「続柄」の正しい読み方とは?意味・書類の書き方や英語表現も紹介!

「続柄」の正しい読み方とは?意味・書類の書き方や英語表現も紹介!

「続柄」の読み方をあなたは知っていますか?「ぞくがら」と読む人が多いようですが、不正解です。また、書類の「続柄」という欄の書き方に、悩んだ経験はありませんか。今回は「続柄」の読み方、意味、書き方や英語表記について紹介します。

記事の目次

  1. 1.続柄の正しい読み方は「つづきがら」
  2. 2.続柄の意味とは
  3. 3.続柄を書類に書く書き方
  4. 4.続柄とあなたとの続柄はなにが違うのか
  5. 5.続柄の英語での書き方と読み方
  6. 6.続柄の読み方を「ぞくがら」と思っている人は誤り

続柄の正しい読み方は「つづきがら」

Photo byFree-Photos

「続柄」の正しい読み方は「つづきがら」ですが、「ぞくがら」という読み方が一般的に広まったのはなぜでしょう。ここでは「続柄」の読み方が何故、「ぞくがら」として広まったのかについて紹介します。

一般的な読み方の「ぞくがら」は誤り

フリー写真素材ぱくたそ

正しい読み方が「つづきがら」ならば「続き柄」と送り仮名の「き」が付くはずでは?と疑問を持たれた方も多いのではないでしょうか。にもかかわらず、送り仮名のつかない「続柄」を「つづきがら」という読み方が正しいというのはなぜなのでしょう。

間違えた読み方が広がり慣用読みとなった

Photo by ginza_line

「続柄」を「ぞくがら」と読むようになった理由には諸説ありますが、やはり、「続」という漢字を訓読みした場合、「続き(つづき)」で「き」という送り仮名が付くにもかかわらず、表記は「続柄」となっていたからと言われています。

もしも「続柄」ではなく、「続き柄」と表記していれば誰もが「つづきがら」と読んだでしょう。しかし、公的な書類などでは送り仮名を付けずに「続柄」と書くことが多いため、「続」を音読みして「ぞくがら」となったのではないかと言われています。

続柄の意味とは

フリー写真素材ぱくたそ

ここからはいよいよ「続柄」の意味について説明していきますが、いろいろな書類を書くとき、「続柄」の欄にどう書けばよいかを迷った経験がある方も多いでしょう。

「続柄」の欄に書く場合、書類の種類によって書き方が違う場合もあるので、正しい知識があれば、迷うこともありません。ここで改めて「続柄」の意味について明確にしていきます。

続柄は関係のことを指す

フリー写真素材ぱくたそ

「続柄」は字が表す通り、親から子、子から孫などと家系の「続く」関係を表したものです。ただし、書類の種類によっても違いがありますが、続柄の頂点は「あなた」自身、あるいは「世帯主」の場合がほとんどです。

つまり、「あなた」、あるいは「世帯主」から見て、この人はどういう関係(親・子・孫など)なのかを示すものなのです。

のイメージ
続柄の正しい書き方とは?書類別に家族・親族の記載方法を解説!
続柄の正しい書き方を皆さんご存知でしょうか。実は続柄の書き方には書類によって書き方が変わってしまうことがあります。ここでは続柄の書き方について一覧にしてわかりやすく徹底解説していきます。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

続柄を書類に書く書き方

Photo bycloudhoreca

では具体的に住民票や戸籍に書かれている続柄や、書類に続柄を書く場合の書き方についてですが、住民票や戸籍などに書かれているものはだいたいの人が理解できています。悩むのは書類の種類によって、続柄の書き方に違いがある場合です。

続柄を記入することがある書類には、年末調整や確定申告、扶養家族の親として各場合、さらには銀行預金口座開設などの書類を代理人として書くなどがあります。

それらの書類の続柄の欄に書く書き方の前に、続柄の欄に書く親族の正しい名称について説明していきます。

本人・配偶者の続柄の書き方

Photo byElisaRiva

書類を作成する人自身がその書類の利用者であれば、利用者氏名の欄には作成者と同一の氏名が記入されます。この時の続柄欄には「本人」と記載します。既婚者で配偶者を指す場合の正しい記載は「夫」あるいは「妻」となります。

婚姻届けを出していない場合でも、同棲して生計を共にしているなどの、いわゆる「事実婚」の場合には「夫(未届)」あるいは「妻(未届)」となります。ただし、同棲して生計も共にしていても、既婚者の場合は「縁故者」として区別されます。

子供・孫の続柄の書き方

Photo byPublicDomainPictures

次に子供・孫の続柄の書き方についてですが、子供についてはかつては「長男」や「次男」などと記載していました。しかし今では順序は必要なく「子」で良いことになっています。ただし、戸籍謄本には従来通りの「長男」などの記載がされています。

再婚した相手に子供がいて、その子供を養子縁組した場合は、「子」とは区別して「養子」または「養女」となります。

両親・義理の両親との続柄の書き方

Photo bygenielutz

両親の場合には本人の親の場合と、配偶者の親があります。一般的な文書ではどちらも「父」や「母」でよいのですが、どちらの親であるかを明確にしなければならないような書類に書く場合には「夫(妻)の父(母)」と記載します。

兄弟・義理の兄弟との続柄の書き方

Photo byamyelizabethquinn

関連するまとめ

人気の記事