将来性のある仕事ランキング13選!AI時代でも勝ち残る職業は?

将来性のある仕事ランキング13選!AI時代でも勝ち残る職業は?

将来性のある仕事とはどんな仕事でしょうか?男性女性関係なく長期で働くことができる将来性のある仕事や、就くために必要な資格。いま注目されているAIに将来とられないのはどのような仕事なのか。また、そのような仕事に転職するのに役立つサイトなどまとめています。

記事の目次

  1. 1.AIに仕事をとられる!?
  2. 2.将来性のある仕事とは
  3. 3.将来性のある仕事の特徴
  4. 4.将来性のある仕事ランキング13選
  5. 5.将来性のある仕事に就くための資格・スキル
  6. 6.将来性のある仕事に就くコツ
  7. 7.将来性のある仕事に転職したいなら
  8. 8.将来性のある仕事は常に変化する
  9. 9.将来性のある仕事を身に着けて時代を謳歌しよう

AIに仕事をとられる!?

Photo by a.canvas.of.light

男性と女性の雇用の機会を平等にする「男女雇用機会均等法」が施行され、選べる仕事の幅が広がりましたが、ここに来てAIが働き方に大きな影響を及ぼすのではないかという声が聞こえるようになってきました。

実際に仕事をしているなかでも「これならAIだってできる」と考えることもあるかもしれません。ここでは、そんなAIの時代でも長期的に安定して働ける職業を特集していきます。

将来性のある仕事とは

Photo byFree-Photos

そもそも将来性のある仕事とはどのようなものなのでしょうか?有名企業や官公庁など「安定している」といわれている会社での仕事をまず思い浮かべるかもしれませんが、最初におさえておきたいのが「ロボット」ができない仕事です。特に最近注目されている「AI」はパターン学習によって、人間より速く正確に条件判断をすることができます。

企画力や想像力が必要な職業

Photo byColiN00B

では、AIにできない仕事とはどのようなものでしょうか?AIは多くの情報とパターンを利用して判断をする力に優れています。例えば、商品を見て「これはいくら」と判断するような作業です。しかし、その元となる情報やパターンをつくるのは人間がやらないといけません。そもそも、売るものを考えたり、企画をするのはAIの苦手な分野といわれています。

ルーティーンワークはAI(人工知能)にまわされる

Photo by alvarogalve

では、AIに奪われることが予想されるのはどういう仕事でしょうか?AIはパターンに沿って仕分けをするなどのルーティーンワークを得意としています。商品の値段を判断したり、農産物を規格に合わせて仕分けたりする現場にはすでにAIが取り入れられています。そのような仕事はこれからますますAIにまわされることが予想されています。

将来性のある仕事の特徴

Photo byrawpixel

AIの得意分野・不得意分野がわかったところで、具体的にどのような仕事に特徴があるのか、特徴をみていきましょう。

今の時代「有名だから」「老舗だから」と言われている会社であっても、何度も吸収合併を繰り返したい、突然倒産することも多くなっています。将来性があると思って就職したのに、職を失ってしまうことにならないためにも、仕事選びの時に参考にすることができます。

職場の選択肢が多い仕事

Photo bygeralt

将来性のある仕事の特徴1つ目は職場の選択肢が多い仕事です。やりたい仕事の職場を選ぶことができれば、いろいろなところを比較しながら、自分にあった職場を選ぶことができますし、もし何かの理由で引っ越す場合でも、その先でも再就職できるというメリットがあるうえ、経験もあるので、転職先でもスムーズに仕事に携わることもできるかもしれません。

職場の多さ=需要の高さ

Photo bygeralt

また。社会の需要が大きい仕事は職場の数も当然多くなる傾向があります。いま、身の回りにどんな仕事が増えているのか?を常に見ておくのも将来性のある仕事を見つけるポイントです。もし、需要があって職場の数が多いとしても、数年後にブームが去って増えた職場が次々になくなったということもあります。

企業のビジョンがあって伸びしろがある

将来性のある仕事の特徴2つ目は、ビジョンがあって伸びしろがある企業です。そもそも何をする会社なのか?将来何をしたいのか?会社として元気があるのか?ほとんどの会社はこれらのことをしっかり考えているはずですが、中には将来のビジョンが見えなかったり、社長のワンマン体制やどこを目指しているのがわからないといった会社もあります。

営業利益・売り上げが伸びている

Photo bygeralt

会社がしっかりしたビジョンをもっていて将来性があるかどうかは、営業利益や売り上げの伸びでも知ることができます。売り上げが年々伸びていれば当然、将来性があることも期待ができますが、売り上げが落ちていたり、今は売上が伸びていても、長期的にみて頭打ちが予想できそうな場合には少し考える必要があるかもしれません。

離職率が低い

次へ

関連するまとめ

人気の記事