歯ブラシの収納アイディアまとめ!隠す派もおしゃれに見せる派も必見!

歯ブラシの収納アイディアまとめ!隠す派もおしゃれに見せる派も必見!

歯ブラシの収納方法はどうすればいいのか困るポイントでもあります。歯ブラシの収納アイディアをまとめました。歯ブラシを隠す派もおしゃれに見せる派もどちらも納得いく収納方法が見つかります。歯ブラシ収納を何とかしたい方必見です。

記事の目次

  1. 1.歯ブラシの収納方法で困っていませんか?
  2. 2.歯ブラシの収納が難しい理由
  3. 3.歯ブラシの間違った収納方法とは?
  4. 4.歯ブラシの収納に役立つアイテム
  5. 5.歯ブラシの収納に役立つ100均アイテム
  6. 6.歯ブラシをかける・吊るす収納アイテム
  7. 7.歯ブラシを隠す収納アイディア
  8. 8.歯ブラシをおしゃれに収納する方法を試してみよう!

歯ブラシの収納方法で困っていませんか?

Photo bystevepb

歯ブラシは毎日使うアイテムだけあって、収納するスペースが見つかりにくいアイテムでもあります。歯ブラシを置いてしまうと一気に生活感が出てしまいますし、しまいこんでしまうと清潔に収納できているか心配になってしまいます。

例えば、歯ブラシを直に洗面台に置いてしまうと、どうしても乾燥しにくくなってしまったり、不衛生になってしまったりということにもなるのです。

また、家族が多いご家庭では、家族分の歯ブラシが散乱している状態になりがちです。そうなってくると人の歯ブラシを使ってしまったり、歯ブラシ同士が触れ合ってしまう危険性も潜んでいます。

Photo byPourquoiPas

歯ブラシは様々な菌がついているので、触れ合うのは衛生的によくありません。一体どう収納すれば歯ブラシを清潔に収納することができるのでしょうか。今回は、そんな収納に頭を抱えている方に向けて歯ブラシ収納アイディアをまとめました。

おしゃれに歯ブラシを収納するアイディア満載になっているので、自分に合った歯ブラシ収納が見つかることでしょう。歯ブラシを隠す収納や見せる収納どちらの収納方法でもおすすめのアイテムが揃っています。

Photo byBru-nO

歯ブラシはどうしても生活感がでてしまうものになるので、どう収納するかで変わってきます。今回は、歯ブラシを吊るす収納や見せて収納する派も棚に隠す収納派も納得のアイディア満載になっています。歯ブラシ収納にお困りであれば、自分に合った収納を見つけて下さい。

歯ブラシの収納が難しい理由

Photo byAlexas_Fotos

そもそもどうして、歯ブラシの収納が難しくなってしまうのでしょうか。歯ブラシの収納が難しくなってしまう理由についてご説明していきます。歯ブラシ収納を考えるにあたって、この理由をしっかりと押さえた収納を考える必要があります。

そこから、収納アイディアが必要になってくるのです。歯ブラシは、毎日使うものだけあって、使う場所は限られてきます。洗面台の周辺というのは、歯ブラシ以外にも歯磨き粉やくし、コップ、ハンドソープ、髭剃り、ハンドクリームといったアイテムがあるのでかなり生活感がでてしまう場所になるのです。

こういったアイテムと一緒に歯ブラシをおしゃれに収納するのはかなり難しくなっています。歯ブラシの収納を難しくしている理由についてまとめましょう。

収納するスペースがない

Photo by homedesignss

そもそも、洗面所には鏡の裏側に棚などの収納はあるのですが、歯ブラシ専用の収納スペースがありません。洗面所は歯ブラシ以外にもいろいろなアイテムを置いてしまいがちなスペースでもあります。

特に歯磨き粉はかなりカラフルなパッケージになっているので、歯ブラシと一緒においておくと色が散らかって見えてしまうのです。歯ブラシ自体も子供用の歯ブラシはカラフルな歯ブラシが多いこともあって、色の統一が難しくなっているのです。

Photo bystevepb

また、洗面所の棚に収納しきれないアイテムや棚に直すのが億劫になってしまって結局洗面所にそのままになっているアイテムも多いでしょう。くしや化粧水、乳液、メイクグッズなど洗面台に置いている方もいます。

こういったアイテムは、ついついそのままにしてしまいがちです。特にこういうアイテムを使う朝というのは、1分でも惜しい時間でもあるので、収納方法をかなり考えておかないとそのまま収納せず、置きっぱなしにしてしまう危険ゾーンでもあるのです。

そのまま洗面所に直に置いておくことは衛生的に考えてもあまりよくありません。特に歯ブラシは、口の中に入れて使う物でもあるのでより清潔に収納しておく必要があるのです。

Photo byshonflare

かといって歯ブラシの収納スペースはないため結果としてコップにまとめるといった方法で収納してしまっている方も少なくないありません。この収納方法は、歯ブラシが清潔に保てるかという点では疑問でもあります。

歯ブラシは、水を使っているので、すぐに乾燥することができません。そのため、どうしても洗面台に置きっぱなしにしてしまうアイテムです。

また、こういったごちゃごちゃとして洗面台というのは、掃除もしにくくなってきます。掃除をしたくなる洗面台にするためにも歯ブラシの収納を考えることが非常に重要になっているのです。

Photo byBru-nO

歯ブラシは口内環境を整える大切なアイテムでもあります。コップに収納するアイディアは清潔かどうか考えても、おすすめできる収納アイディアではありません。

そうなってくると、一体どこに歯ブラシを収納すればいいのか困ってしまうということになるのです。歯ブラシを清潔に収納するためには、吊るす収納をしてしっかりと乾燥させる収納をする必要があります。

フリー写真素材ぱくたそ

それか、歯ブラシを棚に収納する場合であっても、歯ブラシ同士が離れていて乾燥できる状態で収納する必要があるのです。

歯ブラシの収納が難しくしている理由をしっかりと把握し、改善していく方法を考える必要があるのです。清潔に歯ブラシを収納するためにも、しっかりと把握していきましょう。

清潔に収納したい

Photo byulleo

歯ブラシは口内環境を整える大切なアイテムでもあります。歯ブラシは常に清潔なものを使いたいですし、清潔でない歯ブラシを使っていると反対に口内環境を悪くしてしまう原因にもなりかねません。

歯ブラシを清潔に収納しておきたいアイテムだけあって、どこに収納するのが正解なのか分かりにくくしている理由でもあるのです。歯ブラシは、毎日使うものでもありますし、毎食後必ず歯磨きをする人にとっては、乾燥しにくいというアイテムでもあります。

フリー写真素材ぱくたそ

歯磨きは、使い終わったら、しっかりと洗ってきれいにした状態で乾燥させることが必要になってくるのです。こうやって清潔な歯ブラシでしっかりとブラッシングすることで健康な歯を手に入れていかなければならないのです。

歯ブラシが清潔でなければ、いけません。歯ブラシを清潔にするためにも、歯ブラシはしっかりと乾燥できて、歯ブラシ同士が触れ合わないような収納が必要になってきます。

生活感なくおしゃれに収納したい

Photo bylsachelny

歯ブラシはどうしても生活感がでてしまうアイテムでもあります。どんなに歯ブラシの色を統一しても、歯ブラシがあるだけで一気に生活感がでてしまうのです。お子さんがいるご家庭であれば、子供の歯ブラシも収納する必要があるので、さらに生活感がでてしまいます。

子供の歯ブラシは、カラフルな歯ブラシが多く統一感を出すことに関しては難しくなってしまうからです。このように歯ブラシの収納が頭を悩ませる理由には、様々な要因が重なっているのです。

これらの理由を解決して歯ブラシをすっきりと収納し、おしゃれでスタイリッシュな洗面所にするアイディアが必要になってきます。

歯ブラシの間違った収納方法とは?

関連するまとめ

人気の記事