ホーローケトルのおすすめ人気19選!おしゃれなデザインや選び方は?

ホーローケトルのおすすめ人気19選!おしゃれなデザインや選び方は?

ステンレスやアルミのケトルとは違って、独特な光沢感があり、デザインもおしゃれなホーローケトルのおすすめ人気の商品を19種類紹介します。合わせて、ホーローケトルの選び方、おすすめメーカー、使用時の注意点などについても考えてみましょう。

記事の目次

  1. 1.ホーローケトルはおしゃれな物が多い!
  2. 2.ホーローケトルの選び方
  3. 3.ホーローケトルのおすすめ人気16選【IH対応】
  4. 4.ホーローケトルのおすすめ人気3選【IH非対応】
  5. 5.ホーローケトルのおすすめメーカー
  6. 6.ホーローケトル使用時の注意点
  7. 7.自分に合ったおしゃれなホーローケトルを選ぼう!

ホーローケトルはおしゃれな物が多い!

Photo by EraPhernalia Vintage . . . [''playin' hook-y''] ;o

ホーローケトルと聞いて、どんなイメージをお持ちでしょうか。ステンレスやアルミのやかんにはないカラフルさ、おしゃれさ、つやといった面を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。確かに、ホーローケトルには独特の魅力があります。

ホーローケトルの選び方

Photo bygeralt

ホーローケトルのおすすめ人気19選をお送りする前に、選び方のポイントを見ておきましょう。デザインがおしゃれなだけでなく、丈夫で長持ちするホーローケトルにはいい商品が多いですが、その中でどのようなものを選べばいいのか選び方をアドバイスします。

人数に合った大きさ

第一のホーローケトルの選び方のポイントは、人数に合わせた大きさを選ぶです。ホーローケトルでお湯を沸かすと言っても、どのくらいの人がそのお湯でコーヒーやお茶を飲むのかによって必要なサイズが違ってきます。

大家族がホーローケトルを使うのなら、当然大きめのものを買った方がいいです。逆に少人数で使うのなら、あまり大きなものを購入してお湯を沸かしても、余ってしまうでしょうから無駄になります。

いくら魔法瓶にお湯を入れておけばいいと言っても、少人数でお湯を沸かしすぎると、魔法瓶の中のお湯が余分にでき、冷めてしまう場合があります。魔法瓶はお湯の温度を維持するためのものですが、あまり長時間お湯を入れておくと、温度が下がります。

洗いやすい大きな口

ホーローケトルに限りませんが、やかんは使っていくうちに汚れます。水を入れて沸かすだけだろうという人もいるかもしれませんが、それでも大事に使う必要があります。そこで重要になってくるのが掃除です。清潔にして、きれいなお湯を沸かすようにしなければいけません。

その掃除では、水を入れる上部の口の大きさがポイントになります。口が小さいと、手を入れにくく、洗いにくいです。したがって、ホーローケトルの第二のおすすめの選び方としては、口の大きなものを選ぶことです。

注ぎ口の形状

この選び方については気にしていない人も多いようですが、ホーローケトルの注ぎ口の形状も重要ポイントです。ホーローケトルの注ぎ口には、普通タイプと細口タイプがあり、どのような目的に使うかでおすすめの選び方が違ってきます。

ホーローケトルでお湯を沸かして、魔法瓶に入れるという場合は、細口タイプよりも普通タイプの方が使いやすいです。多くの量をまとめて注ぐので、細口タイプでは時間が掛かってしまいます。

一方、沸かしたお湯をカップに直接注ぎ、コーヒーやお茶、カップ麺などを飲んだり食べたりという目的の場合は、細口タイプの方がおすすめの選び方です。普通タイプの注ぎ口では、どっとお湯があふれてしまうでしょう。

デザイン

ホーローケトルのデザインはカラフルでおしゃれなものが多く、キッチンでもリビングでも美しく映えます。しかし、そのホーローケトルのデザインや色にもいくつか種類があります。したがって、ご家庭のインテリアにマッチするようなデザインや色を選び方の基準とするといいです。

IH対応か?

最近はやりのIHコンロですが、ホーローケトルの中には、このIHコンロ対応のものと対応していないものがあります。対応していないホーローケトルを無理にIHコンロで使うと、溶けてしまう場合があるので、この選び方もとても大切です。

今はガスコンロを使っているけれども、やがてIHコンロに変える予定だという家庭もあるでしょう。そのような家庭のホーローケトルの選び方ですが、ガスコンロとIHコンロの両方に対応しているものがあるので、それを購入するのがおすすめです。

全体の形状で選ぶ

ホーローケトルの形状には、縦長なもの、丸いもの、重心が低くどっしりした感じのものなどいろいろあります。それぞれ見た目も違いますが、用途による違いもあります。お湯を早く沸かしたいのなら重心が低いものがおすすめです。収納場所を気にするのなら縦長のものがいいです。

笛吹機能

お湯を沸かしている時に沸騰した場合、気が付かずに吹きこぼれてしまう場合があります。それを防ぐのがホーローケトルの笛吹機能です。一般のやかんにも付いている場合がありますが、この機能があるかないかも選び方のポイントにしてもいいでしょう。

細口タイプの注ぎ口になっているホーローケトルの場合、笛吹機能がない場合も多いです。そのような商品を購入した時は、吹きこぼれに十分注意するようにしましょう。

ホーローケトルのおすすめ人気16選【IH対応】

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ホーローケトルのおすすめ人気16選をお送りします。どうして19選ではないのかというと、IH対応と非対応を分けているからです。まずIH対応のおすすめ人気ホーローケトルを紹介します。その中にはおしゃれなデザインのものも多く、買いたくなるかもしれません。

次へ

関連するまとめ

人気の記事