黒薔薇の花言葉まとめ!意味・由来や贈る場合に気をつけるポイントは?

黒薔薇の花言葉まとめ!意味・由来や贈る場合に気をつけるポイントは?

黒薔薇の花言葉は永遠、あなたと離れないなどのロマンチックな意味を持っている反面、憎しみや呪いなどといった怖い花言葉を持っています。プロポーズの贈り物として黒薔薇が使われますが、良い意味を伝えないと相手に不快感を与えてしまうのです。

記事の目次

  1. 1.黒薔薇の花言葉と意味
  2. 2.黒薔薇の怖い花言葉
  3. 3.黒薔薇の由来とは?
  4. 4.黒薔薇を贈る際の注意点
  5. 5.黒薔薇の花言葉は暗い意味のものが多い!
Photo byPezibear

通常のバラは、赤や黄色など明るい色が多いです。自然に生えるバラの色は明るい色で育つため、黒薔薇のような暗い色は珍しく希少種であるため、永遠を誓うなどの特別な由来を持っている花言葉が黒薔薇にはあります。

憎しみ、呪いなどの怖い意味を持っている理由として黒薔薇の色合いが暗闇を想像させることからこのような花言葉がつけられたといわれているのです。ロマンチックな花言葉を相手に伝えましょう。

そのような意味を持っている黒薔薇は大人の女性にプレゼントとして好まれる傾向があるのです。特別な意味がである花言葉を黒薔薇が持っています。有名な黒薔薇を花言葉と添えてプロポーズとして贈るとロマンチックな展開があるのはこのような由来を持っているからです。

一般的な黒薔薇はブラックバカラ

Photo byFelixMittermeier

薔薇には黒という色素を持たないので、黒に近いけど黒色ではないという考えがあることから、黒薔薇はブラックバカラとも呼ばれています。黒薔薇を生産している日本とフランスでは異なった呼び方をしています。

日本ではあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、フランスでは浸透している黒薔薇の呼び名であります。黒薔薇を生産しているフランスではブラックバカラの他にも、ルイ14世ならびにパパメイヤンとも呼ばれているのです。

アマリリスの花言葉を色別に紹介!どんな人に贈るのがおすすめ?のイメージ
アマリリスの花言葉を色別に紹介!どんな人に贈るのがおすすめ?
赤やピンクの花を付けるダイナミックな印象のあるアマリリスという花を知っていますか。このアマリリスに込められた花言葉やアマリリスの由来や花言葉の元となったロマンチックな物語等についてお話します。又、アマリリスを贈るのにおすすめの相手についても紹介しましょう。

黒薔薇を贈る際の注意点

Photo byNietjuh

黒薔薇には、呪うまたは恨むなどの怖い意味を持つ花言葉もありますので相手に贈る際は注意が必要であるといえるでしょう。黒薔薇を贈る際の注意点を知らないと、花言葉を悪く受け止めてしまった相手から悪い意味として誤解されてしまうことになるのです。

相手にしっかりと花言葉や良い意味を伝えて、黒薔薇を贈ることで相手に誤解がなく黒薔薇をプレゼントすることができ、大切な日の思い出やプロポーズする贈り物として黒薔薇を相手に贈れるのです。良い意味である花言葉であると相手に伝えます。

永遠に愛するという花言葉があるということを相手に話すことで、相手もあなたの気持ちをしっかりと受け入れてくれることでしょう。ロマンチックな意味をしっかりと伝えたい人は黒薔薇を贈ってプロポーズをしましょう。

渡す際に悪い意味でないことを伝える

Photo bysenjakelabu29

黒薔薇を運命の人に渡す際の注意点としては、悪い花言葉ではないことを相手に分かるようにしっかりと伝えることです。永遠やあなたと離れないという花言葉が黒薔薇にはあるということを伝えることで、相手に良い意味として黒薔薇を受け取って貰えます。

反対に花言葉を伝えないで渡してしまうと相手に誤解を与えてしまうかもしれないので注意をしましょう。このことをしっかりと覚えておかないと後悔してしまうことになりますので注意しましょう。その際はしっかりと覚えておく必要性がでてくるのです。

悪い花言葉ではないと相手にしっかりと伝えることで、相手にロマンチックな意味合いとして黒薔薇を受け取って貰えるのです。希少種である黒薔薇があなたのプロポーズを引き立ててくれ、黒薔薇の花言葉が人生に1度しかないロマンチックなプロポーズが完成させます。

黒薔薇の花言葉は暗い意味のものが多い!

Photo byBessi

黒薔薇が持っている花言葉の意味として、永遠を誓うまたはあなたを離さないなどロマンチックな意味がありますが、恨む、呪うなどの怖い花言葉を持っています。

このことから黒薔薇には怖いというイメージを持っている方もいます。したがって黒薔薇を渡す際は相手に誤解がないように贈りましょう。

クッキ
ライター

クッキ

クッキと申します。 よろしくお願いします。

前へ

関連するまとめ

人気の記事