結婚式二次会の会費の相場は?金額の決め方や渡し方マナーを徹底解説!

結婚式二次会の会費の相場は?金額の決め方や渡し方マナーを徹底解説!

結婚式二次会会費の相場はいくらぐらいなのか、ご祝儀は渡すべきなのか、封筒や渡し方は?気になることが多いかと思います。この記事では人には聞けない結婚式二次会の会費の相場についてや会費の渡し方、封筒や相場などについて説明していきます。

記事の目次

  1. 1.結婚式二次会の会費の相場は?
  2. 2.結婚式二次会の会費の決め方
  3. 3.結婚式二次会の会費に関する本音
  4. 4.結婚式二次会の会費の渡し方のマナー
  5. 5.結婚式二次会は内容によって会費が変わる

結婚式二次会の会費の相場は?

Photo byOlcayErtem

結婚式二次会の会費の相場について、一般的に相場は5000円から8000円だと言われています。地域によって相場の差は多少ありますが、一般的にどのような会費になっているのか会費の例や内訳を見ていきましょう。

男性7,000円・女性5,000円の場合

フリー写真素材ぱくたそ

昔から男性が会費を多めに支払うという結婚式二次会が多いかと思います。男女差額の相場は大体500円~2000円です。結婚式二次会をバイキング形式で行う際に会費の男女差額を付けるところが多い印象です。

男女差で会費の差額を付けたという方は「男性のほうが多く食べるから」「女性側がヘアセットなどですでにお金を使っているので負担を軽くしたい」とのことで会費の男女差額を設けたという方がいました。

中には「結婚式に出席してくれた方はすでにご祝儀を頂いているから」と男性女性とは別に結婚式に参加してくれた方には会費を安く設定した方も。しかし最近は男女別で差額を設けることにあまりいい思いをされないゲストもいるので注意が必要です。

男女ともに5,000~8,000円の場合

Photo byvilandrra

こちらは男女別で会費の差額を設定しません。主に結婚式二次会をコース料理でもてなしたり、ビンゴ大会の景品が豪華であったりします。地域差もありますが基本的には5000円から8000円と設定することが多く、中には高級フレンチで結婚式二次会をしたからと1万円超えた方も。

会場は居酒屋だったり結婚式を挙げたホテルでそのままだったりと様々。しかしあまりにも安すぎたり、高すぎたりしてもゲスト側が気になり、参加してもらえないこともあるので注意が必要です。

のイメージ
結婚式のご祝儀の金額相場を調査!夫婦や個人の場合・関係性での違いも!
結婚式に招待されたけど、どのくらいの金額のご祝儀を包めばよいのか迷います。結婚式で渡すご祝儀の相場は?また、個人と夫婦で渡す場合では、ご祝儀の相場にどのくらいの違いがあるのか、さらに新郎新婦との関係性によっても包む金額が変わるのか、などの疑問に答えます。
のイメージ
結婚式の準備期間の平均を調査!スケジュール組みや最短でやる方法は?
結婚式では、日取りを決めり、ゲストのリストアップなどやらなければいけない事があります。そのため、準備期間を長めにとる事で、スケジュールに余裕ができ、、好きな演出をする事が出来ます。今回は、結婚式の準備期間の平均やスケジュールの組み方などをご紹介します。

結婚式二次会の会費の決め方

Photo byPlushDesignStudio

基本的に結婚式二次会会場を基準にして選びますが会費の決め方には大体2つあります。1つは予算をあらかじめ決めてから会場を決める方法、もう1つは会場を決めてから会費を決める方法があります。ではそれぞれのじメリットやデメリットを見ていきましょう。

先に会費を決めて会場を選ぶ

フリー写真素材ぱくたそ

先に大まかな予算や招待客などを決めておいてそこから会場や結婚式二次会内容などを決めてから会費を設定していきます。予算の例ですが、会費を男女5000円にして招待客を30名ほどにしたら15万円が予算になります。そこから会場や内容を決めていきます。

メリットとしては先に予算を決めるから予算オーバーになりにくい点や会費の金額が平均額ぐらいに納まりやすい点です。デメリットは会場の候補が限られてくる点や予算に縛られすぎて自由度が低い結婚式二次会になるかもしれない点です。

予算を先に決めた先輩カップルには「結婚式ではお金をかなり使ったから二次会は抑えめにしたい」と予算を決めてから会場を決める方が多かったです。節約したい方や予算を決めたほうが選びやすい方は先に予算を決めたほうがいいです。

先に会場を選び会費を決める

Photo byPexels

もし結婚式二次会をしたいという会場があれば会場や内容を先に決めてから会費を決めてもいいです。その場合は会場の施設使用料やお料理代、ビンゴ大会の景品代などを合わせて会費で割るという形になりそうです。

メリットは思い出のレストランなど気に入っている会場で結婚式二次会ができる点やこだわりを持った結婚式二次会になる点です。デメリットは内容や会場などによって予算がかさみ、会費が高くなる可能性がある点です。

万が一会費が高額になってしまったら新郎新婦と結婚式二次会幹事と相談してビンゴ大会の景品など削れそうなところは削ったり、それでも足りない金額は新郎新婦が持つのかも含めて決めていきましょう。

最優先事項を決めて会費を決める

Photo byFotografieLink

こちらも先に会場を決めてから会費を決める方法に似ていますが、結婚式二次会の会場や内容でこだわりたい所や譲れない所があればそれを実現できるような会場や内容を決めてから会費を決めていく方法もあります。

関連するまとめ

人気の記事