「マジョリティ」の意味は?使い方や類語に対義語も詳しく解説!

「マジョリティ」の意味は?使い方や類語に対義語も詳しく解説!

「マジョリティの意見によれば」という風に使われることの多いマジョリティという言葉。マイノリティの意味と対比しつつ、類語や対義語を通して具体的なニュアンスを掘り下げていきましょう。マイノリティ以外の類語の意味についてもお伝えします。

記事の目次

  1. 1.マジョリティの意味とは?
  2. 2.マジョリティの由来
  3. 3.マイノリティの類語と意味
  4. 4.マジョリティの対義語と意味
  5. 5.マジョリティの使い方
  6. 6.マジョリティは「多数派・主流派」という意味

マジョリティの意味とは?

Photo by zunsanzunsan

日本語としてもすっかり定着しているマジョリティという言葉にはもともと、「多数派」という意味があります。

つまり、マジョリティの意味としては最大公約数ということであり、ただ単に数が多いという意味ではなく、多数派として一定以上の権力、影響力を持つ、というニュアンスも含まれています。

マジョリティについては、「あの団体は政治的なマジョリティだ」という使い方以外に、「あの人はマジョリティだね」など、個人について使われることもあります。

また、会議や話し合いで決定された事柄そのものをマジョリティと指す使い方もあり、意味の広い言葉であると言えます。

マジョリティの由来

Photo byvait_mcright

マジョリティは英語で「majority」と書き、もともとは「major」にその由来があります。majorには有名、主流、認知度が高いなどの意味があり、このことから、その派生語であるマジョリティには多数的な意見、という意味があると考えられます。

なお、マジョリティの意味の延長線上には最大級という意味の「maximum」があり、ミニマムと対比した使い方が一般的です。

ちなみに、物の長さを測るメジャーも意味を突き詰めれば同じ由来にたどり着きますので、意味の応用編としておさえておきましょう。

のイメージ
オーガナイズの意味や使い方とは?類語・対義語や英語での言い換えも紹介!
オーガナイズ (organize) は、企画する、まとめる、結成するなどの意味を持つ言葉です。ビジネスシーン等で的確に使うことで洗練されたイメージを与えることができます。本記事では、オーガナイズの意味や使い方、類語や対義語など、例文を交えながら説明します。

マイノリティの類語と意味

Photo byFree-Photos

majorに由来があり、日本語では多数派などの意味があるマジョリティですが、類語をチェックすることでより具体的な意味と使い方を理解することができます。

意外と意味の広いマジョリティの類語とそれぞれの意味、日常での使い方についてひとつひとつ見ていきましょう。

類語①多数派

Photo byFree-Photos

マジョリティを日本語に直訳すると、「多数派」という意味があります。この場合の多数派とは単なる数のことではなく、支配的な意見である、という意味も込められています。

マジョリティの側に立っているということはすなわち、多数的な意見のほうに寄っている、という意味であり、時として権力などと結びつけて語られる場合もあります。

また、政治的な文脈でマジョリティと言ったときには与党や政権担当政党、政府といった意味になり、ややネガティブな使い方でとらえられるケースも少なくありません。

類語②主流派

フリー写真素材ぱくたそ

世間的にマジョリティと言えば得てして常識や良識と結びついており、「マジョリティのほうが何となく安心」という心理がはたらくようです。

政治の世界でも、「マジョリティの側につくこと」は非常に大きな意味をもっており、野党は次の与党、つまりマジョリティになることを目指してさまざまな折衝を繰り返しています。

世間の価値観に強くこだわりがちな日本では特にマジョリティを意識する機会が多く、学校や職場などの狭い世界でもマジョリティでいることの安心感が重要な意味をもっているようです。

類語③既得権益

Photo byOpenClipart-Vectors

マジョリティにはもともとネガティブな意味はありませんが、一方で、政治的な文脈では時としてマイナスの使い方で用いられることも少なくありません。

多数派として長期間にわたって君臨しつづけるということは、とりもなおさず既得権益を手にする、という意味でもあり、政治の世界では権力の腐敗や劣化を意味します。

この場合、マジョリティはつねにマイノリティとの対立構図の中でとらえられることになり、こうした意味が独り歩きして一般には「マジョリティ=悪」というイメージが根づいた面もあります。

類語④権力

フリー写真素材ぱくたそ

厳密にいうと、マジョリティには権力という意味がありません。しかし、民主主義のシステムではマジョリティでなければ権力の側につけないという意味もあり、マジョリティが誤解されがちな背景にもなっています。

ただ、本来の意味の権力とは「マジョリティだけでなく、マイノリティの意見もしっかりとすくい取るための装置」であり、マイノリティを押さえつけるための仕組みであってはなりません。

政治の世界以外でも権力は存在し、たとえば保守的な学校であれば校則を押しつける教師や生徒会がひとつの権力となり、革新派の生徒としばしば対立します。

マーケティングでのマジョリティの意味

Photo byPublicDomainPictures

マジョリティという言葉の意味は、マーケティングの世界にも広がっています。たとえば、アーリーマジョリティ、レイトマジョリティなどです。

アーリーマジョリティとは、新商品がリリースされた際に比較的早期に購入を検討する客層という意味で、先行顧客などとも言われます。

一方、レイトマジョリティは、新商品に対してもすぐには飛びつかず、商品がある程度浸透してきた段階で購入を検討する客層、という意味になります。

企業にとってはどちらも重要な客層であり、アーリーマジョリティに対し効率的にアピールすることでレイトマジョリティを引き込んでいく、という使い方がされています。

マジョリティの対義語と意味

Photo bylibellule789

マジョリティの類語や使い方、意味のバリエーションについて具体的に見てきたところで、ここからはマジョリティの対義語について使い方とともに見ていきましょう。意味の再確認にもお役立てください。

対義語①マイノリティ

Photo byOpenClipart-Vectors

関連するまとめ

人気の記事