青函トンネルは車やバイクで通れるのか?料金や時間をフェリーと比較!

青函トンネルは車やバイクで通れるのか?料金や時間をフェリーと比較!

本州から車やバイクで北海道に行く場合、移動手段として挙げられるのが青函トンネルやフェリーになると思います。果たして青函トンネルは車やバイクで通れるのでしょうか?ここでは、青函トンネルは車やバイクで通れるのか、料金や時間をフェリーと比較しながら紹介します。

記事の目次

  1. 1.青函トンネルとは?
  2. 2.青函トンネルが作られた理由
  3. 3.青函トンネルは車やバイクで通れる?
  4. 4.青函トンネルを電車で移動する
  5. 5.青函トンネルには実は海底駅があった
  6. 6.青函トンネルをフェリーで移動する場合
  7. 7.フェリーの予約方法は?
  8. 8.青函トンネルはフェリーか電車のどちらがよい?
  9. 9.青函トンネルの通行は自分の目的にあわせて選ぼう!

青函トンネルとは?

Photo by rail02000

本州と北海道を結ぶ「青函トンネル」は、別名「青函隧道(せいかんずいどう)」と呼ばれています。青函トンネルはJR北海道が使用している鉄道用トンネルです。1961年に建設が始まり、1988年に青函トンネルは開通し、寝台列車や特急列車、新幹線が走行しています。そんな青函トンネルとフェリーの料金・時間などを比較しながら紹介します。

本州の青森と北海道を結ぶトンネル

Photo by Grilled Ahi

青函トンネルは、本州の青森県から北海道までを結ぶ鉄道トンネルでJR北海道が所有しています。青函トンネルが開業した当初は「海峡線」として在来線が走行していました。開業当初から新幹線の企画で建設されていた青函トンネルは、現在北海道新幹線が走行するトンネルとしても多くの人が利用しています。

様々な記録を持つ

Photo byjeremyburnett0319

本州の青森と北海道を結ぶ青函トンネルは、交通機関用のトンネルとして様々な記録を樹立しています。青函トンネルは、日本一また東洋一の長さを誇る交通機関用のトンネルであり、世界一の長さ・深さを誇る交通機関用のトンネルとしても知られています。そんな青函トンネルが樹立した記録について紹介していきましょう。

トンネルの長さ

Photo byandreas160578

本州の青森と北海道を結ぶ青函トンネルの全長はどれだけの長さがあるのかご存知ですか?青函トンネルの全長は53.85kmになります。青函トンネルは、日本一そして東洋一の長さを持つ交通機関用のトンネルとしての記録を達成しました。また交通機関用のトンネルとして、世界では第2位の長さを誇っています。

Photo byThomasWolter

海底トンネルとして世界一の青函トンネルは、鉄道トンネルとしても以前までは世界一を誇っていました。2016年に「ゴッダベルドベーストンネル」がスイスに開通したため、世界一を誇っていた青函トンネルは、世界二位の長さを持つトンネルとなりました。それでも青函トンネルは世界一の海底トンネルとして現在も活躍しています。

トンネルの深さ

Photo byFree-Photos

青函トンネルは、海の下を潜る海底トンネルです。海底下の深さは約100mとなり、交通機関専用のトンネルとしては、世界一の深さを持つのが青函トンネルです。海底にトンネルを作るには、多くの条件が必要でした。その条件に合った場所が現在のルート(青森県東津軽郡と北海道松前郡)と言われています。

青函トンネルが作られた理由

Photo by Kzaral

それでは、青函トンネルは何故作られたのかご存知でしょうか?かつて青森と北海道の間は、青函連絡船が運航していました。しかし青函連絡船は、気象条件による遅延や欠航が多く発生することがありました。

また、台風が接近しているにも関わらず出航してしまった洞爺丸を含む5隻の船が沈没してしまう事故も発生しました。その事故をきっかけに、本州と北海道を結ぶ青函トンネルが作られたと言われています。

青函トンネルは車やバイクで通れる?

Photo byClker-Free-Vector-Images

青函トンネルは、車やバイクで通れるのか迷う人や調べる人も多いと思います。青函トンネルは、残念ながら車やバイクでは通れるようにはなっていません。そのため、車やバイクなどの車両を使って本州から北海道に移動したい場合には、フェリーを利用することになります。それでは何故?青函トンネルは車やバイクは通れないのでしょうか?

鉄道用トンネルのため通れない

Photo byClker-Free-Vector-Images

青函トンネルが車やバイクで通れるのかご紹介しています。青函トンネルは、鉄道トンネルのため、車やバイクなどの車両は通れるようにはなっていません。青函トンネルは、日本鉄道建設公団が建設しました。そのため、車両が通れるトンネルを作る技術や権限がなく、そして安全性の問題もあるため、車両が通れるようにはなっていません。

車を移動させるならフェリーに乗車

Photo by 上島町

青函トンネルは、車やバイクで通れないので、青森から北海道を移動する場合には、どのようにすれば良いのでしょうか?青森から北海道を車やバイクなどの車両を移動する方法のひとつにフェリーがあります。フェリーは車やバイクなどの車両を一緒に運ぶことが出来るのでとても便利です。車両と一緒に移動する場合には、フェリーの利用がおすすめです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事