イマジナリーフレンドの意味・存在を徹底解説!大人も持てる存在?

イマジナリーフレンドの意味・存在を徹底解説!大人も持てる存在?

イマジナリーフレンド、それは子供の心の中に住んでいる空想の友達。それを持つことは、子供の発達に意味のあることだといいます。イマジナリーフレンドが存在するの意味、大人でもイマジナリーフレンドは持てるのか、作り方はあるのか?そんな疑問を徹底解明します。

記事の目次

  1. 1.イマジナリーフレンドの意味
  2. 2.イマジナリーフレンドを持つ原因は?
  3. 3.イマジナリーフレンドを作る子供の心理
  4. 4.イマジナリーフレンドの作り方
  5. 5.イマジナリーフレンドの存在はどういったもの?
  6. 6.イマジナリーフレンドを自分の子供が持っているのか知りたい!
  7. 7.作品を通してイマジナリーフレンドに触れる
  8. 8.イマジナリーフレンドの存在を考慮して子供をもっと理解しよう

イマジナリーフレンドの意味

Photo byalteredego

イマジナリーフレンドは、「イメージの中の友達」のような意味があります。そのため、空想の友達といった呼び方もされているのです。イマジナリーフレンドとは、具体的にはどういう存在なのでしょう?また、その存在にはどのような意味があるのでしょう?それについて詳しく知れば、おかしく見えた子供の行動にも説明が付くのかもしれません。

自分にしか見えない空想の友達

Photo byFree-Photos

イマジナリーフレンドは空想の友達です。そこにしか存在しないので、その人の目にしか見えないのが特徴です。子供が、目の前にいない誰かと話している、遊んでいる。そんな現象に出くわしたことはありますか?大人はそれに何か原因があるのかと驚いてしまいますが、子供は、自分にしか見えない空想の友達とコミュニケーションを取っているだけなのです。

Photo bythedanw

イマジナリーフレンドは空想の中に住むものですが、頭の中にいるだけではありません。時には現実世界に登場し、あたかも目の前にいるような感覚で接することも出来るようです。人によっては、イマジナリーフレンドに具体的な容姿が備わっている場合もあります。子供が目に見えない相手と遊んでいるのも、この擬視化によるものだと考えられています。

イマジナリーフレンドとイマジナリーコンパニオンは同義

Photo bysasint

イマジナリーフレンドと同じ意味で、イマジナリーコンパニオンという言い方もあります。共に同じ意味を持つ言葉であり、その意味にほとんど差はないように思われます。敢えて言うと、コンパニオンは「何かを共に行う相手」「仲間」の意味合いがあります。イマジナリーコンパニオンの場合は、何はともあれ何かを一緒にやる相手であるということなのです。

Photo byAlexas_Fotos

一方でフレンドとは、距離や時間を超越した繋がりを持つ相手のことを意味します。遠くに住んでいて、長い間連絡も取っていないような相手はコンパニオンではありません。それでもそこに繋がりを感じるなら、それはフレンドなのです。イマジナリーフレンドに関わる文献では、コンパニオンという表現が優勢のようではあります。

物の擬人化はイマジナリーフレンドではない

Photo byPexels

子供はぬいぐるみやお人形を友達のように扱い、仲良くすることがあります。これも空想による行動ですが、実は、イマジナリーフレンドとは別物なのです。イマジナリーフレンドは本人以外の目に見えない友達なのですが、ぬいぐるみなどの物体に人格があるように想像するというのは、イマジナリーフレンドとは一線を引いた現象のようです。

Photo byAlexas_Fotos

人格を入れる対象があっての空想の友達はPO(Personified Object)と呼ばれ、日本人に多く見られるという調査結果もあります。西洋圏では物体をを擬人化するということはあまりなく、多くが目に見えない存在だということです。日本は物を大切にし、魂や神が宿ると考える文化です。そんな背景が、空想の友達の持ち方にも影響しているのかもしれません。

イマジナリーフレンドを持つ原因は?

Photo byFree-Photos

多くの場合、子供がイマジナリーフレンドを持つことには何らかの原因があるわけではなく、発達の過程で起こる一過性の現象です。しかし、ケースによっては、ただ楽観視するわけにはいかない状況が原因となっていることもあるのです。人はなぜ、イマジナリーフレンドを持つのか?その原因について、様々な観点から詳しく見ていきましょう。

健全な発達過程の一部

Photo byJillWellington

心理学者マージョリー・テイラーによる3~4歳児を対象にした調査では、60%以上もの子供たちがイマジナリーフレンドを持つということが分かっています。また、2~6歳頃までの間にイマジナリーフレンドを持っているということは、不審な原因のないごくごく一般的なことだとされています。空想の友達を持つ子供は特別な子供、というわけではないのです。

Photo byPexels

イマジナリーフレンドの研究をしてきた心理学者や精神科医によれば、それは子供の発達過程で現れる一般的な現象で、心配な原因が必ずしもあるわけではないとのこと。子供が持つイマジナリーフレンドが研究対象である発達心理学者たちは、そういう結論に至っています。子供だけが持てる不思議な友達、それがイマジナリーフレンドだとも言えます。

現実と空想が混同しているわけではない

Photo byMondschwinge

現実と空想の混同が原因で、子供の中にイマジナリーフレンドが生まれるわけではありません。イマジナリーフレンドの存在は、以前はそこが原因だと考えられていましたが、現在では子供の健全な発達過程の一部であることが分かっています。子供が空想の友達と遊ぶのは、その子が健康に発達している証だと言うことも出来ます。

大人でイマジナリーフレンドを持っている人は病気?

次へ

関連するまとめ

人気の記事