イルミナカラーはブリーチなしでも透明感抜群!暗めカラーやアッシュもおすすめ!

イルミナカラーはブリーチなしでも透明感抜群!暗めカラーやアッシュもおすすめ!

髪を人気のグレージュやアッシュカラーにする時、イルミナカラーならブリーチなしで透明感ある外国人風の髪色が手に入ります。暗めの黒髪もイルミナカラーならブリーチなしで思い通りの質感と色を手に入れることができます。トーンによって変わる髪色を見ていきましょう。

記事の目次

  1. 1.イルミナカラーはブリーチなしでも綺麗に染まる!
  2. 2.イルミナカラーのブリーチなし【オーシャン】
  3. 3.イルミナカラーのブリーチなし【ヌード】
  4. 4.イルミナカラーのブリーチなし【オーキッド】
  5. 5.イルミナカラーのブリーチなし【コーラル】
  6. 6.イルミナカラーのブリーチなし【トワイライト】
  7. 7.イルミナカラーのブリーチなし【フォレスト】
  8. 8.イルミナカラーのブリーチなし【サファリ】
  9. 9.イルミナカラーのブリーチなし【グレージュ】
  10. 10.イルミナカラーのブリーチなし【アッシュ】
  11. 11.イルミナカラーはブリーチなしでも種類豊富で楽しい!

イルミナカラーはブリーチなしでも綺麗に染まる!

Photo byEngin_Akyurt

巷では、ヘアカラーはグレージュやアッシュといったものが人気です。イルミナカラーで髪を染めると、ブリーチなしでも透明感あるグレージュやアッシュといった髪色を実現できると、今、とても人気です。イルミナカラーは既存のヘアカラー剤とどう違うのでしょうか?

イルミナカラーはヘアケア製品を販売しているWELLA(ウエラ)が開発した、第3のカラー剤と言われています。イルミナカラーはブリーチなしで透明感ある外国人風の髪にすることができると言われています。ではそもそも、「外国人風の髪」とはどういったものなのでしょうか?

外国人風の髪とは

「外国人風の髪」とは、白色人種が持つ髪の色や質感を指します。具体的に言えば、青や紫、黄色といった色みのあるカラーで、グレージュやアッシュといったカラーです。日本人の髪色は総じて黒髪です。外国人風の髪を手に入れるためには、ブリーチなしでは不可能でした。

なぜブリーチなしでは外国人風の髪にならないのでしょうか?それは我々日本人の黒髪に理由があります。日本人が生まれながらに持つ黒髪は、とても美しいものです。外国人は真っ直ぐで漆黒の日本人の黒髪に憧れているといいます。

黒髪を染めるには

しかしない物ねだりのように、多くの日本人が自分たちの素の黒髪より、外国人風の髪になりたいと願っています。それを叶えてくれるのが、美容師によるカラーリングです。美容師の手により、さまざまなカラー剤をブレンドして、グレージュやアッシュカラーに染めてもらっていました。

しかし、日本人の黒髪をグレージュやアッシュに染めるという段階で、ブリーチなしでは綺麗な透明感が出ないという問題が発生します。なぜブリーチなしでは、外国人風の髪にできないのでしょうか?鍵を握る言葉は「透明感」です。

黒髪を染めるのは難しいことです。世界的にも黒髪はクールビューティーの魅力の1つとされます。しかしこの黒髪を透明感あるグレージュやアッシュにする時、邪魔になるのが、黒髪に含まれる赤い色素です。カラー剤はもともとある髪の色を少し抜いて、カラーを入れていきます。

しかしカラー剤だけで赤みを抜くのは限界があります。漆黒の黒髪の人はそれだけ赤みが多いので、ブリーチなしでは透明感ある外国人風の髪を再現することが難しくなります。そのためカラー剤の色素を入れる前に、ブリーチして黒髪にある赤みなどの色素を抜く作業が行われます。

ブリーチして黒髪から色素を抜くと、透明感が生まれます。どんな種類のカラーも綺麗に入ります。しかしブリーチすると髪は大きなダメージを受けます。さらにカラー剤でもっとダメージを受けます。その上ダメージの大きい髪はカラーの定着が悪く、すぐ色落ちしてしまいます。

イルミナカラーとは

イルミナカラーが画期的な理由は、黒髪など暗めの髪色の場合も、今まではブリーチ必須だったのが、ブリーチなしで透明感を出すことができるということです。これで黒髪のような暗めの髪をブリーチなしで外国人風のグレージュやアッシュに染めることが可能になりました。

ブリーチなしなので、髪の傷みが最小限で済みます。しかもイルミナカラー自体が、ダメージの少ないカラー剤であるという特徴もあります。その上、美しい艶ができます。また、手触りもさらさらしていて、黒髪をとても美しいグレージュやアッシュにしてくれます。

どんなカラー剤でも、色落ちはしてしまいます。それは市販のシャンプーの洗浄力が非常に高いものだからです。当然、イルミナカラーも色落ちをします。

しかしブリーチなしのイルミナカラーは、汚い色落ちにはなりません。まず、色落ちしても、赤みを抑えた感じで残ります。ブリーチなしの髪は比較的健康で、色落ちしても傷んだ見た目にはならないのが特徴と言えるでしょう。

イルミナカラーは現在、9色のカラーがあります。オーキッド、オーシャン、コーラル、ヌード、サファリ、トワイライト、ブロッサム、コーラル、スターダストです。さらに暗めにしたり明るめにしたりといったエフェクト効果のあるカラーは4色あります。

ディープシー、シャドウ、クリスタル、サンライトです。今後も新色は増えていくでしょう。これらの色を混ぜ合わせて、その人に合ったレシピを作っていきます。イルミナカラーが作り上げるグレージュやアッシュといったカラーは、カラーのトーンによってがらりとイメージは変わってきます。

同じカラーでも、トーンが違うと暗めになったり、明るめになったりします。このようにして、ブリーチなしのイルミナカラーで、あなたが望む髪色を手に入れましょう。

暗めイルミナカラーでトレンド髪に!ブリーチなしでも透明感のあるレシピは?のイメージ
暗めイルミナカラーでトレンド髪に!ブリーチなしでも透明感のあるレシピは?
暗めのイルミナカラーはとてもクールで今時の男女に大人気です。では暗めのイルミナカラーにはどのような特徴があり、どのようなレシピがあるのでしょうか。暗めのイルミナカラーの特徴とレシピ、また注意点を紹介していきますので参考にしてみてください。

イルミナカラーのブリーチなし【オーシャン】

イルミナカラーのオーシャンは、青色系のカラーです。分類するとすれば「アッシュ系」になります。アッシュはこれまでのカラー剤では、ブリーチなしでは美しい発色が実現しませんでした。しかし、イルミナカラーのオーシャンを使えば、綺麗なアッシュ系カラーになります。

イルミナカラーのオーシャンは、ブリーチなしで、くすみ感がよく出ます。オーシャンは色落ちの変化も楽しむことができるカラーです。透明感も艶も抜群にあります。ダーク系でありながら、柔らかさを感じさせます。

その他にも、イルミナカラーのオーシャンはトーンによって暗めにも明るめにも仕上がります。以下に、イルミナカラーのオーシャンのトーンの違いを見ていきましょう。

黒髪に近い6トーン

まずイルミナカラーのオーシャンの6トーンを見ていきましょう。ブリーチなしのイルミナカラーのオーシャン6トーンは一番オーソドックスと言えるカラーです。ブリーチなしで透明感が出て、海のような深みのある青色をしています。

暗めの6トーンのオーシャンは、黒髪に施すと、見た目だけでは黒髪にしか見えません。しかし深みのある青が暗い場所で綺麗に見える特徴があります。

オーシャンの6トーンがおすすめの人とは、普通の黒髪では物足りないけれど艶のある黒髪にしたいという人です。暗めの髪に艶がでてとても綺麗な髪色を実現してくれます。

適度に落ち着く8トーン

ブリーチなしでイルミナカラーを最初に試す時、このオーシャンの8トーンにする人が多いといいます。かなり暗めの6トーンと比べて、少し明るめです。室内では暗めの印象になりますが、日光が当たると、それは美しい色になります。

さらに、適度に明るく落ち着いた雰囲気になるので、6トーンのオーシャンはクールで大人っぽい感じのヘアカラーになります。事務系など派手なヘアカラーにできない職業の人に人気のあるカラーです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事