インナーカラーのバレない方法&隠し方は?おすすめの色や入れ方やも紹介!

インナーカラーのバレない方法&隠し方は?おすすめの色や入れ方やも紹介!

カラーリングを楽しみたくても会社で禁止されている場合、バレない隠し方ができるインナーカラーがおすすめです。インナーカラーがバレない色や目立たない入れ方があります。ヘアカラーを施しつつ、バレない隠し方を覚えてこっそり楽しんでしまいましょう。

記事の目次

  1. 1.インナーカラーでおしゃれを楽しもう!
  2. 2.インナーカラーが会社にバレない髪型【ショート・ボブ】
  3. 3.インナーカラーが会社にバレない髪型【ミディアム】
  4. 4.インナーカラーが会社にバレない髪型【ロング】
  5. 5.インナーカラーがバレない・目立たない色の入れ方
  6. 6.インナーカラーが人気の理由
  7. 7.インナーカラーがバレない為の注意点とは
  8. 8.インナーカラーはバレない方法でチャレンジしやすい!

インナーカラーでおしゃれを楽しもう!

Photo byFree-Photos

現在、さまざまなカラー剤が出ており、鮮やかな髪色を楽しむことができます。エンシェールズのカラーバターやマニックパニックなど、鮮やかな色に染まり、髪が傷まないという製品が多く出てきました。

赤い髪に染めると元気が出たり、ブルーに染めると、個性的になったりします。大胆なヘアカラーチェンジに憧れている人もいるのではないでしょうか?しかし鮮やかなピンクやレッド、パープルにブルーと奇抜とも言えるカラーを髪全体に染めてしまうと、とても目立ってしまいます。

鮮やかなヘアカラーをさり気なく楽しむことができるのが、インナーカラーです。インナーカラーは、髪の内側だけけに色を染めるとヘアカラーです。インナーカラーをしていると、髪をかき上げたり、ハーフアップにしたりすると、鮮やかなカラーが覗きます。

逆に髪を下ろしていたり、きっちり編み込んでいたりしても、インナーカラーをうまく隠すことができます。こうした二面性を楽しめるインナーカラーですが、会社や学校でカラーリング禁止の場所でも、バレないように隠すことができます。

どういった隠し方をすれば、インナーカラーがバレないのでしょうか?隠し方だけでなく、カラーを入れていれていても目立たない色をチョイスすることもできます。鮮やかなカラーをこっそり楽しむか、目立たないカラーでまとめるか思いのままです。

ここではインナーカラーを目立たせるのではなく、いかに目立たないようにするかや、インナーカラーをしていることがバレないような隠し方を紹介していきます。カラーリングに興味があるけれど環境が許さないという人の参考になるでしょう。

「うちの会社はカラーリング禁止だから」や「学校にバレないカラーリングがしたい」といった人に、特におすすめしたいのがバレないような隠し方ができる、インナーカラーなのです。

インナーカラーの人気色まとめ!旬なスタイルやオフィスでもOKな色は?のイメージ
インナーカラーの人気色まとめ!旬なスタイルやオフィスでもOKな色は?
ヘアカラーの1つに、髪の毛の内側や一部の色を変えるインナーカラーというものがあります。この記事では、インナーカラーの中でも人気の高い色を紹介します。また、おすすめのヘアスタイルやオフィスで働いている人におすすめのインナーカラーの色も紹介します。

インナーカラーが会社にバレない髪型【ショート・ボブ】

インナーカラーを試してみる時、普段はバレないような隠し方として、ヘアスタイルを工夫するというものがあります。ヘアスタイルによっては、インナーカラーはバレないで済みます。長さ別にインナーカラーがバレない隠し方ができる髪型を見ていきましょう。まずは、ショートボブです。

バレない隠し方①前下がりボブ

インナーカラーのバレない隠し方の1つ目は、前下がりボブにするというものです、前下がりボブはインナーカラーがバレない髪型として親しまれています。前下がりボブは、髪の正面に向かって、髪が長くなっていきます。

このヘアスタイルは、内側にカラーを施した髪をきれいに隠してくれる髪型です。バレないように注意点としては、内側の色が見えないように、短いバックの部分はしっかり髪の毛を残しておきましょう。会社で仕事中にしゃがんだりして色が見えてしまいかねません。

バレない隠し方②ワンレンボブ

インナーカラーのバレない隠し方の2つ目は、ワンレンボブにするというものです。ワンレンボブはきっちりした印象を与え、会社に行くにも最適なヘアスタイルでありながら、インナーカラーがバレないおすすめの髪型です。

ワンレンボブとは、前髪がボブ全体の長さと同じ長さというヘアスタイルです。髪全体にまとまりがあるので、インナーカラーをしっかり目立たないようにしてくれます。

ボブ、ショートといった短い髪の場合、動きによって目立たないようにすることができます。また、全体のまとまりによって、インナーカラーが目立たないようにすることもできます。

バレない隠し方③重めに残すゆるふわショート

インナーカラーのバレない隠し方の3つ目は、重めに残すゆるふわショートにすることです。ショートといっても、髪を少し重めに残すのがインナーカラーが目立たないポイントです。髪全体の重さで、インナーカラーを目立たないものにさせてしまいます。

さらにゆるふわなパーマで動きを出します。そうすることで、カラー部分と他の髪の色がうまく馴染みます。ショートでインナーカラーがバレないようにするには、ゆるいパーマをかけるのがおすすめです。

バレない隠し方④黒髪ボブ

インナーカラーのバレない隠し方の4つ目は、黒髪ボブにすることです。日本人に似合う定番のボブカットですが、黒髪の内側にインナーカラーを入れると、バレないで隠すことができます。

全体に重い印象を与える黒髪のため、インナーカラーがバレないという効果があります。インナーカラーの色としては、ブルージュやネイビーといったカラーが綺麗でありながら、バレないで済む色です。

バレない隠し方⑤外はねボブ

インナーカラーのバレない隠し方の5つ目は、外ハネボブにすることです。外ハネボブと聞くと、インナーカラーがバレない隠し方には合わない髪型なのではないかと思うかもしれません。しかし、外ハネボブでもイルミナカラーはバレないように隠せます。

外ハネにすると、ゆるふわパーマ同様の動きが生まれ、中の色を目立たないものにしてくれます。会社にいる時とと違って、プライベートの時は、外の光に髪が透明感ある輝き方をします。

外ハネボブは会社にいるオンの時とプライベートのオフの時を切り替えることができる髪型です。会社ではしっかりカバーし、普段はおしゃれなスタイルにしましょう。

黒髪×インナーカラー人気色21選!長さ別のおすすめスタイルも紹介!のイメージ
黒髪×インナーカラー人気色21選!長さ別のおすすめスタイルも紹介!
インナーカラーを入れることで、黒髪をおしゃれにすることができるのであります。この黒髪をインナーカラーを入れることで、地味な黒髪をおしゃれにすることができます。黒髪でもおしゃれになりたいと考えている人は、インナーカラーを入れてみましょう。

インナーカラーが会社にバレない髪型【ミディアム】

ここまで、インナーカラーのバレない隠し方として、ショートボブにするという入れ方を見てきました。次に、日本人に一番馴染みのある、ミディアムヘアにインナーカラーを施す場合どうなるのでしょうか?

ミディアムヘアでどのような入れ方をすると、インナーカラーが目立たない隠し方ができるのかを以下に詳しく見ていきましょう。

次へ

関連するまとめ

人気の記事