髪の毛を茶色にする方法は?傷まないまま綺麗に色を抜く方法をチェック!

髪の毛を茶色にする方法は?傷まないまま綺麗に色を抜く方法をチェック!

髪の毛を茶色にしたいけれど、染めるのは嫌だという人もいるでしょう。そのような人はどのように髪の毛を茶色にすればいいのかを解説します。その方法には、リンスを使う、ドライヤーを使うなどいろいろな種類がありますが、傷まないで行う方法があるのかもチェックします。

記事の目次

  1. 1.髪の毛を染めないで茶色にするのは難しい
  2. 2.髪の毛を染めないで茶色にするメリット
  3. 3.髪の毛を染めないで茶色にするデメリット
  4. 4.髪の毛をリンスで茶色にする方法
  5. 5.髪の毛をリンスで茶色にした後のケア方法
  6. 6.髪の毛をリンスで茶色にすることに対する口コミ
  7. 7.リンス以外で髪の毛を染めずに茶色にする方法
  8. 8.髪の毛を茶色に染める方法
  9. 9.髪の毛を染める方法は種類豊富

髪の毛を染めないで茶色にするのは難しい

Photo byhhach

髪の毛を茶色にしたいと思っている人は多いです。その方がなんとなく格好よく、おしゃれに見えるからでしょうが、髪の毛を染めないで茶色にできるものでしょうか。髪の毛を染めたくない、染めるのが禁止されているという場合は、どうなるのでしょうか。

確かに染めないで髪の毛を茶色にできればいいですが、現実には簡単ではありません。ただ、不可能かというと、そうでもないのでその方法をこれから紹介します。染めた方が手っ取り早いですが、他の方法もあることを知っておきましょう。

髪の毛が少しも傷まないまま染める方法はない

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

染めないで髪の毛を茶色にする方法を見る前に、染めた場合はどうなるかを解説しましょう。よくヘアカラーは髪にダメージを与えると言いますが、髪の毛を少しも傷まないまま染める方法はありません。染めるという行為は、少なからず髪に影響があります。

その理由ですが、ヘアカラーに含まれている薬剤により、髪の毛のキューティクルを強引にこじ開け、中に薬剤を浸透させて着色するからです。このため、キューティクルが傷んでしまい、髪の毛がぱさぱさになったり、枝毛になったりするというわけです。

染めなければ傷まない?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

髪の毛を染めると傷むのなら、染めない方法で茶色にした場合は傷まないのでしょうか。傷む、傷まないによって茶色くするかどうかの気持ちも変わってくるでしょうが、その疑問に対する答えは後程示します。

髪の毛を染めないで茶色にするメリット

フリー写真素材ぱくたそ

髪の毛を染めて茶色にする方が簡単ですが、あえて染めないで茶色にするメリットがどこにあるのかを考えてみましょう。髪の毛を染めない方法という選択肢を選んだからにはメリットがないと納得できないでしょうが、どのようなメリットがあるでしょうか。

自然な茶色になる

髪の毛を染めないで茶色にする第一のメリットは、自然な茶色に仕上がることです。髪の毛を染めない場合、髪が傷まないという理由でそうする人もいるでしょうが、校則や会社の規則で禁止されているからという場合もあります。

そのような場合、ヘアカラーで髪の毛を茶色に染めると、あからさまな色の変化となり、規則に引っかかってしまいます。そうなればペナルティがあるケースもあり、損をしてしまいます。それが染めない方法で髪の毛を茶色にすると、その規則に触れずに済む場合があります。

というのも、染めない方法なら自然な茶色になるので、見た目は日焼けでちょっと色が落ちたのかな程度に受け取られるからです。つまり、茶色と言ってもそれほど目立たず、無理に元へ戻さなくてもいいということになるでしょう。

Photo bychrystalizabeth

しかし、これは程度問題です。髪の毛が自然な茶色になるといっても、あまり色が抜けすぎると先生にも上司にもばれてしまいます。あくまでも自然な茶色というのが大事で、その程度に抑えておけば、余計な心配をしないで済みます。

経済的である

Photo byPixaline

髪の毛を染めないで茶色にする第二のメリットは、経済的であることです。ヘアカラーはそれほど高額とは限りませんが、それでも使わずに済めば安上がりです。髪の毛を茶色にする具体的な方法については後程解説しますが、例えばリンスを使えば、リンス代だけで済みます。

自分で髪の毛を茶色に染める場合にかかるのはヘアカラー代ですが、美容院で染めてもらう場合は、その料金も必要です。そのため、コストがかなり増えます。それを考えると、髪の毛を染めないで茶色にする方が経済的です。

特に学生が髪の毛を茶色に染める場合は、たとえ自分でやるにしてもヘアカラー代はちょっと痛いです。学生にとってもリンスなどで髪の毛を茶色に染める方法の方が経済的に助かるでしょう。

種類によってはアレルギー対策になる

髪の毛を染めるのは簡単ですが、アレルギーがある人は頭皮に反応が出てしまう場合があります。セルフでやる場合も、美容院でやる場合も、ヘアカラーによって頭皮が無性にかゆくなるというケースもあります。

最悪の場合は、アナフィラキシーショックで命の危険にまで及ぶことがあります。したがって、アレルギーがある人は髪の毛を染めない方がよく、その方法を模索していくことになります。その代表的な方法がリンスで茶色にする方法ですが、種類によってはアレルギー対策になります。

種類によってとあえて断りを入れたのは、リンスの中にもアレルギーを起こすものがあるからです。そのため、リンスの種類選びを注意すれば、効果的なアレルギー対策が講じられ、うまく髪の毛を茶色にできます。

髪の毛を染めないで茶色にするデメリット

Photo byClker-Free-Vector-Images

髪の毛を染めないで茶色にするメリットをいくつか紹介しましたが、メリットだけでデメリットなしというわけにはいきません。デメリットもいくつかあり、それをよく考えたうえで染めずに髪の毛を茶色にする方法を試す必要があります。

髪の毛にダメージが入る

次へ

関連するまとめ

人気の記事