シニアマネージャーとはどんな役職?年収や意味を詳しくチェック!

シニアマネージャーとはどんな役職?年収や意味を詳しくチェック!

最近では、管理職である課長や部長以外にもカタカナで書かれた役職も外資系を中心に増えてきています。その中でも「シニアマネージャー」とはどんな役職なのか?管理職としてシニアマネージャーがどの位置づけにあるのか年収や意味も詳しく紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.シニアマネージャーとは
  2. 2.役職を細分化する意味
  3. 3.シニアマネージャーの役割は4つ
  4. 4.シニアマネージャーの仕事
  5. 5.シニアマネージャーという役職に求められる力
  6. 6.シニアマネージャーの年齢
  7. 7.シニアマネージャーの年収
  8. 8.シニアマネージャーとマネージャーの違い
  9. 9.シニアマネージャーとマネージャーの役職の相違点
  10. 10.シニアマネージャーは課長より上級のサポート役

シニアマネージャーとは

Photo byFree-Photos

会社で勤続年数が長くなれば、徐々にプレイヤーから管理職側につくことはよくあります。ステップアップはどの企業にも当てはまることなのですが、最近では役職の名前にカタカナを用いる会社が多く存在します。

管理職で代表的なものといえば、課長・部長・係長などがあります。ですが、最近ではマネージャーやシニアマネージャーといった表現をしているのですが、これらは具体的にどういった役割・意味が込められているのでしょうか。

今回は、シニアマネージャーとはどういった役職なのか他の管理職と比較に違いを明らかにしながら紹介していきます。

シニアマネージャーの存在意義

Photo byFree-Photos

シニアマネージャーの存在意義は、大きな歯車的機能を持っています。歯車聞くと悪い意味と捉えがちですが、もちろん意味としては企業にとって欠かせない存在ということです。

企業が上手く回せているのは、上層部による土台の質ももちろんなのですが、中間管理職が大きな歯車として動くことも欠かせないのです。その役目がどのような意味を成しているのか確認していきましょう。

シニアマネージャーが注目されている理由

Photo byrawpixel

最近シニアマネージャーなどの中間職が注目を集めています。理由は、現場と上層部をつなぐ歯車となり円滑に物事を進めていく役割持っているからです。上の指示が適切でも正しく現場に伝わってなければ意味がありません。そんな時にシニアマネージャーがいることで会社全体の風通しが良くなり、働きやすい環境が実現できるのです。

シニアマネージャーがいないとどうなるのか

Photo bysabinevanerp

シニアマネージャーがいない場合は、どうなるのでしょうか。中間管理職として必ずしもこのポジションがあるわけではありません。

企業によっては、中間にマネージャーのみを置き現場と上層部をつなぐ場合があります。その場合は、マネージャーが現場で部下を直接指導しつつ、スケジュール管理や上への報告を行っています。

簡単に言いましたが、仕事量は必然的に多くなり負担が大きくなりすぎることがあります。部下も育ち力をつけて支えになることはありますが、マネージャーばかりに負荷がかかり悪循環を招いてしまうのです。

外資系コンサルでよくみられる役職

Photo bygeralt

外資系コンサル企業にみられる役職には大きく分けて4つのクラスがあります。勤続年数を重ねることでどのような役職が用意されているのか、順を追って紹介していきましょう。

外資系コンサル企業のスタート地点ともなる新卒や2年目スタッフに与えられる役職は、大きく2つにわけられます。まずは、社員やスタッフを指す”アソシエイト”やプロジェクトで各所とコミュニケーションをとる仲介役”ビジネスアナリストがあります。

その後、3年目以降になると現場でも力のあるポジションに昇格していきます。3年目以降に与えられる役職も2つ分かれており、シニアアソシエイトやシニアコンサルタントと呼ばれています。

そして現場から管理職側にステップアップし、マネージャーやシニアマネージャーさらに上のパートナーという役職に移り変わっていきます。

役職を細分化する意味

Photo byStartupStockPhotos

既存の日本企業には、主に主任・係長・課長・次長・部長・常務・専務・副社長・社長という構成で成り立っています。この出世コースが確立されていましたが、ここ最近では時代の流れの変化により形態を少しずつ変えてきています。

外資系のコンサル企業にみられる役職の例をとして、マネージャーとシニアマネージャーやアソシエイトとシニアアソシエイトなどが挙げられます。つまり、中間ポストが用意され役職が細分化されているのです。

原価率がある物販とは異なり、コンサル企業などは、利益率が高く人材の技量・生産性により大きく売上が左右されます。

外資系のコンサル企業で役職を細分化することの意味はスタッフ1人1人のモチベーションにもつながり、結果、生産性の向上が期待できるのです。

シニアマネージャーの役割は4つ

関連するまとめ

人気の記事