お歳暮のお礼メールの例文まとめ!相手別の文章の書き方やマナーも紹介!

お歳暮のお礼メールの例文まとめ!相手別の文章の書き方やマナーも紹介!

お歳暮が届いたら、お歳暮のお礼メールを送りましょう。お歳暮のお礼メールの例文をまとめました。お歳暮の相手別に文章を変えていくことも大切です。書き方やマナーも一緒にご紹介していくので、お歳暮のお礼メールを書く時に参考にしてみて下さい。

記事の目次

  1. 1.お歳暮のお礼メールはビジネスで大切!
  2. 2.お歳暮のお礼メールの書き方のマナー
  3. 3.お歳暮のお礼メールの構成
  4. 4.取引先へのお歳暮のお礼メール例文
  5. 5.上司から部下へのお歳暮のお礼メール例文
  6. 6.親しい友人へのお歳暮のお礼メール例文
  7. 7.お歳暮のお礼メールは届いたらすぐに送ろう!

お歳暮のお礼メールはビジネスで大切!

Photo byStartupStockPhotos

お歳暮が届いたら、お礼のメールを送るのがビジネスマナーになっています。お歳暮のお礼メールの書き方についてご紹介していきましょう。より丁寧なお礼にしたいのであればお礼状を出す方法もあります。お歳暮のお礼メールの書き方には、マナーが存在します。

Photo byFree-Photos

また、お歳暮のお礼メールの構成やお礼メールの例文もご紹介していきましょう。取引先へのお歳暮のお礼メール例文、上司から部下へのお歳暮のお礼メール、親しい友人へのお歳暮のお礼メールというようにお歳暮をもらった相手の合わせたお礼メールの書き方があります。

それぞれマナーを守った書き方が求められます。例文をご紹介しながら、ポイントもご説明していきましょう。これを読めばお歳暮のお礼メールのことが全て分かります。

Photo byStartupStockPhotos

お歳暮を受け取ったのであれば、すぐにお礼メールを書く必要があります。お歳暮への感謝の気持ちといつもお世話になっている感謝の気持ちを書くようにしましょう。最後までしっかりと読んでお歳暮のお礼メールを書いて下さい。

のイメージ
お礼メールへの返信の書き方まとめ!ビジネスや就活で役立つ例文も紹介
ビジネスにおいてお礼メールを頂くことがありますが、それに対して返信すべきなのかどうかわからないという人も多いです。お礼メールへの返信は必要なのかどうかということや、お礼メールへの返信のマナーや書き方、ビジネスシーンや就活で役立つ例文などまでご紹介します。

お歳暮のお礼メールの書き方のマナー

Photo byStartupStockPhotos

お歳暮が届いたらお礼のメールを書くのですが、書き方にはビジネスマナーがあります。そのビジネスマナーとは、お歳暮が届いたらすぐにお礼メールを送ることです。「後で書こう」「これが終わったら書こう」と思っているとどんどんタイミングを逃してしまいます。

Photo bySkitterphoto

また、お歳暮を送った相手も、「まだ着いていないのかな?」「何か手違いがあったのかな?」「もしかして気に入らないものを贈ってしまったかな?」「何かあったのかな?」と不安に思ってしまうことがあるので、必ずお歳暮を受け取ったらすぐにお礼メールを送るようにして下さい。

Photo byjaneb13

ビジネスマナーでもあるので覚えておきましょう。また、ビジネスとは関係なく親しい友人や親戚からもお歳暮をもらうことがあります。

お歳暮を受け取ったのであれば、誰からもらったお歳暮であっても、お礼メールを送るのがマナーです。お礼状を送ってもメールでもいいので、お歳暮を受け取ったらすぐに送るようにしましょう。

届いたらすぐに送る

Photo byStartupStockPhotos

お歳暮のお礼メールは、お歳暮が届いたらすぐに送るようにして下さい。お礼メールで丁寧な文章を作成したとしても、お礼メールを受け取るのが遅くなってしまうと感謝の気持ちを伝えることができません。

お歳暮を受け取ったら、最低3日以内にお歳暮のお礼メールを送るようにして下さい。もしも、3日以上経ってしまいそうな場合は、お詫びの文章を付け加えることも忘れないようにして下さい。

Photo bymarkusspiske

年末にお歳暮を受けとっておいて「年賀状に一言付け加えておけばいいか」という考えはマナー違反です。ビジネスマンとしてお歳暮のお礼メールは必ず送るようにしましょう。

お礼メールよりもより丁寧な感謝の気持ちを伝える方法としてお礼状という形でお礼の気持ちを伝える方法があります。お礼状の丁寧な形式は縦書きの封書で書くようにします。基本的にはビジネスの場面では、縦書きの形式が使われます。

親しい関係の取引先とのお礼メールやお礼状の場合や個人的なお付き合いがある方へのお礼状やお礼メールの場合は、横書きのはがきやメールで出す場合もあるので覚えておきましょう。

お歳暮のお礼メールの構成

Photo byFree-Photos

お歳暮のお礼メールの基本的な構成の方法をご紹介していきましょう。お歳暮のお礼メールには、ある一定の決まった構成の方法があります。それぞれ順をおってご紹介していくので、お歳暮のお礼メールを書く時はチェックしてみて下さい。

この構成でお歳暮のお礼メールを書けば、読みやすく、美しい日本語としてお礼の気持ちを伝えることができるでしょう。

頭語

フリー写真素材ぱくたそ

お歳暮のお礼状とお礼メールの構成と流れの始めには頭語から始めましょう。頭語とは、手紙の始めに書く言葉となっています。相手への敬意を表す文章を書きます。

拝啓、拝呈などがあり、どの頭語もお礼状やお礼メールの締めくくりに使う結語とセットで使うことになっています。組み合わせを間違ってしまうとビジネスマナー違反になってしまうので注意して下さい。

時候の挨拶

Photo byFree-Photos

拝啓や拝呈といった頭語を書いた後には、時候の挨拶を書くのが決まりとなっています。時候の挨拶というのは、日常会話で使う「毎日、本当に暑いですね」「朝晩、冷え込んできましたね」という意味の季節を表す言葉のことをいいます。

フリー写真素材ぱくたそ

関連するまとめ

人気の記事