キッチンの種類を詳しく解説!タイプ別のメリット・デメリットもチェック!

キッチンの種類を詳しく解説!タイプ別のメリット・デメリットもチェック!

キッチンの種類を詳しくご紹介します。キッチンには様々な種類がありますので、自分や家族の生活スタイルに合ったキッチンの種類を選ぶことが大切になります。種類ごとのメリット・デメリットなどもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.キッチンの対面・オープンキッチンの種類
  2. 2.キッチンのセミオープンキッチンの種類
  3. 3.キッチンの対面ではないキッチンの種類
  4. 4.キッチンの種類を決めるコツ
  5. 5.キッチンは生活スタイルで適切なタイプが変わる

キッチンの対面・オープンキッチンの種類

Photo byshadowfirearts

この記事では、キッチンの種類を詳しくご紹介します。種類ごとにメリット・デメリットをご紹介していきますので、自分や家族の生活スタイルにはどんなキッチンが合うのかチェックしてみてください。

それでは、まず最初にキッチンの「対面・オープンキッチン」の種類についてご紹介しましょう。対面キッチンは料理をしながらリビングダイニングを見渡せるキッチンのことで、オープンキッチンは壁で仕切られていないキッチンのことです。

アイランドキッチンの特徴

Photo bymgattorna

対面・オープンキッチンの種類として、最初にご紹介するのは「アイランドキッチン」です。アイランドキッチンは、名前の通り島のように完全に独立したタイプのキッチンとなっています。壁に接していないので、どの方向からでもキッチンを囲むように作業ができます。

アイランドキッチンのメリット

Photo bystevepb

アイランドキッチンは完全に独立していて、壁などで視界が遮られることもありませんので、開放感が最大のメリットといえます。作業スペースが広い上に、周りを自由に歩くことができ、大人数でも作業しやすいです。ホームパーティーにも向いています。

アイランドキッチンのデメリット

Photo byRepublica

リビングとの間に壁がないので、リビングにまで油はねやにおいが広がりやすいのがアイランドキッチンのデメリットです。おしゃれなイメージですが、リビングから丸見えなので常に綺麗にしておく必要があります。憧れだけで選ばずに、自分の性格や生活スタイルと相談することが大切です。

ペニンシュラキッチンの特徴

Photo byKlausAires

対面・オープンキッチンの種類として、次にご紹介するのは「ペニンシュラキッチン」です。ペニンシュラは半島を意味する言葉で、アイランドキッチンと違い、半島のように左右のどちらかが壁にくっついているタイプのキッチンとなっています。

ペニンシュラキッチンのメリット

Photo bycongerdesign

アイランドキッチンと同じくリビングにまで油はねやにおいが広がりやすいですが、壁の横にコンロを設置して、コンロの前まで壁を伸ばすことで油はねやニオイの拡散を軽減しやすくなります。アイランドキッチンほどの広いスペースが必要ないという点もメリットです。

ペニンシュラキッチンのデメリット

Photo bystevepb

ペニンシュラキッチンは片側が壁にくっついているため、アイランドキッチンと比べると開放感がないのがデメリットです。それでもリビングからは丸見えなので、やはり常に綺麗にしておく必要があります。キッチンの上部に吊戸棚がなく、収納スペースが不足する場合もあります。

キッチンのセミオープンキッチンの種類

Photo byFree-Photos

続いて、キッチンの「セミオープンキッチン」の種類についてご紹介しましょう。対面キッチンには、仕切りのないオープンキッチンの他に、リビングダイニングとの間に部分的に仕切りを設けたセミオープンキッチンという種類もあります。

Ⅰ型キッチンの特徴

Photo by Weidner Apartment Homes

セミオープンキッチンの種類として、最初にご紹介するのは「Ⅰ型キッチン」です。Ⅰ型キッチンは、シンク・コンロ・調理スペースが「Ⅰ」という字のように一直線に並んだタイプのキッチンです。ペニンシュラキッチンと似ていますが、キッチンの前にカウンターがあります。

Ⅰ型キッチンのメリット

Photo byJESHOOTS-com

カウンターを作業台より高くすることでリビングから手元が丸見えになるのを防ぐことができ、完全なオープンキッチンと比べるとある程度は生活感を隠せるというメリットがあります。キッチンの上部に吊戸棚を取り付ければ、収納スペースも多くなります。

関連するまとめ