紹介しましょう。

意味①敬意を表すこと

Photo byFree-Photos

「脱帽」の意味の一つ目は、「敬意を表すこと」という意味です。「脱帽」というのは昔「シャッポを脱ぐ」とも言われていました。「シャッポ」というのは帽子のことです。つまり「脱帽」というのは「帽子を脱ぐ」という意味ですが、「相手に敬意を表すために帽子を脱ぐ」「帽子を脱いで敬意を表す」ということになります。

欧米において、帽子を脱ぐことは相手に敬意を表す挨拶のようなものですが、「脱帽」という言葉はこれが語源だと言われています。欧米の「帽子を脱ぐ挨拶」が「帽子を脱ぐ」になり「脱帽」に行きついたということです。

相手の能力などを素晴らしいと認め、敬意を表す時に「脱帽」という言葉を使うということを覚えておきましょう。

意味②降参の気持ちを表すこと

Photo byFree-Photos

「脱帽」の意味の二つ目は、「降参の気持ちを表すこと」という意味です。相手に対して「これはかなわない」「参った」といった気持ちになった時に「脱帽」という言葉を使うことができます。「参りました。私の負けです」という気持ちを表す時に「脱帽」という言葉を使って、その気持ちを伝えます。

こちらの意味であっても、根底には一つ目の意味「敬意を表す」がありますので、「脱帽」の意味は「敬意を表しながら降参の気持ちを表す」という意味だとも言えます。

「感服・脱帽・敬服」の意味の違い

Photo byhamonazaryan1

「脱帽」の意味は「敬意を表すこと」「降参の気持ちを表すこと」という意味だとご紹介しましたので、次は「脱帽」と「感服」「敬服」の意味の違いについてご紹介します。「脱帽」の意味は「敬意を表すこと」「降参の気持ちを表すこと」ですが、「感服」と「敬服」の意味はそれぞれ違います。

「感服」の意味は「深く感動して敬意を表すこと」で「敬服」の意味は「深く感動して相手に心から尊敬の念を抱くこと」という意味です。これらの意味の違いから、「脱帽」は「感服」や「敬服」とはニュアンスに違いがあるということになります。

「感服・脱帽・敬服」の使い方・例文

Photo byFree-Photos

次へ

関連するまとめ

人気の記事