銀行の営業時間はなぜ短い?窓口・ATMは何時から何時までなのか調査!

銀行の営業時間はなぜ短い?窓口・ATMは何時から何時までなのか調査!

現行の営業時間は非常に短く、15時には窓口が閉まっていまう銀行がほとんどです。また多くの銀行は土曜日と日曜日は窓口業務を行っていないため、平日に仕事をしている人にとって銀行の窓口に行くことは大変難しいです、ではなぜ銀行の営業時間は短いのでしょうか。

記事の目次

  1. 1.銀行の営業時間は短い!
  2. 2.銀行の営業時間
  3. 3. 銀行の営業時間が3時までの理由
  4. 4.営業時間はゆうちょ銀行の方が長い
  5. 5.銀行は営業時間を延長する方向へ
  6. 6.土曜日・日曜日に窓口営業する銀行
  7. 7.銀行振込は24時間365日即時入金可能に!
  8. 8.銀行が営業時間後にしていることは?
  9. 9.銀行窓口の営業時間が延びるメリット・デメリット
  10. 10.銀行の営業時間はニーズにあわせ延長される方向へ

銀行の営業時間は短い!

Photo byTheDigitalWay

お金の管理や振込などさまざまな場面で普段から利用することの多い銀行ですが、銀行の特徴といえばの営業時間の短さです。さまざまな場所に設置されているATMに関しては土曜日日曜日問わず毎日使えるようになっている銀行は多いですが、窓口に限って言えばそうとは限りません。

窓口の利用は平日の昼間のみ可能

Photo by f999999_key

多くの銀行は窓口業務が午前9時から午後3時までと非常に短く、平日のみの営業で土曜日日曜日は窓口営業を行っていない銀行がほとんどです。

そのため平日の昼間に仕事をしているサラリーマンなどは銀行の窓口に出向くのは非常に難しく、窓口でしか行えない手続きを行うためには昼休みを活用するか会社を休んだりしなければなりません。

銀行の営業時間

Photo by Japanexperterna.se

支払いのために振込を行ったり、自分の口座に入金したり出金したりといったさまざまな理由で銀行を利用しますが、銀行の営業時間はどのように設定されているのが一般的なのでしょうか。まずは、一般的な銀行の窓口とATMの営業時間についてそれぞれ詳しく解説していきます。

窓口は午前9時~午後3時が基本

Photo byobpia30

口座の開設やATMでは行えない額以上の振込や入出金など、銀行の窓口業務は多岐にわたります。多くの銀行は午前9時にオープンして午後3時に営業終了する銀行がほとんどです。支店内にATMが設置されている場合はATMは午後3時以降も利用できますが、窓口部分は完全にシャッターが閉まってしまい利用できなくなっていることがほとんどです。

ATMは午前8時45分~午後6時

Photo bymohamed_hassan

窓口の営業時間は午後3時までの銀行がほとんどですが、ATMに関してはさらに長い時間営業していることがほとんどです。多くのATMは午前8時45分から午後6時まで営業している銀行が多く、設置場所や銀行によってはさらに長い時間営業しているATMもあります。コンビニのATMに関しては24時間利用できることがほとんどです。

銀行の営業時間が3時までの理由

Photo bynattanan23

銀行のATMは午前8時45分から午後6時まで使える銀行が多く、窓口は午後3時までの営業の銀行がほとんどです。そのため金額の大きい振込や口座の開設など窓口に用事がある場合は早めに出向く必要があります。では、なぜ銀行はこのような営業時間での営業を行っているのでしょうか。

銀行法という法律で定められている

Photo bynattanan23

銀行窓口の営業時間が午前9時から午後3時まで理由一つ目は銀行法という法律によって営業時間が決められているからです。正確に言えば銀行法という法律を運用していくにあたって定められた細かなルールが記載されている銀行法施行規則に営業時間が定められています。

銀行法施行規則の第16条では銀行の営業時間を午前9時から午後3時までと定められており、この法律の施行規則の条文に則って午前3時で営業を終了する銀行がほとんどです。

銀行の都合で延長することも認められている

Photo byHealthWyze

銀行に関する法律である銀行法施行規則の第16条によって銀行の営業時間は午前9時から午後3時までと定められており、多くの銀行が法律に則って窓口業務の営業時間を設定しています。しかし、絶対にこの規則通りに営業しないといけないわけではなく、銀行の都合で営業時間を延長することが可能なこともこの銀行法施行規則に記載されています。

全銀ネットが午後3時20分で停止

Photo by 金篆 idostone

銀行法という法律で銀行の営業時間が決められていることだけが銀行の営業時間が短い理由ではありません。もう一つの理由は銀行間の決済をなどを行う全銀ネットが午後3時20分に停止してしまうからです。

全銀ネットが停止してしまうと振込の手続きなどほかの銀行間の取引ができなくなってしまうため、窓口で手続きを受け付けても処理ができません。そのことから受け付けた手続きの処理が行えいない時間は窓口業務を行っていない銀行がほとんどです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事