奨学金の一括返済・繰り上げ返済を解説!メリットやデメリットも徹底調査

奨学金の一括返済・繰り上げ返済を解説!メリットやデメリットも徹底調査

この記事では、奨学金の一括返済・繰り上げ返済についてご紹介します。また、奨学金の一括返済・繰り上げ返済に纏わるメリット・デメリットや奨学金を滞納すると一括請求される場合があること、奨学金が返済できない場合どうしたらよいのかその方法も説明します。

記事の目次

  1. 1.奨学金の返済について徹底解説!
  2. 2.そもそも奨学金とは?
  3. 3.奨学金の一括返済・繰り上げ返済はした方が良い?
  4. 4.奨学金の一括返済・繰り上げ返済のメリット
  5. 5.奨学金の一括返済・繰り上げ返済のデメリット
  6. 6.奨学金の一括返済・繰り上げ返済をする前に
  7. 7.奨学金の滞納は一括返還が請求される
  8. 8.奨学金の一括返済・繰り上げ返済は計画的にしよう!

奨学金の返済について徹底解説!

Photo byQuinceMedia

今や大学等に進学する際に奨学金を借りる人は、半数を超えているという説もあります。奨学金と言う勉学のためのお金といっても、お金を借りていることには変わりありません。

「早く奨学金を返済したい」と思う方も多いでしょう。そのときに思い浮かぶのが「一括返済」や「繰り上げ返済」という方法です。これら奨学金の返済の方法について徹底解説します。

そもそも奨学金とは?

Photo bynaobim

そもそも奨学金とは何なのでしょうか。奨学金とは、学校に通う費用を工面するお金として、給付または貸与されるものです。奨学金の多くは貸与型のものです。今や多くの学生が進学する際にお金を得る方法として、奨学金を利用します。

高校卒業後に大学や専門学校等の費用としてに借りられることの多い、日本学生支援機構の貸与型奨学金がポピュラーです。

Photo byPanJoyCZ

この記事では、よく利用されている日本学生支援機構の奨学金を取り扱います。日本学生支援機構の奨学金は、貸与がおわる学校卒業の次の月から数えて7か月後から返済が請求されます。日本学生支援機構の奨学金には第一種奨学金と第二種奨学金があります。以下では、日本学生支援機構の第一種奨学金と第二種奨学金についてご紹介します。

第一種奨学金

Photo byractapopulous

第一種奨学金は、無利息で借りることができるのが大きな魅力です。しかし、第一種奨学金を借りるには条件があり、その基準は、学力と家計に別れます。成績優秀で経済的に困難な学生が借りることができます。成績優秀でなくても経済的に困難であれば、第一種奨学金を借りれる場合もあるので日本学生支援機構に確認しましょう。

第二種奨学金

Photo byractapopulous

第一種奨学金に対して第二種奨学金は利息があります。しかし、他のローンと比べても年間3%を上限とする低利息であり良心的であると言えるでしょう。さらに、在学中は無利子です。第二種奨学金を借りる条件は第一種奨学金を借りる条件より優しいと言え、借りられる可能性が高いです。

奨学金の種類を一覧で解説!貸与・給付型の制度の内容や条件などは? | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
高校を卒業して大学への進学を目指す人が、家庭の経済的な事情により、進学が困難な時に支援してくれる制度が奨学金です。奨学金には、貸与型・給付型の種類があり、また、大学独自と民間の団体の奨学金制度など4つの種類があります。それぞれの内容や条件について説明します。

奨学金の一括返済・繰り上げ返済はした方が良い?

Photo byijmaki

奨学金を早く返したいという気持ちは誰でも一緒でしょう。早く奨学金を返済する方法として、一括返済・繰り上げ返済があります。一括返済は、その名の通り借りた奨学金を一度に返済する方法です。繰り上げ返済は毎月の返済とはまた別に、借りた奨学金の一部分を返済する方法です。奨学金の一括返済・繰り上げ返済はした方が良いのでしょうか。

貯金次第で一括返済・繰り上げ返済

Photo bykschneider2991

ベースになる考えとして、貯金次第で一括返済・繰り上げ返済をしようというものがあります。なぜならば、一括返済・繰り上げ返済をしたから貯金が無くなり、生活がカツカツになる可能性もあるといったデメリットがあるからです。もちろん、メリットもあるので、余裕のある貯金があるのならば、一括返済・繰り上げ返済を検討したほうが良いでしょう。

住宅ローンを組む際に影響

Photo byPexels

もし、奨学金の一括返済・繰り上げ返済を行っていると、住宅ローンを組む際にどのような影響があるでしょうか。

重要なのは、奨学金は借金とほぼ同じであるということです。借金とほぼ同じであるため、奨学金の返済が残っている状態で住宅ローンを組むと、金利が高くなる可能性もあります。

Photo byFree-Photos

もし、将来の計画の中に住宅を購入することが含まれているのならば、奨学金を返済しておいた方がお得に住宅を購入することができます。

また、繰り上げ返済でも残りの奨学金を返済する金額が少なくなるので、住宅ローンを組みやすくなる可能性があります。早く住宅を購入したいのならば、奨学金を一括返済することをお勧めします。

次へ

関連するまとめ

人気の記事