業務スーパーの生クリームを全種類チェック!おすすめの使い方は?

業務スーパーの生クリームを全種類チェック!おすすめの使い方は?

値段が高い印象のある生クリームですが、業務スーパーでなら安く手に入ります。業務スーパーで手に入る冷凍、液体、スプレー式の生クリームの容量、カロリー、使い方の他、業務スーパーで購入した生クリームのレシピも合わせて紹介します。

記事の目次

  1. 1.業務スーパーの生クリームってどうなの?
  2. 2.業務スーパーの生クリームの種類【冷凍タイプ】
  3. 3.業務スーパーの生クリームの種類【スプレータイプ】
  4. 4.業務スーパーの生クリームの種類【液体タイプ】
  5. 5.業務スーパーの生クリームとホイップクリームの違いとは?
  6. 6.業務スーパーの生クリームの賞味期限と保存方法
  7. 7.業務スーパーの生クリームを使用したおすすめレシピ
  8. 8.業務スーパーの生クリームを上手に使い切るコツ
  9. 9.お得な業務スーパーの生クリームを使ってみよう!

業務スーパーの生クリームってどうなの?

Photo byla-fontaine

あなたは業務スーパーで生クリームを購入したことはありますか?生クリームはケーキの材料になったり、ゼリーやパフェに添えたり、使い道はいろいろあります。子供たちは絞り袋に入った生クリームを見ると、自分で絞りたがるのではないでしょうか?

生クリームはどうしても高価なイメージがあります。そんな生クリームを業務スーパーで購入してみることをおすすめします。業務スーパーならではの安い値段で生クリームが手に入ってしまいます。業務スーパーには様々な種類の生クリームが売っています。

業務スーパーの生クリームは安いだけでなく、大容量です。生クリームは生ものなので、余ってしまうのではないかと考える人もいるかもしれません。そんな時におすすめなのが冷凍生クリームです。冷凍なので、使う量だけ解凍すれば、残りは冷凍庫に保存しておけます。

Photo byFree-Photos

業務スーパーの生クリームを冷凍庫に入れておけば、いつでも使いたい時に生クリームを使うことができます。量が多かったとしても、問題はないでしょう。また、スプレータイプの生クリームも業務スーパーで購入することができます。

業務スーパーのスプレータイプの生クリームは缶に入っており、使う分だけスプレーで絞り出します。業務スーパーのスプレータイプの生クリームは簡単に絞り出すことができて、絞り出し方が楽しいので、ホームパーティーなどにぴったりです。

また、普通のスーパーに売っている液体の生クリームも業務スーパーで購入することができます。業務スーパーの液体の生クリームは、ボウルに入れて泡立たせて使う他、料理に使うこともできます。冷凍タイプやスプレータイプの生クリームは甘いデザート用です。

Photo byRitaE

業務スーパーの液体の生クリームは、甘味料が入っていないので、スープやスパゲッティといった料理に使うことができるので、大変おすすめです。液体の生クリームは、普通の乳脂肪分含有量のものもあれば、カロリーオフがうれしい低脂肪生クリームもあります。

業務スーパーでどんな種類の生クリームを選ぶかは、あなたの家族構成、食事の好みなどに左右されます。冷凍タイプやスプレータイプの生クリームを毎日食べるおやつのプリンやパンケーキなどに添えて使いましょう。

Photo by ColdSleeper

液体タイプの生クリームはスイーツに使う場合、泡立てる手間はあります。しかし液体タイプの生クリームは脂肪含有量の低いものを選ぶことで、ローカロリーのホイップクリームを作ることができる点が、とてもおすすめです。

このように、スイーツや料理に使うのに、業務スーパーの生クリームはぴったりです。業務スーパーの生クリームで作るスイーツや料理のレシピも紹介します。業務スーパーの生クリームを使って、豊かな食卓を作ってみましょう。

そもそも業務スーパーとは

そもそも業務スーパーとは、どのようなお店なのでしょうか?業務スーパーは神戸物産グループに属するスーパーで、業務用の商品を取り揃えています。一般の客も購入することができます。業務スーパーのメリットは、大容量の品が値段が安く購入できる点です。

業務スーパーは値段が安いだけではありません。他社は扱っていないオリジナル商品も数多くあります。輸入品も多く、その上値段が安いこともおすすめの点です。業務スーパーのコンセプトは、「毎日がお買い得」というものです。

Photo by masterq

曜日によってお買い得品が変わったり、過大な広告を展開することがありません。業務スーパーは海外製品が多いのも特徴の1つです。理由は海外からコンテナ単位に買いだめをしているからです。

また、自社工場で原料から加工しています。さらに業務スーパーはメーカーから直接仕入れているので中間マージンがカットされます。紙の広告を無くし、とことん値段の安さを追求しているのが業務スーパーです。

大容量で値段が安くおすすめ

業務スーパーは業務用の商品を取り扱っているため、一般の客が普段買い物をする時より、大容量のものが並んでいます。大容量でありながら、値段が安いというのが、業務スーパーの最大の特徴と言えるでしょう。

業務スーパーの生クリームも、大容量で値段が安いです。今回は業務スーパーで手に入る生クリームについて見ていきましょう。業務スーパーで扱っている生クリームは、冷凍タイプ、スプレータイプ、液体タイプと分かれます。使い方にあった種類を使いましょう。

業務スーパーのおすすめ商品ならコレ!お菓子や調味料など人気アイテム集結!のイメージ
業務スーパーのおすすめ商品ならコレ!お菓子や調味料など人気アイテム集結!
業務スーパーのおすすめ商品をまとめました。テレビや雑誌で取り上げられるほど知名度のある業務スーパーは、安くて人気のアイテムがたくさんあります。今回は業務スーパーのおすすめ商品をお菓子系や調味料系などに分類して紹介します。

業務スーパーの生クリームの種類【冷凍タイプ】

業務スーパーの生クリームは種類によってどのような特徴があるのでしょうか?業務スーパーの生クリームの中で、まず冷凍タイプのものについて見ていきましょう。そもそも業務スーパーは冷凍食品が多いです。冷凍しておくと長く使うことができます。

その点でも業務スーパーの冷凍タイプの生クリームはおすすめです。冷凍タイプの生クリームは、味やカロリーはどれほどのものなのでしょうか?さらに内容量はやはり大容量なのでしょうか?その他にも業務スーパーの生クリームの値段や、どんな使い道があるのかを見ていきましょう。

アマンディホイップ

業務スーパーの生クリームの中でも冷凍タイプのものは、「アマンディホイップ(フローズン)」というものが売られています。このアマンディホイップには、どんな特徴があるのでしょうか?業務スーパーで購入できる冷凍タイプのアマンディホイップの特徴を紹介します。

内容量・値段

業務スーパーの冷凍タイプの生クリーム、アマンディホイップは大容量です。業務スーパーで売るのにふさわしく、1000ミリリットルもあります。普通にスーパーで売られている液体の生クリームは、ほとんどが200ミリリットルしかありません。

たとえば18センチ型で作る手作りケーキにたっぷり生クリームを使うとなると、200ミリリットルでは心もとないので、業務スーパーの冷凍タイプの生クリームは重宝するでしょう。次に値段を見ていきましょう。

業務スーパーで売っている冷凍タイプの生クリーム、アマンディホイップは値段は285円です。他のスーパーの液体の生クリームは植物性で値段が150円ぐらい、純動物性脂肪の液体生クリームは値段が400円近くします。値段の安さは秀逸です。さすが業務スーパーだけある値段です。

味・カロリー

次に業務スーパーの冷凍タイプの生クリームの味はどんなものなのでしょうか?業務スーパーの冷凍タイプの生クリームは植物性脂肪なので、動物性脂肪のこってりした生クリームとは味が大きく違います。

あっさりとして、軽い口どけです。動物性脂肪が好きな人には物足りない味かもしれません。しかしあっさりした味やヘルシーな生クリームが好みの人におすすめできる生クリームです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事