奨学金の家庭事情の書き方は?200字の例文をケースごとに解説!

奨学金の家庭事情の書き方は?200字の例文をケースごとに解説!

日本学生支援機構などへ奨学金を申請する際、誰もが悩むのが申請理由(家庭事情)の書き方です。特にライバルが多い無利子型の奨学金については、この申請理由が合否の判定に大きく関わってきます。今回は申請理由(家庭事情)の書き方を例文でケースごとに解説します。

記事の目次

  1. 1.奨学金の家庭事情・200字で書くポイント
  2. 2.奨学金の申請理由(家庭の事情)は200字以内にまとめる
  3. 3.奨学金の家庭事情・書き方例文〜母子家庭〜
  4. 4.奨学金の家庭事情・書き方例文〜学業に専念〜
  5. 5.奨学金の家庭事情・書き方例文〜親の病気〜
  6. 6.奨学金の家庭事情・書き方例文〜生活難〜
  7. 7.奨学金の家庭の事情は具体的に書こう!

奨学金の家庭事情・200字で書くポイント

Photo byFree-Photos

それでは、これから奨学金を申請する方向けに、申請理由(家庭事情)として必要となる事柄とその書き方・200字でまとめるポイントをご紹介します。まずはじめに、申請理由(家庭事情)を書く上で最も重要なのが「返済意思があること」そして「奨学金がなぜ必要なのか」です。この2つの事柄を、しっかりとアピール(記入)しておく必要があります。

①返済意思がある事をアピール

Photo bynattanan23

奨学金というと、「学生の味方」というイメージがありませんか?確かに、奨学金は「学ぶ意欲と能力があるにも関わらず、経済的な理由で修学出来ない学生を支援する制度」です。

ただし、給付型を除き、奨学金は「お金を借りる」、つまり借入行為と同じです。従って、必ず必要という訳ではありませんが、奨学金の申請理由には、学校を卒業したら奨学金をしっかりと返済していく意思があることをアピール(記入)しておきましょう。

なお、奨学金は学校を卒業すれば、必ず返済していかなければなりません。私立大学や専門学校の授業料が高騰していることもあって、多くの学生(大学生の半数)が奨学金の貸与を受けていますが、貸与額が大きければ大きいほど、将来的な返済の負担も大きくなります。

奨学金を申請する際は、学校を卒業するまでの貸与額の総額がどれくらいになるのか、社会人として働きだしてから無理なく返済していけるのかを、今一度よく考えておきましょう。

②経済的に困っている事をアピール

Photo by AntMan3001

奨学金の貸与を受ける上で重要なのが、貸与を受けようとする人が本当に経済的に困っているかどうかです。申請さえすれば、誰もが奨学金を受けれるという訳ではありません。従って、奨学金の申請に際しては、審査をスムーズに通して貰うためにも、経済的に困っていることを申請理由(家庭事情)としてしっかりとアピール(記入)しておく必要があります。

経済的に困っている理由(家庭事情)は、「親の収入が少ない」「母子家庭である」「兄弟が多い」「親が病気である」など、人によって様々ですが、「経済的には厳しいけれど、奨学金を利用して進学したい」という強い意志が、奨学金の審査通過には欠かせません。

ですので、奨学金の申請理由には家庭事情(親の収入が少ない、母子家庭であるなど)を箇条書きにして一旦整理(下書き)した上で、その内容をなるべく具体的にかつ簡潔(200字以内)にまとめてアピール(記入)する必要があります。

③嘘はつかない

Photo bygeralt

先ほどから申し上げている通り、奨学金は申請さえすれば誰でも貸与が受けれる訳ではありません。大学や専門学校の費用を支払える家庭環境・状況にあるにも関わらず、「海外旅行に行きたい」「車の購入資金に利用したい」など、学業に関係ない理由で「経済的に余裕がない」と嘘をついて奨学金の貸与を受けることは絶対にやめましょう。

また、奨学金の審査に有利になると考えて世帯収入を少なめに書くことも厳禁です。提出書類や生活状況を確認された際に上手く答えられず、嘘だとすぐに見抜かれてしまいます。(嘘がバレれば、奨学金の支給が即停止となることもあります。)

なお、奨学金を申請・受給し、卒業後の返済を行うのは、あくまでも学生本人(お子様)です。学生本人(お子様)の将来のためにも、奨学金の申請(貸与額など)はご両親と学生本人(お子様)とがしっかりと話し合って決めるようにしてください。

給付型奨学金とは?制度適用の条件から申し込み方法まで詳しく解説! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
給付型奨学金制度とは、返済の必要がない奨学金として注目を集めています。その運営は、日本学生支援機構をはじめ、様々な団体が行っているため、申し込み方法などが団体によって異なります。そこで、給付型奨学金の制度適用の条件から申し込み方法まで、詳しく解説します。

奨学金の申請理由(家庭の事情)は200字以内にまとめる

Photo by1681551

奨学金の一般的な申請先となる日本学生支援機構では、奨学金の申請理由(「家庭事情情報」の欄)を200字以内で書くように定められています。

200字という限られた文字数のなかで、家庭事情(家庭環境や親の収入か少ないことなど、経済的に困っていることのアピール)や、学校を卒業し社会人になってから貸与された奨学金をしっかりと返済していくことなどをアピール(記入)しなければなりせん。

Photo byTeroVesalainen

「200字という文字数の制限のなかで、家庭事情などを簡潔にまとめて書け」と、いきなりいわれても戸惑う方も多いはずです。特に作文が苦手な方は200字という文字数の制限内で奨学金の申請理由(文書)をまとめることは、結構きつい作業となります。

次の項からは、家庭事情の書き方をケースごとの例文を掲載させていただきましたので、参考にしてください。(文字数は180字前後〜200字以内でまとめるのがおすすめです。)

奨学金の種類を一覧で解説!貸与・給付型の制度の内容や条件などは? | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
高校を卒業して大学への進学を目指す人が、家庭の経済的な事情により、進学が困難な時に支援してくれる制度が奨学金です。奨学金には、貸与型・給付型の種類があり、また、大学独自と民間の団体の奨学金制度など4つの種類があります。それぞれの内容や条件について説明します。

奨学金の家庭事情・書き方例文〜母子家庭〜

Photo by1041483

次へ

関連するまとめ

人気の記事