調理師免許の受験資格・取得方法とは?実務経験や試験内容など詳しく紹介

調理師免許の受験資格・取得方法とは?実務経験や試験内容など詳しく紹介

調理師免許を取得するための受験資格は、何か特別なことが必要なのでしょうか。また、試験の難易度や受験のための費用はどれくらいかかるのでしょうか。調理師免許取得のための勉強方法から受験資格、試験実施の時期など、必要な情報をまとめて紹介します。

記事の目次

  1. 1.調理師免許の受験資格【取得方法】
  2. 2.調理師免許の受験資格【試験概要】
  3. 3.調理師免許の受験資格【必勝法】
  4. 4.調理師免許の受験資格【調理師向きの人材】
  5. 5.調理師免許の受験資格【受験申込方法】
  6. 6.調理師免許は受験資格があれば独学でも取得できる

調理師免許の受験資格【取得方法】

Photo byskeeze

もともと料理に興味がある方、調理師のご両親にあこがれて、またはテレビ番組でみる調理師が作ったおいしそうな料理を見たり、調理師が主役のテレビドラマを見たり。理由は様々かもしれませんが、毎年多くの方が調理師試験を受験し調理師になっています。

では、調理師になるための調理師免許取得のための試験は、誰にでも受験資格があるのでしょうか。答えは、誰にでも調理師免許取得の受験資格があるわけではありません。一定の条件を満たした方のみが受験資格を有しているのです。

今回は、調理師免許取得試験における、そもそもの受験資格、調理師免許取得試験の難易度、勉強法を紹介します。これから調理師を目指し、調理免許取得に挑む方は勉強の参考にしてください。

各都道府県が指定している調理師学校(養成施設)を卒業

Photo byPeggy_Marco

調理師免許の取得方法には、『調理師免許試験を受けずに取得』する方法と『調理師免許取得試験を受験する』方法の2種類があります。まずは、調理師免許試験を受けない取得方法を紹介ます。

調理師免許試験を受けない取得方法は、『各都道府県指定の調理師学校(養成施設)を卒業する』ことです。調理師学校に入学した場合は、一定のカリキュラムに沿って料理の事を専門に学ぶことが可能です。基礎から時間をかけて着実な成長が望めます。

ただし学校に入学するという事ですので、常に学校で学ぶための時間的余裕が必要(1~2年)なこと、加えて学費を支払って学ぶ必要がある為、費用的にもそれなりの費用が掛かってしまいます。なお現在、指定調理師学校は全国に約270施設あります。

余裕のある方は、各都道府県指定の調理師学校(養成施設)で学んでみてはいかがでしょうか。指定調理師学校を卒業することが、調理師免許試験を受験しない、調理師免許取得方法です。

飲食店などで2年以上の調理の実務経験+調理師試験に合格

フリー写真素材ぱくたそ

次に、調理師免許取得方法で、調理師免許試験を受けるケースを紹介します。調理免許試験を受けない取得方法の条件は、飲食店などで2年以上の実務経験をし、調理師免許試験に合格することです。

調理師学校に通うことが時間や費用的に厳しい方は、飲食店などで2年以上の調理実務を経験することで受験資格を得たのち、調理師免許試験に合格することが調理師免許の取得方法となります。

この調理実務経験とは『原則週4日以上、1日6時間以上で2年以上の勤務経験』が必要となりますが、複数店舗での経験を合算して計算可能です。この場合、各店舗オーナーに、勤務実績の証明を提示してもらう必要があります。

2年以上の実務経験の対象になる施設

Photo by12019

試験を受けての調理師免許取得方法においては、調理実務経験を積む店舗にも規定があります。この規定に合った店舗で2年以上の実務経験を積む必要がありますので、注意してください。

対象店舗は、調理師法施行規則第4条に『飲食営業(旅館や簡易宿泊所も可)している』『魚介類販売業(販売のみの経験は不可)』『そうざい製造業(煮物、炒め物・焼物・揚げ物・蒸し物・酢の物または和え物)』『学校や病院、寮等の給食施設』と明記されています。

勤務はアルバイトでも認められますが、基準を満たしていなければ社員であっても調理業務経験に加算できませんので注意してください。

調理師免許の受験資格【試験概要】

Photo bytjevans

調理師免許試験を受験しての免許取得方法において、2年以上の実務経験が必要なことを紹介しました。それ以外に必要な要件(受験資格)はないのでしょうか。

受験資格を正確にお伝えすると、『原則として、義務教育終了(中学校卒業)以上であることに加え、先ほど紹介した、2年以上の調理実務経験を証明できること』となります。

調理師免許取得方法として、まずは中学校は卒業していること、そして2年以上、要件を満たした店舗で実務経験を積むこと、これらを満たしていることが受験資格となります。

試験科目は6種類

Photo by snogglethorpe

実際の調理師免許試験において出題される試験科目はどの様なものなのでしょうか。出題される試験科目は6科目で構成されていますので、それぞれの出題率とともに確認しましょう。

1.食文化概論(5%)、2.食品学(10%)、3.栄養学(15%)、4.公衆衛生学(15%)、5.食品衛生学(25%)、6.調理理論(30%)という構成になっています。

勉強法や難易度は後ほど紹介しますが、2年以上の実務経験に加え、試験に合格する必要があります。実務経験を積みながらの勉強は時間的、体力的に厳しい側面もあるかもしれませんが、調理師免許取得に向け頑張りましょう。

試験は4択1のマークシート形式

調理師免許試験というと実技が伴いそうな印象ですが、調理師免許試験はすべて、4つの選択肢から1つの回答を選択するマークシート形式の筆記試験です。4択なので、これまでの勉強の記憶で正解を導き出すことが可能です。その為の事前対策と暗記は必須です。

記述式と比べて難易度は下がるものの、先ほど紹介したように試験範囲は6科目ありますので、しっかり勉強しないといけません。勉強せずに合格できるほど低い難易度では決してありませんので、チャレンジする方は参考書等に必要な費用を投資し、学習に取り組んでください。

難易度と合格率について

フリー写真素材ぱくたそ

調理師免許試験は4択のマークシート試験のみなので、回答に対する難易度はやや低そうなことはわかりました。しかし、試験全体を通しての合格率はどの程度なのでしょうか。また、どの程度の点数が取れれば調理師免許試験に合格できるのでしょうか。

正式な合格率や必要点数が公表されているわけではありませんが、一般論として、調理師免許試験は全問のうちの60%以上の正答率で合格すると言われています。

また、調理師免許試験は「何人合格」という受験の様な試験ではなく、調理師免許を取得するにふさわしい人を判断するための試験です。そのため、仮に受験生全員が一定以上の点を取った場合は、全員が合格することになる試験です。

調理師免許の受験資格【必勝法】

続いて、調理師免許試験を受けるにあたり、どの程度の期間、どの様な勉強を行うと自身の合格難易度を下げることが出来るのでしょうか。先ほど紹介したように試験はマークシート方式で60%の正答率でOKなので難易度は早め。早めの対策で乗り切れます。

難易度は低めとはいえ、確実に合格して調理師免許を取得したいので、調理師免許試験の半年前を目安に勉強を開始しましょう。自分で無理のないスケジュールを立て、計画的に勉強を進めるようにしましょう。

ここからは、効率的な勉強で難易度を下げるための勉強方法を具体的に紹介します。様々な勉強方法がありますので、紹介した方法がご自身に適していないと感じれば、他の方法を試せばよいですが、費用的にも効率的にもおすすめの勉強法です。

教科書を購入し暗記

調理師免許試験合格に向け、まずは教科書を購入しましょう。費用的にも値が張るものでもなく、覚えなければいけないことの全てが記載されていますので勉強開始時の必需品です。記載があれば細かい部分からも出題される可能性があるため、一度は全てを読んでおきましょう。

なお教科書は先輩や口コミで評価の高いもので構いませんが、法律等によるルールが変更になっている可能性がありますので、いずれも最新版を購入してください。同様に、教科書に合わせた問題集の最新版を購入して勉強するのがおすすめです。

勉強に必要なのは、教科書と問題集、後ほど紹介する過去問の3つだけです。費用的にも負担は少ないですし、これをやっておけば試験本番で難易度が高い、と感じることは減り、安定した状態で試験に臨むことができます。

関連するまとめ

人気の記事