業務スーパーの生クリームを全種類チェック!おすすめの使い方は?

業務スーパーの生クリームを全種類チェック!おすすめの使い方は?

値段が高い印象のある生クリームですが、業務スーパーでなら安く手に入ります。業務スーパーで手に入る冷凍、液体、スプレー式の生クリームの容量、カロリー、使い方の他、業務スーパーで購入した生クリームのレシピも合わせて紹介します。

記事の目次

  1. 1.業務スーパーの生クリームってどうなの?
  2. 2.業務スーパーの生クリームの種類【冷凍タイプ】
  3. 3.業務スーパーの生クリームの種類【スプレータイプ】
  4. 4.業務スーパーの生クリームの種類【液体タイプ】
  5. 5.業務スーパーの生クリームとホイップクリームの違いとは?
  6. 6.業務スーパーの生クリームの賞味期限と保存方法
  7. 7.業務スーパーの生クリームを使用したおすすめレシピ
  8. 8.業務スーパーの生クリームを上手に使い切るコツ
  9. 9.お得な業務スーパーの生クリームを使ってみよう!

味・カロリー

Photo by giovanniscanavino

ここまで紹介してきた業務スーパーの生クリームが、ほぼ植物性脂肪のものばかりだったので、味を比べてみるとやはりコクが違います。生クリーム本来のこってりした味わいが好きな人は満足する味でしょう。

カロリーは200ミリリットル当たり833キロカロリーです。気を付けなければいけない点は、お菓子作りに使う場合、このカロリーに砂糖のカロリーも加わるということです。

スジャータ低脂肪ホイップ

Photo byPexels

業務スーパーの液体生クリームは、「雪印メグミルクフレッシュ」だけではありません。植物性脂肪で低カロリーの「スジャータ低脂肪ホイップ」があります。低脂肪を謡っていることから、ダイエット中の人や、コレステロールが気になる人が生クリームを使いたい場合おすすめです。

内容量・値段

Photo bystevepb

業務スーパーの液体生クリームである「スジャータ低脂肪ホイップ」の内容量は、他の液体生クリームと同じく、200ミリリットルです。普通のスーパーで190円前後の値段で売られていますが、業務スーパーではもう少し安く売られている可能性があります。

味・カロリー

Photo byShy_Photographer

業務スーパーで購入できる液体の植物性脂肪の生クリーム「スジャータ低脂肪ホイップ」の味はどんなものなのでしょうか?同じ植物性ではありますが、業務スーパーのスプレータイプの生クリームと比べると、クリーミーです。

「スジャータ低脂肪ホイップ」は、同じ植物性脂肪でもクリーム感が味わえるところが、おすすめのポイントです。気になるカロリーですが、脂肪分25パーセント、カロリー15パーセントカットを実現しています。

100ミリリットル当たりのカロリーが290キロカロリーです。1パック200ミリリットルですから、580キロカロリーということになります。

液体タイプの生クリームの使い方

Photo byjarmoluk

業務スーパーの液体生クリームは、様々な使い方できます。スイーツに使うには泡立てる必要がありますが、ココアパウダーを加えてチョコレートクリームにしたりとさまざまなアレンジをすることができます。

業務スーパーの液体生クリームはお菓子作りだけでなく、料理にも使用することができます。ポタージュスープ、カルボナーラスパゲッティ、グラタン、シチューんどクリームを使った料理のバリエーションは多く、植物性脂肪の液体生クリームでも、クリーミーな味わいが実現します。

業務スーパーの生クリームとホイップクリームの違いとは?

Photo byRitaE

業務スーパーでは「生クリーム」という名称のものと、「ホイップクリーム」という名称の物があります。この2つにはどういった違いがあるのでしょうか?どちらも同じものと思っていませんか?この項では生クリームとホイップクリームの違いについて見ていきましょう。

生クリーム

Photo bygenniebee512

業務スーパーで売っている生クリームは、コレステロール値が高いことが特徴です。生クリーム100グラム当たり120ミリグラムあります。次に値段ですが、生クリームは200ミリリットル当たり定価が400円ぐらいです。

業務スーパーでは少し安いですが、それでもホイップクリームと比べて、かなり高価と言えるでしょう。主原料は動物性脂肪を使っています。詳しい規格だと、乳脂肪分18パーセント以上のものを生クリームと呼びます。

それ以外のクリームはホイップクリームと呼びます。味も当然違ってきます。濃厚でコクがあり、動物性の脂肪分の美味しさを楽しむことができます。しっかりとクリームの味わいを出したい時に使うことをおすすめします。

ホイップクリーム

Photo bylia2lia2

業務スーパーで扱っているホイップクリームには、どんな特徴があるのでしょうか?まず「ホイップクリーム」と呼ばれるものは、「生クリーム」と記載するだけの乳脂肪分が入っていなかったり、植物性脂肪のものだったりします。

ホイップクリームは純乳脂肪の生クリームと比べて、コクやうま味には欠けるでしょう。しかし重たい感じがないことから、食べやすいと感じる人も少なくありません。

生クリームはホイップし過ぎると分離してしまいますが、ホイップクリームは乳化剤が入っているため、ホイップし過ぎても、分解しにくいといった特徴もあります。

業務スーパーの生クリームの賞味期限と保存方法

Photo byjarmoluk

業務スーパーで扱っている生クリームにはいろいろ種類があることは理解できたでしょう。そんな数々の業務スーパーで扱っている生クリームで気になることと言えば、賞味期限と保存方法なのではないでしょうか?

大容量なだけに、1回で使い切らなければならないのかと不安もあるでしょう。冷蔵庫に入れておくべきか、冷凍庫で保存するかなど、疑問を持つ人もいるでしょう。以下に業務スーパーで扱っている生クリームの賞味期限と保存方法を詳しく見ていきましょう。

冷凍タイプ

業務スーパーで扱っている冷凍タイプの生クリームの賞味期限と保存法を見ていきます。業務スーパーで扱っている冷凍タイプの生クリームは「アマンディホイップ」は冷凍のままで保存する場合は、袋に記載された賞味期限を守ってください。

一般的に購入して数カ月はもちます。ただ、「アマンディホイップ」は解凍後の賞味期限の記載がありません。これは個人の判断にゆだねれる問題です。目安として、解凍後は1週間以内に食べきりましょう。

解凍後の保存方法は、冷蔵庫保存になります。大事なことですが、一度解凍した生クリームを再冷凍しないようにしましょう。それを解凍した時、著しく味が落ちてしまいます。

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事