恥骨の場所はどこ?痛いときの原因や効果的なストレッチ方法を紹介!

恥骨の場所はどこ?痛いときの原因や効果的なストレッチ方法を紹介!

恥骨のある場所がどこかを知っていますか?恥骨は筋肉が多く付着しており、傷みやすい骨です。いつ痛くなってもあわてないように、その原因と対処法を知っておきましょう。そして、場所を選ばすにどこでもできる効果的なストレッチ方法や、予防方法なども詳しく紹介します。

記事の目次

  1. 1.恥骨はどこの場所にある骨?
  2. 2.恥骨はどこの場所か確かめる手順方法
  3. 3.恥骨痛・症状
  4. 4.恥骨痛・痛い原因とは
  5. 5.恥骨痛・効果的などこでも出来る緩和方法
  6. 6.恥骨痛・どこの病院に行くべき?
  7. 7.「痛い」は身体からのサイン!
  8. 8.恥骨痛・場所を選ばない予防法
  9. 9.恥骨の場所はどこにあるのかを把握して恥骨痛の予防に徹しよう

恥骨はどこの場所にある骨?

「恥骨(ちこつ)」とは、「寛骨(かんこつ)」を構成する骨の1つです。「寛骨」とは、「恥骨」「腸骨(ちょうこつ)」「座骨(ざこつ)」の3つの骨によって構成されています。そして「寛骨」は、「骨盤(こつばん)」を構成する骨の1つです。「骨盤」は、「寛骨」「仙骨(せんこつ)」「尾骨(びこつ)」の3つの骨によって構成されています。

そして、「恥骨」とは、「骨盤」の中でも体の前側に存在する骨になります。「骨盤」とはどこにあるのかというと、人の身体の中心となる場所である「腰」にあり、上半身と下半身を繋いでいる重要な骨格です。

Photo bysathyatripodi

「骨盤」は男女間で最も性差の大きい骨格と言われています。女性は、出産のために「骨盤」中央の孔が、丸く大きくなっています。これが「産道」となり、新生児の通り道となります。男性は、小さく三角形になっています。女性の「骨盤」は浅く、広い形をしています。男性の「骨盤」は、細く、深い形をしています。

女性がウエストをベルトで絞ることができるのは、この「骨盤」の形のためです。また、女性に股関節疾患が多いのは、この骨格構造による「恥骨痛」が原因の1つと言われています。

恥骨の場所は股の上あたり

Photo by CarbonNYC [in SF!]

「恥骨」がどこにあるのかを具体的に説明すると、「股の上あたり」ということになります。洋服を着る際にベルトを締めますが、そのベルトに触れる当たりの骨が「腸骨」です。そして、椅子に座った時に、椅子の座面と当たるのが「座骨」です。その「腸骨」と「座骨」の間にある骨が「恥骨」になります。

「骨盤」の前方下側にあるのが「恥骨」で、後方下側にあるのが「座骨」です。腰が「痛い」ときには、どの場所が痛いのかを、しっかりと原因究明しましょう。

恥骨はどこの場所か確かめる手順方法

Photo by cristinabe

「恥骨」の場所は自分で簡単に確認することができます。一般的には、おへそから指10本分程度下がったあたりにある少し盛り上がった骨が「恥骨」になります。しかし、この場所には個人差がありますので、これから確かめる方法を詳しく述べていきます。正しい方法で自分の「恥骨」の場所がどこにあるのかを確認してください。

でも、もし触れてみて「痛い」と感じたら、「恥骨」は何かしらのストレスを感じています。後述する正しいケアを行い、なるべく早く専門機関を受診して原因を究明してください。

①立った状態でおへそに手を当てる

立ったままの状態で、おへそに両手を当ててください。その両の手のひらに触れる場所の骨が「腸骨」です。「骨盤」を構成している骨の中では、最も大きな骨で「腸骨筋」を通して「大腿骨」と繋がっています。インナーマッスルとしては大きな筋肉で、主に股関節の屈曲に関与しています。

股関節の動きが悪くなったら、「腸骨筋」の衰えを疑いましょう。デスクワークなどで、同じ姿勢を何時間も取っていると拘縮して機能低下の原因となります。

②まっすぐ手を下げていく

Photo byjayclarke1

そのまま真っすぐに両手を下げていきます。股の下あたりの場所、太ももの付け根の下で、触れることのできる骨が「座骨」です。お尻から太ももにかけて走っている重要な「座骨神経」は、この「座骨」からでています。この「座骨」が触れるところまで両手を下げたら下過ぎです。

「座骨神経痛」とは、この「座骨神経」が何かしらの原因で刺激されることで痛みを生じている状態のことです。

③触れた固いものが恥骨

Photo by vintage_queen

両手を下げてきて、股の少し上の部分で、皮膚の下で骨が盛り上がっている場所があります。それが「恥骨」です。あまり詳しく記述されていることは少ないのですが、「恥骨」は左右に1つづつあります。それが、薄い軟骨によって真ん中で繋がっています。その部分を「恥骨結合」と呼びます。

異常がなければ「恥骨」は触っても痛くありません。「痛い」と感じたら、何かしらの炎症を起こしている可能性があります。

恥骨痛・症状

Photo by905513

「恥骨痛」とは、「恥骨」や「恥骨結合」および周辺の筋肉に痛みが生じている状態です。「恥骨」には腹筋をはじめとして多くの筋肉が付着しています。また、「恥骨結合」とは軟骨によって「恥骨」同士が結合している部分です。よって「恥骨結合」はあまり丈夫ではありません。

関連するまとめ

人気の記事