ラテン語のかっこいい単語・フレーズ49選!格言・名前・チーム名や意味も紹介

ラテン語のかっこいい単語・フレーズ49選!格言・名前・チーム名や意味も紹介

ラテン語はかつて古代ローマ人が用いた言語です。現在は死語であるものの、意外にもラテン語は私たちの身近に未だ存在しています。こちらの記事では歴史を超えて受け継がれてきたかっこいい格言やかっこいい名前、チーム名などラテン語から伝わってきた言葉や造語をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ラテン語のかっこいい単語の意味【格言】
  2. 2.ラテン語のかっこいい単語の意味【名前・チーム名】
  3. 3. ラテン語のかっこいい単語の意味【感情に関係する単語】
  4. 4. ラテン語のかっこいい単語の意味【戦い関係の単語】
  5. 5.ラテン語のかっこいい単語の意味【自然・四季関係の単語】
  6. 6. ラテン語のかっこいい単語の意味【天気関係の単語】
  7. 7. ラテン語のかっこいい単語の意味【神秘的な単語】
  8. 8. ラテン語のかっこいい単語の意味【挨拶に関する単語】
  9. 9. ラテン語はかっこいい単語・フレーズが多い

astrum

Photo byPexels

読み方は「アストルム」、ラテン語で「星」という意味です。実は英語の“Disaster”(災害、天災)はこの単語を語源として成り立っています。“Disaster”自体はイタリア語”Disastro”から派生したものですが、この単語をざっくりと分解すると“dis”(離れて)とラテン語の“Astrum”(星)になります。

この単語は「悪い星回り」という意味合いをコアとしており、そこから「天災、災害」に転じたと言われています。

crescens luna

Photo by barbourians

読み方は「クレスケンスルーナ」、意味は「三日月」です。同様の意味で“Lunatum”(ルーナートゥム)というラテン語があります。“Crescens”から派生した英語は“Crescent”(三日月、三日月形)や“Croissant”(クロワッサン)となります。

luna

Photo byPezibear

読み方は「ルナ」、ラテン語で「月」を意味します。これはギリシャ神話に登場する月の女神”Selene”から影響を受けているとも言われています。このように単語を見ていくとラテン語には古代ローマやギリシャの神話に登場するかっこいい神々の名前が大きく影響していることが分かります。

ラテン語のかっこいい単語の意味【挨拶に関する単語】

Photo byaitoff

神秘的なかっこいい単語の項目では、ラテン語は古代ローマやギリシャの神話の神々のかっこいい名前が各々の単語の由来に大きく影響していることを解説しました。最後に挨拶に関するかっこいい単語をご紹介します。

salve

Photo by DrBob317

読み方は「サルウェ」、意味は「こんにちは、こんばんは」です。この言葉が交わされるタイミングは人と対面した際ですが、意味は厳密に言えば「元気でいてください」となります。日本語では別れの挨拶として交わされる言葉を、会った際に使われるのは趣深いものです。

gratias tibi ago

Photo byathree23

読み方は「ガラティアス ティビ アゴ」、意味は「ありがとう」です。ここから派生した言葉としてイタリア語の“Grazie” (グラッツィエ)やスペイン語の“Gracias”(グラシアス)が挙げられます。ここからもラテン語の知識があることは、語学学習の上で非常に有利であることが分かります。

gratulor felicitati tuae

Photo byFree-Photos

読み方は「ゲレトゥア フェリチタティ トゥアレ」、意味は「(成功)おめでとう」です。これらの言葉を分解すると“Gratulor(gratulari)”(祝う、喜ぶ)と“Felicitati(felicitās)”(幸運、幸福)と“tuae”(あなた)となります。

友人や家族へのお祝いのメッセージとして使ってみると粋な雰囲気を醸し出すことができます。一度試してみてはいかがでしょうか。

mihi ignoscas

Photo byLKP_LKD

読み方は「ミヒ イグノースカス」、ラテン語で「ごめんなさい」という意味です。これらを分解してみてみると“Mihi”(私)と“Ignoscas(ignosco)”(許し、容赦)となります。「すみません、失礼しました」など相手に詫びる際に使えるフレーズです。

ラテン語はかっこいい単語・フレーズが多い

Photo byJulius_Silver

これまでご紹介したラテン語のかっこいい単語やフレーズは、短くシンプルなものが多くチーム名や会社名などのネーミングに取り入れやすいものばかりです。

また英単語に比べると他の人の目に入っても意味がすぐに分からない場合が多いため、特別な関係の人とだけ共有する言葉としても使用することができるでしょう。

ラテン語はヨーロッパを中心とし、各国の言語に大きく影響を及ぼした言語であるため英語やヨーロッパ語圏の言葉を学ぶ上で非常に重要なものであると言えます。現在は死語でありながらも世界中でその名残が生き続ける、かっこいいラテン語をこの機会に学んでみてはいかがでしょうか。

kayaka89
ライター

kayaka89

毎日の習慣や気付きが人生を形作っていると感じています。何事にも好奇心を持って、失敗を恐れずにまずは挑戦してみる。そこには常識や固定観念を超えた新しい価値や概念が開かれるかもしれません。人々が人生をより良くするために何かしら行動するきっかけとなるような記事を届けたいと切に思いながら執筆を行なっています。

前へ

関連するまとめ

人気の記事