「辛辣」の意味と使い方を例文付きで紹介!類義語と対義語もチェック!

「辛辣」の意味と使い方を例文付きで紹介!類義語と対義語もチェック!

「辛辣」という言葉は単に「厳しい」という意味だけではない重要な意味が隠されています。一見相手を非難する悪い意味の言葉だと思われがちですがそれは間違いです。この記事では「辛辣」という言葉の意味や使い方、類義語や対義語をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.辛辣の意味とは?
  2. 2.辛辣の由来
  3. 3.辛辣の特徴
  4. 4.辛辣の類義語と対義語
  5. 5.辛辣の使い方
  6. 6.辛辣の注意点
  7. 7.辛辣は「非常に手厳しい」という意味

辛辣の意味とは?

Photo byRyanMcGuire

辛辣という言葉には2つの意味があります。1つ目は「非常に手厳しい様」という意味で、2つ目は「味が極めて辛いこと」という意味があります。この記事ではそんな「辛辣」という言葉の由来や類義語対義語、英語表現、例文を使った「辛辣」の使い方をご紹介します。

「辛辣」という言葉を使う時は主に1つ目の「非常に手厳しい」という意味で使われることがほとんどです。しかし「辛辣」という言葉は単に厳しいという意味ではない重要な意味合いが隠されています。

「相手を非難する言葉=辛辣」と思われがちですがそうではありません。批判や誹謗中傷という言葉と違い、辛辣には「相手を思って」という意思が込められた言葉なのです。

辛辣の由来

Photo by loveshohie

「辛辣」という言葉の由来は中国語から来ています。中国語で「辛(シン)」「辣(ラー)」という漢字には「辛い」という意味があります。中国語にも「辛辣」という単語があり、その意味は日本と同じで「辛い、厳しい」です。

「辛辣」という言葉は「辛い」という意味の言葉が2つ続くことによって「非常に辛い、厳しい」という強調の言葉になっています。

辛辣の特徴

Photo by torisan3500

「辛辣」という言葉には似た表現である「批判」や「誹謗中傷」とは違う特徴を持った言葉です。ここでは「辛辣」という言葉が持つ特徴をご紹介します。

私達は普段何気なく使っている「辛辣」という表現は「批判」「クレーム」と同じような扱いをしていますが実はそれは間違いです。「辛辣」という言葉には正しい使い方があります。

他人の行動や言動に対して使う言葉

フリー写真素材ぱくたそ

「辛辣」という言葉は「他人の行動や言動に対して手厳しいこと」を意味します。一見「批判」や「誹謗中傷」と同じように思われますが、「辛辣」には「相手に対する思いやり」の意思が込められています。

ここにはある種の指導や教育としての厳しさがあり、あえて相手に対して厳しくすることで成長を促すという目的があります。例に挙げるなら、新人がミスをして上司に怒られることは「辛辣」と言えます。

対して「批判」や「誹謗中傷」は、単純に相手を傷つけたり否定するという意味の言葉です。良い意味での厳しさは「辛辣」で、悪い意味での厳しさは「批判」「誹謗中傷」と表現します。

単に辛い物を指す意味もある

Photo bySimon

日本では日常的にはあまり使われませんが、辛い料理や食べ物を指す言葉として「辛辣」と表現することもあります。

会話よりも本や小説で多用されることが多いですが、「辛辣」という言葉の由来となった中国では辛い物を表現する時には日常的に使われます。日本では「激辛」と表現することがほとんどなので「とても辛い」という意味ではあまり使われなくなりました。

辛辣の意味の英語表現

Photo byBiljaST

「辛辣」とう言葉を英語で表現する時には主に2つの表現があります。「辛辣」には「非常に手厳しい」という意味と「非常に味が辛い」という意味があるので、英語ではそれぞれの意味に適した表現をする必要があります。

日本では「辛口な意見」とあるように、厳しいことと味が辛いことを掛け合わせた言葉として「辛辣」という言葉がありますが、英語では2つの意味が掛け合った言葉が存在しません。なので別々で表現する必要があります。

harsh

Photo byRyanMcGuire

英語で「harsh」とは「手厳しい」という意味があります。例文にすると「Iwastooharsh(厳しくしすぎた)」というように形容詞として使われます。

似た表現に「strict」という英語もありますが、こちらは「ルール等の制限が厳しい」という意味なので「harsh」とは少しニュアンスが異なります。

spicy

フリー写真素材ぱくたそ

英語で「spicy」は「香辛料がよく効いている」「辛い」という意味があります。日本でもよく使われる表現です。「味が辛い」という意味での「辛辣」と同じ意味を持ちます。「スパイシーなカレー」というと「辛口のカレー」と同じ意味があります。

辛辣の類義語と対義語

Photo by torisan3500

「辛辣」という言葉には数多くの類義語や対義語が存在します。「厳しいさま」という意味を持つ言葉には、その厳しさの程度や意図によって様々な表現に分かれます。ここでは「辛辣」の類義語や対義語での表現をご紹介します。

「辛辣」には「非常に手厳しいさま」という意味があるのでその対義語なら「穏やかで優しいさま」となります。

痛烈

フリー写真素材ぱくたそ

「痛烈」という言葉には「勢いが非常に激しいさま」「手心を加えない厳しさ」という意味があります。「とても厳しい」という意味では「辛辣」の類義語と呼べますが、「痛烈」の方がより厳しさが強い時に使われます。

また、「痛烈」は「辛辣」と比べると「相手への思いやり」がない点から「辛辣」とはニュアンスが少し異なります。類義語ではありますが使い方には微妙な違いがあります。

関連するまとめ

人気の記事