バッグの収納術アイデアまとめ!スッキリ片付ける方法&使えるグッズとは?

バッグの収納術アイデアまとめ!スッキリ片付ける方法&使えるグッズとは?

クローゼットの中で行き場をなくしがちなバッグ。形、大きさともにまちまちな上、形を整えておく必要もあり、きちんと収納するのが難しいアイテムです。この記事では、バッグの収納術についてまとめました。バッグ収納に使えるグッズやアイデアについて見ていきましょう。

記事の目次

  1. 1.バッグをスッキリ収納する方法を紹介!
  2. 2.バックの収納のポイント
  3. 3.バッグをクローゼットや押し入れに収納するアイデア
  4. 4.バッグを壁に掛ける収納アイデア
  5. 5.子供用バッグの収納アイデア
  6. 6.バッグの収納に役立つ便利グッズ【無印良品】
  7. 7.バッグの収納に役立つ便利グッズ【ニトリ】
  8. 8.バッグの収納に役立つ便利グッズ【100均】
  9. 9.いろいろなバッグの収納方法を試してみよう!

バッグをスッキリ収納する方法を紹介!

Photo byStockSnap

クローゼットの中で行き場をなくしがちなバッグ。形も大きさもばらばらで、自立しないものもあり、スッキリ収納するのにコツのいるアイテムです。

また、あまりきっちりしまい込んでも、使うたびに戻すのが面倒になって結局そのまま室内に放置、なんてことはありませんか?

取り出しやすく、戻しやすく、視覚的にもすっきりと、かつコーディネートの際に選びやすいのが、ベストなバッグ収納。ずぼらさんほど、ワンアクションでシンプルに収納できるようにすることが大切です。

自宅での導線や自分の生活スタイルも影響してくるので、バッグ収納時の自分の動きを観察してみると良いでしょう。「帰ってすぐバッグを置いてしまう」「毎日違うバッグを持っていく」等、自分がどう使いたいのかで収納も変わってきます。

「帰ってすぐバッグを置いてしまう」なら、玄関付近に収納する方法が良いかもしれません。「毎日違うバッグを使う」なら、たくさんバッグがあるでしょうから、見やすく探しやすいクローゼットづくりが大切になります。

どのように収納をしていくにしても、「だいたいこうすれば上手くいく」という基本のバッグ収納方法と、おしゃれにしまうコツはあります。上手なバッグの収納アイデアについて見ていきましょう。

バックの収納のポイント

バッグの収納アイデア実例に触れる前に、まずは基本のバッグ収納方法を押さえておきましょう。バッグを収納する際に、ポイントになる部分はいくつかあります。使いやすいクローゼットにするために、バッグの収納方法の大切なポイントをまとめました。

型崩れしないようにする

大切なバッグを長持ちさせるためにまず大切なのは、型崩れさせないように収納することです。バッグの型崩れを防ぐには、使ってそのまま置いておかないこと。できれば中に詰め物をして形を整えましょう。

バッグの中に入れる詰め物は、「あんこ」と呼ばれます。バッグの「あんこ」にするものは、購入したときに入っていたものをそのまま使っても良いですが、少しアレンジして作るとさらに使い勝手よく、おしゃれにできます。

アイデア例としては、バッグに元から入っていた紙を不織布の袋に入れてリボンでしばる、新聞紙などを丸めて大きめの布でお弁当包みのようにするなど。使わなくなったデザインの素敵なスカーフなどがあれば、活用しても良いでしょう。

縫い物が好きなら、バッグの「あんこ」を簡単に縫って作ってみるのもおすすめ。一番上に取っ手のようにテープやリボンで指を引っ掛ける箇所を作ると取り出すのが楽です。

素敵な布やリボンを選んで、使うのが楽しみになるような、おしゃれな「あんこ」を用意しましょう。

また、仕切りのあるボックスを利用したり、ファイルケースなどに入れておくのも型崩れ防止に良い収納アイデアです。

特に厚みのある長方形に近い形のバッグにおすすめの収納方法。バッグを両側から少し押さえてやることで形が整いやすくなるでしょう。

バッグを取り出しやすくもなるので、使い勝手の面からも便利になる一石二鳥の収納アイデアです。ボックスにほこりが溜まることがあるので、時々掃除をすると良いでしょう。

コーディネートする際に選びやすくする

Photo bysdnet01

コーディネートする際に選びやすくしておくのも、バッグ収納の大切なポイントです。おしゃれを作るのは、すっきりと美しいクローゼットから。

例えばバッグをクローゼットの奥にしまい込んだり、ハンガーにかかった洋服の裏側へ置いてしまうと見えづらくなり、選びにくくなってしまいます。また、手の届きにくい位置に置いてしまうと、取り出して鏡の前で合わせたいときに困ります。

選びやすいバッグ収納を作るには、見えやすく、手に取りやすい位置に置くことが大切。普段使いのバッグを収納する場合にはこの点を意識してクローゼットづくりを行いましょう。

バッグをクローゼットや押し入れに収納するアイデア

バッグを収納する場所としてポピュラーなのは押し入れやクローゼットでしょう。クローゼットや押し入れは収納力たっぷりですが、洋服や布団など、他のものもたくさん入っているので上手く使うにはスペース効率を考えることが大切です。

「省スペース」かつ、「型崩れしない」「コーディネートの際に選びやすい」というバッグ収納のポイントを押さえた、クローゼット・押し入れ収納のアイデアについて見ていきましょう。

型崩れしないように立てて収納

まずは定番、「立てて」収納する方法について。使うグッズは、ファイルボックス、ブックエンド、カラーボックスなどが定番です。ニトリや無印のものはデザインもすっきりとおしゃれでおすすめ。

横から見えるようにしておけば分かりやすく、取り出しやすくなります。いくつかボックスを並べて一覧で見えるようにしておくと良いでしょう。狭いクローゼットでも、形の違うバッグをすっきりと並べて置くことができます。

立たないバッグは不織布の巾着袋に詰め物で

自立しないバッグは、「あんこ」を詰めて一緒に立てましょう。詰め物にするのは通気性の良い素材が最適です。

バッグや靴を購入するとついてくる不織布の袋は「あんこ」用に優秀。また、無印良品で取り扱いがあるので、手持ちがないときは店舗で探してみると良いでしょう。中に詰めるのは湿気を吸いやすい新聞紙などの紙類がおすすめです。

傷が心配なバッグは布製ボックスに収納

関連するまとめ

人気の記事