ユニクロ×エンジニアドガーメンツが売り切れ続出!着心地などレビュー紹介!

ユニクロ×エンジニアドガーメンツが売り切れ続出!着心地などレビュー紹介!

ユニクロとエンジニアドガーメンツのコラボ商品フリースコンビネーションジャケットが今SNSで話題です。ユニクロの技術とエンジニアドガーメンツのデザイン性を合わせたフリースはどんなアイテムなのでしょうか。フリースを使ったおすすめコーデや商品レビューを紹介します。

記事の目次

  1. 1.ユニクロのエンジニアドガーメンツとは?
  2. 2.ユニクロ×エンジニアドガーメンツの着心地や特徴
  3. 3.ユニクロ×エンジニアドガーメンツのおすすめコーデ
  4. 4.ユニクロ×エンジニアドガーメンツのレビュー
  5. 5.ユニクロ×エンジニアドガーメンツは女性も可愛く着れる!

ユニクロのエンジニアドガーメンツとは?

Photo bySnapwireSnaps

ニューヨークを拠点に活躍するエンジニアドガーメンツとユニクロがコラボし、これまでにないデザインのフリースを生みました。アメリカのアンティークな部分とユニクロの技術を兼ね備えたフリースはどの洋服とも合わせやすいと評判です。

2019年10月11日にユニクロで発売されたフリースは、発売直後サイズによっては即完売した店舗もあり人気の高さがうかがえました。着心地の良さはもちろん、どんなジャンルの服ともコーデしやすく、ユニクロ商品の中でも最強のアイテムとなりそうです。

着心地の良さはもちろん、これまでのユニクロのイメージをガラリと変えるデザイン性の高いフリースを提案したエンジニアドガーメンツとはどのようなブランドなのでしょうか。

ニューヨークにあるブランドとのコラボ!

Photo bybohdanchreptak

デザイナー清水慶三氏が1988年にスタートさせたセレクトショップ「ネペンテス」でバイヤーとして働いていたデザイナー鈴木大器氏は、1999年同店のオリジナルブランドとしてエンジニアドガーメンツを立ち上げました。

アメリカの古き良き時代のテイストを改めて見直したエンジニアドガーメンツ(Engineered Garments)は昔の良さを残しつつ新しい風を吹き込んだのです。エンジニアドガーメンツは機能性と着心地を追求した結果、幅広い年齢層に支持されるブランドとなりました。

今回のユニクロとのコラボは鈴木大器氏も楽しみにしていたそうです。エンジニアドガーメンツらしいデザインを感じさせるフリースは、誰かにおすすめしたくなるアイテムになること間違いありません。

ユニクロ×エンジニアドガーメンツの着心地や特徴

ユニクロとエンジニアドガーメンツのコラボしたフリースコンビネーションジャケットが多くの人に支持された理由は「斬新なデザイン」「着心地の良さ」「機能性の高さ」の3点があげられます。

冬は寒さから身を守るため重ね着することが多く、服の重さだけで体に負担をかけてしまいがちです。しかしユニクロのフリースコンビネーションジャケットならその心配もありません。

フリースコンビネーションジャケットでは毛玉のできやすい内側や肩、肘部分には耐久性の高いナイロン素材を使用しています。また首の裏部分には首元から入り込む風をシャットアウトするため毛足のあるフリースを採用しました。袖口も細く設計されているので防寒対策もバッチリです。

いくつかの素材を組み合わせることによりフリース全体のボリュームを抑えることに成功したフリースは、どんなボトムスにも合わせやすいのでおすすめです。

また、商品レビューには「夫婦兼用のジャケットして愛用している」方も増えており男女兼用のアイテムとしてますます広がりを見せています。

フリースコンビネーションジャケット

ユニクロとエンジニアドガーメンツのコラボフリースにはデザインが3つあります。「フリースノーカラーコート」「フリースプルオーバー」そして今いちばんおすすめのアイテム「フリースコンビネーションジャケット」です。

フリースとナイロンのコンビネーションが特徴的な「フリースコンビネーションジャケット」は、オーバーサイズのシルエットもさることながら素材の組み合わせや機能的なポケット、着心地の良さや他の服とのコーデのしやすさはユニクロの商品レビューを見ても定評があります。

3種類のフリース素材

ユニクロのフリースコンビネーションジャケットには3種類の素材が使われています。毛足の短いもの、毛足が長くて毛先が細かいもの、毛足が長くて毛先がザックリしているものを組み合わせることにより各部位の機能性を高めています。

首まわりはボリュームを抑えるため毛足の短いマイクロフリースを、防寒対策として胴体の表部分には毛足の長いボア素材を使用しているため、全体的なボリュームを抑えつつも着心地の良さをしっかり残しています。

ナイロン素材のポケット

左胸にはアクセントとしてナイロン素材のポケットが1つ付いています。ジップは日本の大手非鉄金属メーカーYKK製のものを採用、また開けやすくするためのテープも装着されました。手袋をつけたままでも使いやすいようにとの気配りを感じます。

ポケットがフリースのワンポイントになっているため、ユニクロのこれまでのフリースシリーズとは違ったコーデが生まれるかもしれません。

裾にはジップポケット

胸の他にフリースの裾部分にもポケットが付いており、こちらも胸ポケット同様に開けやすいようテープがついています。裾の両サイドにそれぞれポケットがついていますが、左右の生地の素材が異なるためアシンメトリーのようにも見えます。

所々補強

風の入りやすい首元や袖口にはボアを、内側は毛玉になりにくいようナイロン生地を使っています。また引っ掛かりやすいフロントファスナーは上下どちらからでも開閉できるよう工夫されており、補強一つとっても着る人のことを考えた機能性の高いフリースであることがわかります。

ユニクロ×エンジニアドガーメンツのおすすめコーデ

ではユニクロのエンジニアドガーメンツのフリースコンビネーションを使ったおすすめコーデを見てみましょう。

女性はユニクロのウルトラストレッチジーンズに大きめのフリースコンビネーションを合わせたコーデがSNSで人気がありました。靴を変えるだけで印象も大きく変わります。

男性はややボリュームのあるパンツを合わせるコーデが多いように感じました。それでもボテッとした雰囲気にならないのは、フリースコンビネーションの素材が効いているからでしょう。

素材の違う生地がどのように生かされているかは男性のコーデを見るとよくわかります。ユニクロのレビューを含めSNSを参考にしてみてはいかがでしょうか。

ベストとの相性も抜群!

関連するまとめ

人気の記事