コーヒーの種類・ランク一覧!味の特徴や違いも詳しくレクチャー!

コーヒーの種類・ランク一覧!味の特徴や違いも詳しくレクチャー!

コーヒー豆には品質ランクというものがあり、コーヒーピラミッドで一覧として表されています。コーヒーは豆の種類や淹れ方で味に違いがあります。それぞれの種類の特徴を知ることで、より美味しいコーヒーを味わうことができます。コーヒーのランクや種類の一覧、おすすめの飲み方をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.コーヒーのランク一覧
  2. 2.コーヒーの種類・エスプレッソ
  3. 3.コーヒーの種類・ドリップコーヒー
  4. 4.コーヒーの種類・ブレンド
  5. 5.コーヒーの種類・アメリカン
  6. 6.苦いコーヒーを飲めない人におすすめ
  7. 7.コーヒーの保存方法
  8. 8.コーヒーの種類を参考に好きな味を探そう!

コーヒーのランク一覧

Photo byAlexas_Fotos

コーヒーの品質にはランク付けがされているのをご存知ですか?よくピラミッドの形を用いて一覧で表されており、コーヒーピラミッドと呼ばれているのですが、ピラミッドの頂上にいくほど、品質のいいコーヒーということになります。品質の違いによって特徴や味、風味が異なります。ここでは、それぞれのランクの違いについてご紹介します。

トップ・オブトップ

Photo bycocoparisienne

コーヒー豆の評価は、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)とカップ・オブ・エクセレンス(COE)が項目ごとに点数をつけて評価します。項目は、フレーバーや、後味の印象度、酸の質、甘さなど、合計8項目あります。

トップ・オブトップは、コーヒー豆のランクを一覧で表しているピラミッドの一番上のランクになります。8項目の合計点数と基礎点数の36点を足して、88点以上の最高級のコーヒーです。

特徴は、喉ごしがよく、爽やかな清涼感を感じることができます。甘味、酸味、苦味のバランスが非常に良いコーヒーです。

非常にコクのある「ブルーマウンテンNo.1」や、独特の甘みや香りを楽しめる「ハワイコナエクストラファンシー」などが、トップ・オブトップのおすすめの豆になります。

トップ・スペシャルティコーヒー

Photo byChristoph

トップ・スペシャリティコーヒーはトップ・オブトップの次のランクのコーヒー豆です。点数は基礎点数36点と8項目の点数あわせて85点以上のものになります。

コーヒーピラミッドの一覧の中で、爽やかな風味が特徴で、フルーティーな味わいのコーヒー豆がとくに多いです。生産者の手によって丁寧に作られた品質の高いコーヒー豆です。

りんごの様なフルーティーな風味の「ガチラゴ」、ジューシーな風味で希少品種の「マンデリン・ブルボン」、フローラル系の香りがして甘く酸味がまろやかな「モカ・イルガチェフ」などが、おすすめのトップ・スペシャリティコーヒーです。

スペシャルティコーヒー

Photo bypixel2013

評価が、基礎点数36点と8項目中4項目が6点以上で合計80点以上の豆をスペシャリティコーヒーといいます。コーヒーピラミッドの一覧の中で真ん中のランクにあたります。スペシャルティコーヒー以上の豆は生産者や流通過程において、一貫した体制・品質管理が徹底していることが条件です。

フルーツのような風味、爽やかな酸味、持続するコーヒー感が特徴のコーヒー豆です。コンビニやカフェなどでも味わうことができるコーヒーです。

ほのかな甘さと瑞々しさが特徴の「グアテマラパカマラ」、レッドフルーツ系の風味に「タンザニアキリマンジャロ」、甘い香りと後味がスッキリとした「ハワイコナエクストラファンシー」、ナッツのような香りが特徴の「ブルーマウンテンジャマイカ」などが、おすすめの豆です。

プレミアムコーヒー

Photo byacekreations

プレミアムコーヒーは、各項目5点以上に基礎点数36点をあわせて、76点以上のランクのコーヒー豆です。品種、栽培地区の特定ができ、ほかの地区の豆が混入していない豆であることが条件です。

よく知られているキリマンジャロが、このプレミアムコーヒーにあたり、コーヒーピラミッドの一覧の中でよく飲まれているコーヒーのひとつです。

プレミアムコーヒーと呼ばれる種類の豆は、欠点豆の排除や品質を向上することができれば、ひとつ上のランクのスペシャリティコーヒーになることもあります。プレミアムコーヒーだからといってスペシャリティコーヒーより劣っているわけではなく、プレミアムコーヒーが一番美味しいと感じる人もいます。

コマーシャルコーヒー

Photo byCouleur

コマーシャルコーヒーは、評価が76点未満のコーヒー豆で、コーヒーピラミッドの一覧の中で一番下のランクになります。品種や産地がはっきりしているものではなく、さまざまな種類の豆が混ざっている豆です。

缶コーヒーやインスタントコーヒーに使われている豆が、このコマーシャルコーヒーで、一番よく飲まれてている馴染みのあるコーヒーになります。品種や産地がはっきりしていない豆が混ざっているので、味に安定性がありませんが、さまざまな種類の豆がバランスよく配合されているので、コーヒー独特の苦味や酸味が苦手という人には飲みやすいコーヒーです。

コーヒーの種類・エスプレッソ

Photo byFree-Photos

次へ

関連するまとめ

人気の記事