100均ダイソーやセリアの延長コード・電源タップは安全?商品を比較して紹介

100均ダイソーやセリアの延長コード・電源タップは安全?商品を比較して紹介

延長コードは家電量販店が売っているイメージを持っている方が多いはずです。100均のダイソーでも延長コードを販売しています。「安くても安全性が心配」でないです。ここでは、100均ダイソーで販売されている延長コードの安全性や種類について紹介します。

記事の目次

  1. 1.100均(ダイソー)には延長コードも売っている!
  2. 2.100均(ダイソー)の延長コードは安全なの?
  3. 3.100均(ダイソー)の延長コード・電源タップの種類
  4. 4.100均(ダイソー)の延長コード・電源タップは良いの?
  5. 5.ダイソー以外の100均の延長コード・電気タップ
  6. 6.100均(ダイソー)の延長コード・電源タップが心配な場合
  7. 7.100均(ダイソー)の延長コード・電源タップは使い方を守れば安全

100均(ダイソー)には延長コードも売っている!

フリー写真素材ぱくたそ

生活の中で電源をたくさんとらないといけない場面は以外と多いはずです。例えば、テレビとレコーダーの電源をとるなどと言った場面ではないでしょうか?そんなときに延長コードがあると便利です。

しかし、家電量販店で買うとなると意外といい値段がして購入を躊躇ってしまうという方も多いのではないでしょうか?実は、今や生活の中に必要不可欠なダイソーやセリアなどの100均に延長コードも売っています。

「100均(ダイソー)の延長コードって大丈夫なの?」、「使いにくいんじゃないか?」などの不安もあるのではないでしょうか。決してそんなことは全くありません!むしろ、100均(ダイソー)でこのクオリティーと思える程いいものが販売されています。

100均(ダイソー)の延長コードはかなり便利

Photo byOpenClipart-Vectors

「100均(ダイソー)の延長コードは安かろう、悪かろうでしょう」と思い込んでませんか?そんなことは決してありません。むしろ、100均(ダイソー)の延長コードはかなり便利です。

旅行に行ったときに、部屋に電源がひとつしかないときに延長コードがあるとスマホにタブレットと複数の充電が可能です。そんなときに家電量販店で購入したものを忘れて帰ってしまおうものなら結構後悔しませんか?

100均(ダイソー)で買ったものなら忘れてもしまってもまだ開き直ることができませんか?しかし、100均(ダイソー)でこのクオリティーとびっくりさせるくらい便利です。

家電量販店で買うならその前に100均(ダイソー)で買ってみて欲しいと言えるくらい便利な延長コードが100均(ダイソー)にはたくさんあります。

100均(ダイソー)の延長コードは安全なの?

フリー写真素材ぱくたそ

100均(ダイソー)に延長コードがあり、便利なのもわかるけど、安全かどうか不安になる方が多いのではないでしょうか。それもそれのはずです。延長コードや電源タップが原因で火事になることだってあります。

100均(ダイソー)安くて良いけど、安全でないと使えないと思う方もきっと多いはずです。高くても安全な家電量販店の延長コードを買うという方も多いのは間違いありません。

そこは安心してください。100均(ダイソー)の延長コードでも安心して使用することは出来ます。なんで安心出来るのか詳しくみてみましょう。

電気用品安全法の基準はクリアしている

Photo byAnnaliseArt

そもそも安全なものかどうかという基準の一つとして「電気用品安全法」の基準をクリアしているかというポイントがあります。100均(ダイソー)で販売をされている延長コードや電源タップはこの基準をパスしています。

そもそも、日本国内で販売される電源コードのある商品は電気用品安全法の基準を満たしていないと販売をすることができません。2012年1月に事故の増加により省令改定にて延長コード・電源タップにも技術基準が設けられました。

100均(ダイソー)で販売されている商品でも基準を満たしていれば「PSE」のロゴが必ず入っています。もし、不安であれば「PSE」のロゴが入っていることを確認してみてください。

コンセントプラグに絶縁カバーが付いている商品もある

Photo byAlexanderStein

電気用品安全法を満たしている100均(ダイソー)の商品でも心配はあるはずです。例えば、コンセントプラグの間に埃が入ってしまうことで起こるトラッキング火災の可能性はあります。

トラッキング火災の予防として、コンセントプラグに絶縁カバーを付けた商品があります。100均(ダイソー)で販売している延長コード・電源タップにも絶縁カバーが付いている商品があるため、そちらを選べばより安心です。

100均(ダイソー)の延長コード・電源タップの種類

100均(ダイソー)の延長コード・電源タップが安心、安全であることはわかったのではないでしょうか?しかし、延長コードと言っても電源口が一個の物もあれば複数の物もあったりしたすが、100均(ダイソー)にそんなに種類があるのか疑問に思うはずです。

実は、100均(ダイソー)にはたくさんの種類の延長コード・電源タップがあります。全てが電気用品安全法を満たしている安全な商品です。

100均(ダイソー)の商品は購入もしやすく、使用用途などに合わせて選ぶ事ができるのでどんな種類があるのか詳しく見てみます。

延長コード50cm 絶縁カバー付き

100均(ダイソー)が販売している延長コードの中で唯一100円で売られているのがこの商品になります。こちらの商品は電源の口が一つしかなく、長さが50cmしかありません。しかし、絶縁カバーをされているため、トラッキング火災などの予防はされています。

50cmで電源の口が一個となると使用用途は限られるかもしれませんが、微妙に電源コードが届かないというときなどには最適かもしれません。100均(ダイソー)らしく100円で販売されているメリットはあります。

延長コード2.5m 絶縁カバー付き(300円)

50cmタイプよりも2mほど長くなっている商品は300円で販売がされています。長さが長くなっていること以外については、100円の延長コードと変わらない、電源口が一個で絶縁カバーがされています。

100均(ダイソー)で300円と安く買うこともできます。引っ越し時や部屋の模様替えには、かなり使い勝手もいいです。

コード付タップ3個口 1.5m 絶縁カバー付き(300円)

100均(ダイソー)で同じ300円の商品には、絶縁カバーがあり、こちらは他の2つの商品と違い電源の口が3つのものがあります。長さが1.5mと長さは中間サイズです。タップが3つあることが大きな違いです。

タップが3口あればテレビの配線用や旅行先のホテルで電源の口が足りない時などにスマホとタブレットなどの充電には便利じゃないでしょうか。

節電スイッチ付 コードタップ 3個口(400円)

最近、家電量販店で売っている延長コードのほとんどが節電出来るように節電スイッチが付いているものがありますが、100均(ダイソー)で販売されている商品にもあります。

100均(ダイソー)の中で400円の商品となると高い部類に入ってしまいますがそれだけの性能を持たせるとなるとどうしてもかかってしまいます。こちらは節電スイッチが3つ付いているので普段使用しないときは切っておくことができるメリットがあります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事