黒髪に似合うメイクはコレ!イエベ・ブルベ別にメイクやリップのポイントを紹介!

黒髪に似合うメイクはコレ!イエベ・ブルベ別にメイクやリップのポイントを紹介!

黒髪に似合うメイクが分からないという人も居るのではないでしょうか?黒髪の人は、あまり濃いメイクは似合いません。逆に重い印象になってしまうこともあります。今回は、黒髪に似合うメイクやイエベ・ブルベ別にメイクやリップのポイントをご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.黒髪に似合うベースメイク・チークの基本
  2. 2.黒髪に似合うアイメイクの基本
  3. 3.黒髪に似合うリップの基本
  4. 4.黒髪に似合うパーソナルカラー別のメイク
  5. 5.黒髪の雰囲気別のメイクのコツ
  6. 6.黒髪でもメイク次第で地味にならない!

黒髪に似合うベースメイク・チークの基本

Photo bykaboompics

人は、一重の人や二重の人でメイクをしていなくても印象は違います。メイクをすることによって、今まで以上にきつい顔になってしまうこともあります。ここでは、黒髪に似合うベースメイク・チークの基本についてご紹介していきます。

ベースメイクは透明感が大切

フリー写真素材ぱくたそ

黒髪に似合うメイクをしたい場合には、ベースメイクは透明感がポイントになります。黒髪の人は、全体的に暗く、重たいイメージになってしまうことがあります。

そのため、重たいイメージにならないために黒髪に似合うメイクをする場合には、透明感を大切にしましょう。透明感を出そうとベースメイクを厚塗りしている人もいます。

しかし、ベースメイクを厚塗りしてしまうと、黒髪の人はさらに重たい印象になってしまいます。肌のくすみを隠しながら、黒髪に似合う透明感あるメイクにするには、コントロールカラーがおすすめです。

パープル下地がおすすめ

Photo byGromovataya

黒髪に似合うメイクをするポイントとして、ベースメイクで透明感を出すには、パープル下地がおすすめです。

ナチュラルグラッセの下地を使う場合は、かなり伸びが良いので、あまり多くだしてしまうと無駄になってしまいます。

手の甲に一円玉ぐらいの下地を出しましょう。透明感だ出すためのメイクの仕方として、ベースメイクは顔の中心から外側に向かって塗るのがポイントです。

Photo by6335159

肌に気になる部分がある場合でも、悩みをカバーしながら透明感のある肌にしてくれます。口元のベースメイクのポイントは口角に塗って、口元のくすみを無くしていきましょう。

どうしても厚塗りしてしまう人は、化粧崩れの原因にもなってしまうため、薄く塗っていく事がポイントです。

ツヤだしをするコツ

Photo byAdinaVoicu

日本人の特徴とも言える黒髪でも、似合うメイクと似合ないメイクもあります。日本人の黒髪を大切にしたいという人は、黒髪に合ったメイクを見つけることをおすすめします。

黒髪の人は重い印象になってしまうため、ツヤだしをすることもメイクのポイントです。ファンデーションにも種類があります。

ベースメイクをした後に、ツヤを出すタイプのファンデーションを塗っていきましょう。パウダーファンデーションやリキッドファンデーションなどがありますが、ツヤ感を出すにはリキッドファンデーションがおすすめです。

フリー写真素材ぱくたそ

黒髪に似合うファンデーションを塗るポイントとして、ベースメイクと同じように顔の中心から外側に向かって塗っていきましょう。

さらに、ファンデーションをより肌に馴染ませるためには、大きめのメイクブラシを使って行うことがポイントです。リキッドファンデーションを取りすぎてしまうと、厚塗りになってしまいます。

手の甲に少量のファンデーションを取り、フェイスオイルを一滴垂らして混ぜると、よりツヤ感を出すことができます。黒髪に似合うメイクは、立体感を出すことでもあります。そのため、メイクブラシを使って、ファンデーションを頬骨に沿って塗っていくこともポイントとなります。

チークはピンク系がおすすめ

フリー写真素材ぱくたそ

初めてメイクするという人は、どうしても濃くなりがちです。ファンデーションが濃くなってしまったり、チークが濃くなってしまったりと、おかしな印象になってしまいます。

黒髪にチークが濃すぎてしまうと、バランスも悪くなっしまうため、チークを濃くするのはNGです。チークを濃くしたいという場合には、黒髪ではなく金髪や茶髪にするとよいでしょう。黒髪の人が選ぶチークには、ピンク系がおすすめです。

厚く塗るよりそっと塗るのがコツ

Photo by zaimoku_woodpile

黒髪にピッタリな濡れ感を出すためには、クリームチークを使うことをおすすめします。クリームチークは指で塗ると良いでしょう。

取りすぎてしまうと、チークが濃くなってしまうため、少量のチークを指の腹に取り、お肌に馴染ませていきます。

指に取ったチークを、頬骨に沿って、トントンと置いておきます。置く場所は、目の下の頬骨の一番高い部分です。頬骨に置いたチークは、内側から外側に向かって馴染ませていく事がポイントです。ピンクのチークは黒髪にもピッタリで、可愛らしい印象を与えてくれます。

フリー写真素材ぱくたそ

頬骨に置いたチークを、顔全体に馴染ませてしまうと、子供っぽく見えてしまうため、広げすぎないように指で広げていきましょう。チークを塗る際には注意点があります。

チークとファンデーションとの境目が目立ってしまうと、明らかにチークを塗っているということがバレてしまいます。

チークの境目は指でぼかしていき、内側は濃い目のままキープできるように塗っていきましょう。黒髪とピンクのチークはとても相性が良いそうです。

黒髪が似合わない人の共通点や特徴とは?似合うようになるポイントを紹介!のイメージ
黒髪が似合わない人の共通点や特徴とは?似合うようになるポイントを紹介!
黒髪が似合わないと悩んでいる人も居るのではないでしょうか?黒髪が似合わない場合でも、わざわざ染める必要はありません。今回は、黒髪が似合わない人の共通点や特徴・似合うようになるためのポイントなどについてご紹介していきます。

黒髪に似合うアイメイクの基本

フリー写真素材ぱくたそ

黒髪の人でも、一重の人も居れば二重も人もいます。一重の人が二重にするだけでも、ガラッと印象は変わります。アイメイクは濃くしてしまうと、ケバい印象になってしまうため注意が必要です。ここでは、黒髪に似合うアイメイクの基本についてご紹介していきます。

アイシャドウは薄く塗るのがおすすめ

Photo byannca

次へ

関連するまとめ

人気の記事